「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  09年1月31日放送分「知床 流氷下神秘の生き物」

流氷の海・知床

流氷の海・知床

知床、斜里町ウトロの海、ロシア・シベリア
沿岸から旅をしてきた流氷が埋めている。
流氷下の海・知床

流氷下の海・知床

流氷下の海は、エメラルドグリーンの 神秘な世界。
小さな生き物が躍動する。
ヒダベリイソギンチャク

ヒダベリイソギンチャク

知床の海を代表するヒダベリイソギンチャク。
群生し冬の海をオレンジ色で彩る。
トガリテマリクラゲ

トガリテマリクラゲ

トガリテマリクラゲ。体長5cm。
赤く伸びる2本の触手には毒があり 動物プランクトンなどを捕食する。
ウリクラゲ

ウリクラゲ

ウリクラゲ。海の飛行船のよう。
体の側面に並んだ繊毛を動かして移動。
繊毛が光に 反射して七色に輝く。
ヤムシ

ヤムシ

矢じりの形からヤムシと呼ばれる。
透明な肉食動物プランクトン。群れをつくり 海中で浮遊生活する。
クリオネ

クリオネ

氷海の天使・クリオネ。和名は ハダカカメガイ。巻貝の仲間。
貝殻はなく 海の中に浮かんで暮す。
流氷下の汽水域

流氷下の汽水域

流氷の下に出来た汽水域。上が真水に近く 下が海水。
塩分濃度の違いから海水が ゆらゆらと二層に分かれる。
流氷の樹枝状結晶

流氷の樹枝状結晶

流氷に外気の寒さが伝わり出来た流氷の樹枝状結晶。
まるで流氷のシャンデリア。 殆ど眼にすることのない水中に咲く結晶。
タラバガニ

タラバガニ

タラバガニの子供。甲羅の長さ2cmほど。
カニの脚は8本ですが、タラバガニは6本で。 ヤドカリの仲間。
オショロミノウミウシ

オショロミノウミウシ

ウミウシの仲間。 外敵に襲われないように、
毒のあることを 特徴のある体と色合いでアピール。