「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  09年1月24日放送分「知床 流氷の海と冬山を飛ぶ」

流氷・知床岬

流氷・知床岬

ロシア・シベリア沿岸から成長しながら南下をしてきた流氷が
知床半島沿岸を埋め尽くす。
流氷のモザイク

流氷のモザイク

遥か1000キロもの長旅をしてきた流氷・・。
知床半島沿岸は、流氷がたどり着く最も南の海。
流氷原・1

流氷原・1

シベリア沿岸で生まれた海氷が潮に運ばれ流氷となり、
流氷同士が繋がりさらに大きな流氷へと成長する。
定置網漁の番屋

定置網漁の番屋

春から秋までサケやマスなどの定置網漁で賑わった番屋が
冬の眠りについている。
流氷原・2

流氷原・2

空から見る流氷は、壮大な白い氷原・・・。
海に恵みをもたらす生命の使者。
知床連山・冬

知床連山・冬

真冬の知床連山。1500m級の山々が
知床半島を背骨のように貫いている。
羅臼岳・冬

羅臼岳・冬

山頂に白いドームをいただく羅臼岳。
標高1660m、知床連山の最高峰。
硫黄山・冬

硫黄山・冬

硫黄山。標高1562m。連山唯一の活火山。
噴火でえぐられた鋭い頂をもつ。
知床岳・冬

知床岳・冬

知床岳。標高1254m。
背後の海が流氷で白く埋め尽くされている。
知床五湖・冬

知床五湖・冬

真冬の知床五湖。
夏の賑わいをよそに静かに冬の眠りについている。