5月30日放送 「中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!」第5夜

藤村 | 2001. 5/31(THU) 12:27


 久々の放送「コスタリカ編」!

 ものの本によれば、「ケツァール見るならモンテベルデ」と書いてあるんです。

 日本で下調べをし、現地の清水くんの話を聞いても「やっぱモンテベルデでしょう」と。

 しかし、我々が日本を出発した3月5日。コスタリカでは、まだ前日の4日。

 コスタリカの清水くんは、新聞にデカデカと載る「ケツァール」の写真を目にした。

 内容は、「今の時期、ケツァールは巣作りの真っ最中。サンヘラルド・デ・ドータのサベグレ川にあるロッジでは、ケツァールの姿が見られる。ロッジのオーナーは、この地をひとりで開拓し、現在は広大な農場とケツァール観察のロッジを経営・・・」云々。

 「そうか・・・ここでもケツァールが見られるのか」

 コスタリカにいながら、実は一度もケツァールを見たことの無い清水くん。実際のところケツァールの「ケ」の字も知らない男。慌てて知人に聞いてみる。すると・・・

 「モンテベルデでケツァール見た人は、いないみたいですよ。」

 「!・・・。」

 慌てるでしょ。

 「でも、サンヘラルド・デ・ドータのロッジでは、みんな見てますよ。」

 「あっ・・・新聞のとこだ・・・。」

 我々の知らぬところで、事態は大きく変化していたわけです。

 
 現地に到着して、清水くんとふたりきりになって、ようやく詳しい話を聞きました。

 しかし、こっちはツアーを全て予約済み。

「コルコバードなんて、あれ高いんだから・・・。それにさぁ、別に、コルコバードにいないっちゅうわけじゃないんでしょ?」

「どうなんですかねぇ・・・コルコバードには誰も行ったことないって言ってたから・・・。」

「そうでしょう。いるんだよ、あそこにも」

 
 いいかげんな・・・と思われるかもしれませんけど、やっぱ、普通のサラリーマン感覚で言えば、高い金出してせっかく予約したツアーを、みすみすキャンセルするってことは、簡単にはできないわけです。

 
「とりあえず、コルコバードは行ってみるべし!」

 そう思ってはみたものの、やっぱしねぇ、いなかったわけ。ケツァールは。

 だから、わたくし、コルコバード滞在中は「ケツァール」のこと、あんまし話題にしたくなかったんですよ。

 でも、出演者のみなさまは、「ケツァールはどうした?」「いねぇってか!」「なにしに来てんだ!」ってことになるわけ。当たり前ですけど。

 普通なら「うるせぇ!いいからサルでも撮ってろ!」となるわけですが、日が経つにつれ、大泉さんがあまりに真剣に写真を撮る。撮れなければ、あまりに真剣に悔しがる。

 気持ちが揺れるわけですよ。

 そして、コルコバードを去る日。わたくしは、清水くんと慌しく、あちこちに電話をしていました。

 コルコバードを早朝に出発すれば、サンホセに昼ごろ着く。ツアーの予定を1日繰り上げて、そのままモンテベルデへ向かえないだろうか?そうすれば、あまった1日で、サンヘラルド・デ・ドータにも行ける・・・。

 しかし、無理だった。あまりにあわただし過ぎる。ゆっくり写真なんか撮ってられねぇ。

 どうしようか・・・やっぱ、ツアーを捨てるしかないか・・・。

 「なんですか?なんかあったんですか?」

 大泉さんに聞かれても、

 「いや・・・ちょっと考えるところがあって・・・」

 なんて、ちょっと神妙に答えたわけです。

 結局、ツアーを捨て、サンヘラルド・デ・ドータへと向かうこととなりました。

 んで、行ってみたらそれがさぁ・・・

 いやぁ!ホントいいとこ!ハチドリなんていっぱい飛んでんだもの!

 コルコバードじゃ、巣の中でじっとしてるヤツしか見たことなかったから、みんな興奮しちゃったわけ。

 やっぱねぇ、ハチドリがブンブン飛んでるぐらいのとこじゃなきゃ「大ケツァール様」も飛んでこないよ。それに、だいたい「大ケツァール様」は、あんなコルコバードみたいに暑苦しい所には、住んでないの。標高2000メートルぐらいの涼しい所に住んでいらっしゃるわけ。避暑地にいらっしゃるわけ。そこんところがさぁ、わかってねぇんだよ!なぁおい!ヒゲ!

 とにかく!ケツァールはもう目の前にいます。いることは確実です。あとは、我々の前に現れるかどうか。現れたとして、大泉さんが、「満足のいく写真が撮れるかどうか」。そして、大泉さん初の個展「大ケツァール展」は開催できるのか!

 しかし・・・来週も思わぬ騒動が起きてしまいます。全ての原因は私の「堪えきれない欲求」にありました。

 次回、「コスタリカ・最終回」です。

 「ケツァールが現れなければ、番組自体最終回」です!

 来週!全ての結果がわかります。絶対!見逃してはなりません!


 ・・・と、次回の前フリをさせといていただいて、昨日の放送のこと。

 ミスター撃たれたでしょ。ミスター吹っ飛んだでしょ?いいでしょぉ〜あれ。粉々に飛び散るミスター・・・。気持ちいいぐらいに飛んだねぇ。

 でも、ハチドリの画は、きれいだったでしょ?あれは、清水くんが撮りました。ちゃんとシャッタースピードをかえて撮ってあるので、ハチドリの羽根が一枚一枚よく見える。市販のデジカムでもちゃんと撮れるんだねぇ。

 そして、最後の「餌付けされるハチドリ」。素晴らしいオチです。我々は、「運が悪い」というより、本当は「神がかり的な好運の持ち主」なのでしょう。

 だって、1時間以上ですよ。大泉さんが、600ミリのバズーカで、ハチドリを驚かさないように、遠〜くからじ〜っと狙って悪戦苦闘していたのは。

 その間、誰も気づかねぇんだから。すぐ近くで「ぶんぶん、ぶんぶん」とハエみてぇに餌台にたかってんの。

 600ミリなんかいっこもいらねぇもの。おれの28ミリで、アップで撮れちゃうんだもの。

 みなさん、でも「ハチドリ」は、本当に「虫」みたいでかわいらしい鳥です。驚きます。あの小ささに。でも「きれい」なんです。

 さぁ来週!もっともっときれいな鳥を「お見せします!」


先頭へ戻る
水曜どうでしょうトップページへ戻る