HTB制作

テレメンタリー

  • テレメンタリー2018 貧貧支援

  • テレメンタリー2018 貧貧支援
放送日時2018年6月21日(木)午前9時55分放送
※各地域の放送日時は、テレビ朝日テレメンタリー2018 のHPでご確認ください。

放送内容

今年1月、札幌市東区で共同住宅が全焼し、入居者16人のうち11人が焼死した。共同住宅は民間による運営。火事のあと、福祉関連の法律では「位置付けられない」下宿であることが分かった。住んでいたのは、ホームレスや身寄りがない高齢者、そして事故などで働けなくなった人たち。いわゆる「生活困窮者」だ。
法的位置付けがないため、札幌市は「生活困窮者に共同住宅を紹介したことはない」としている。
しかし、取材を進めると、役場や警察は共同住宅を頼りにしていることが分かった。有料老人ホームは安くない。市が運営する養護老人ホームは面接が必要で、待機する人が列をなす。家賃3万数千円の共同住宅は、制度が救いきれない、生活困窮者の最後の受け皿だったのだ。
共同住宅の入居者を支えているのも、自ら厳しい暮らしを続けている人たちだった。火事があった共同住宅を運営していた「なんもさサポート」の代表・藤本典良さん(68)は、かつてホームレスだった。藤本さんは「通常の生活ができない人たちが頼ってくる。『うちは入れません』というわけにはいかない」と、支援する側の責任を話す。
北広島市で共同住宅を運営する「ほっとらんど」の代表・盛誠逸さんは入居者と同じタイプの狭い部屋で暮らし、月10万円の給料で生活に困った人たちのために日々走り回っている。
行政が差し伸べる「指」の間からこぼれ落ちた困窮者。それを支えるために額に汗する人たち。日本の福祉はこれでいいのか?

  • 01.jpg
  • 02.jpg
  • 03.jpg

出演者

ナレーション:
宅間孝行

スタッフ

撮影:
小川洵矢
編集:
中川大輔
ディレクター:
太田直希
プロデューサー:
山田佳晴