番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - あなたとHTB

あなたとHTB

このページは平成29年2月26日放送分から引用しています。

画像
森・遠藤両アナ

遠藤雅也アナ

おはようございます
今年初めての「あなたとHTB」の時間です
「あなたとHTB」は視聴者の皆様とともに
よりよい番組作りや放送のあり方を目指すための番組です

森さやかアナ

今回は今年1月に開催しました
第490回放送番組審議会で審議しました 
去年12月17日放送の「イチオシ!モーニング 土曜日」について
お伝えします

画像
イチオシ!モーニング 土曜日

遠藤アナ

1月の審議対象番組「イチオシ!モーニング 土曜日」は
2011年の春にスタートしました
各社が全国ネットで放送している土曜日の朝に
唯一道内ローカルで制作放送していて
道内の話題をしっかりと届けることをベースにしています

特集の「食のチカラ」は週末のゆったり感を意識しながら
道内の179市町村を対象にそのまちの特産や名産を
ご紹介することをコンセプトにしています

森アナ

最初にこの番組に対して 番組審議会委員から頂いた
ご意見から 評価点をご紹介します

<評価点>

●時刻の文字が大きくて見やすい

●木村さんが何回も時刻を伝えるので
ずっと見ていなくても時間が分かり助かる

●天気 ニュース スポーツ エンタメ 占いという
「マンネリズム」は 統一ブランドとも相まって
番組に安定感を醸し出している

●天気予報とニュースや特集など 充実していた
全体的にテンポが速くて 朝にちょうどよい

●仕事や用事で早起きして出かける人たちに
相応に役に立つ番組になっていた

●北海道らしく ほっこり のんびり
土曜日のひと息つける朝という気分に合う

●「あれが流れていたから土曜日だったな」と
思わせるカラーがあれば なお愛着がわく

遠藤アナ

●お天気コーナーの期待を裏切らない構成
わかりやすい明快な解説は 水準の高さを改めて感じた

●情報の並べ順や「だからどうだ」という補足が
とても良く練りこまれたお天気コーナーで素晴らしい

●積雪量は棒グラフで紹介され
一見してとても分かりやすかった

●「つるつる予報」は いいなと思いました
番組冒頭だけではなく複数回流してもよいのでは

●天気予報の中の「dボタン情報」で 
どこが混雑するかなど予測できて良い

●天気予報士が素人っぽい女性で驚いた
また素人っぽさで 
情報の信頼度が揺らがないことにもやや驚いた

●道民にとって重要だと感じるニュースを
適切な優先順位でいち早く見せていることが
ポイントとなっていて 改めて素晴らしい

●ニュースの流れもダイジェスト的に
最初に要点だけ流れるので 番組構成がわかりやすい

●イベント情報はみなさん知りたい情報だと思うので
来週のイベントなども含めてもっとあっても良い

森アナ

ここまでは審議対象番組に対する委員のご意見の
をお伝えしてきました
引き続き評価点をお伝えします

●「食のチカラ」は 単なるグルメ情報に終始せず
漁師や料理人の仕事にフォーカスしていてよかった

●「食」それも北海道の旬のものを
伝えるというコンセプトが良い

●「食のチカラ」はとても手間をかけて
作られていたのが印象的

●荒れ狂う北の海に小さな漁船で乗り出す
依田アナウンサーの奮闘ぶりには頭が下がる

●しけの海でのカメラマンさんのご苦労に
頭が下がる すごい映像を見せていただいた

●依田アナウンサーの船に乗った時の不安そうな顔や
アンコウが水揚げされたときの表情が豊かで面白かった

●冬の日本海で船酔いに苦しみながらも
しっかりと実況をする自称「旅芸人」
依田アナウンサーの底力を見た思いだった

●アンコウを「七つ道具」と言われる部位に
丁寧にさばいていく調理の様子も良かった

●依田アナウンサーがアン肝を口にした時の
「もう最上級だ もうダメだこれは…」という言葉に
旬の恵みの美味しさ 有り難さが集約されており
文字どおり美味しい情報の提供に成功していた

遠藤アナ

●依田アナウンサーのレポートは 「好き」が
伝わって面白く 特に海のロケは他局を通じても秀逸

●生産者との率直な語りあいなど
「実感を伴う情報がしっかり入っている」という
当たり前のことで 見て納得させてくれる

●水中カメラマンの鍵谷美津男さんが撮影した
アンコウの卵も稚魚も 私自身初めて見る写真で
それだけに「へぇ~」という素朴な驚き
さらに言えば ちょっと得をした気分があった

●一番インパクトがあったのは 水中を泳ぐ
キアンコウのとても貴重な映像だ

●取材先が水中映像のプロだったのだから
その特性をうまく活かせば 単なる
グルメコーナーにひと味加えることが出来たかも

森アナ

ここまでは番組に対する評価点をご紹介しました
このあとは番組に対して頂いた
要望点改善点と提言をご紹介します

◆ニュースと天気予報とスポーツをはさみながら
進行していく基本的な構成は変わらないので
休みの日の朝の番組という趣は薄い印象でした

◆全国どこでも見られる映画の情報も
借りてきた素材を順番に並べて
当たり障りのないコメントを被せただけに見える
わざわざこの生放送を選んでくれた人に対して
濃く偏った情報を出すことも必要

◆占いって あった方がいいのかなと疑問に思いました

◆録画された素材を流している時間が圧倒的に多く
スタジオでコメントをしたり 分析をしたり
落ち着いて会話がなされる時間が殆どなかった

◆各コーナー冒頭の切り替えは
メリハリがもう少し強いほうが目を惹きつけるのでは
コメントのキャッチボールが
ときおり予定調和の匂いがして「眠たい」

◆全国の天気や峠の様子 高速道路 空港 
JRの運行情報などは朝必要に駆られることがあります

◆何時から天気コーナーがあるのか
事前にわかるとありがたい

◆ラストカットで もっとも印象付けたいアンコウに
テロップが被っていたりと 時折やや雑だ

遠藤アナ

◆出演者のテレビ映りへの意識が大変気になった
例えば柳田アナウンサーの猫背や木村さんの表情
積極的に元気を出しても良いのではないか

◆スタジオのセット美術が雑多でコンセプトが不明
センターの一番よく映る部分が特にごちゃごちゃしている
植物の配置や小物のチョイスなどには何らかの
テーマやコンセプトが必要ではないか

◆フランスのテレビにはないせいか
お知らせの時間はいつも不思議に思う
アナウンサーではなくタレントさんなどが読んだ方が
良いのではないか
宣伝の内容によって 誰が読み上げるかを
もう少し考えてもよいではないかと思いました

◆情報はどのように選択されているのか
なぜ今この情報を選ぶのか そこが問われている

◆番組の中でコマーシャル的な原稿を読む場面は
コマーシャルがあるのにさらにコマーシャルという感じ
この部分はどうしてあるのかなと疑問

◆スポンサーなどによるタイアップと思われる情報も
多く入っていたが
視聴者と情報番組との間の
「分かった上での肯定的な関係性」が成立している

◆タイアップPRの区別がつきにくい点は情報の客観性と
PR効果があるのかも含め 根本的な見直しを待ちたい

森アナ

ここまでは番組に対するご意見をご紹介しました
引き続き要望点・改善点と提言をご紹介します

◆「情報アラカルト」の「歯舞昆布しょうゆ」
「週末ナビ」エンタメの映画紹介などの情報は
仮に広告主からの告知であるならば 
視聴者はその事実を きちんと認識して
情報を受け取っているのか少々疑問

◆一つだけ注文をつけるとすれば
スタジオ内でアンコウ鍋を食べる最後のシーン
あそこはぜひ湯気が立っている鍋が見たかった

◆グルメ情報はもう飽和状態だ
もっとオリジナリティのある
北海道ならではの週末を提案することに挑戦してほしい

◆「今日の予定は」のような質問は不要
リモコンやツイッターなどを使って
全く知らない人の予定を示すのはどうでもいい情報だ

遠藤アナ

<提言>

☆朝の背中を押してくれる心を晴れやかにしてくれる
落ち着いた中にも爽やかで朗らかな番組を期待します
どうぞ新たな視点発見にもご尽力を

☆HTB制作の北海道密着番組
引き続きその路線の進化発展を期待しています

☆この番組が北海道の一日の始まりであり
この番組で今の北海道のことを考え北海道が元気になる
道外から来た観光客の人も楽しめて役に立つ
そんな番組だといいのかなと考える

森アナ

ここでお知らせです

HTBのアナウンサーは 東日本大震災を風化させないため
毎年3月にイベントを開催しています

画像
今、私たちにできること~3.11とともに歩む

森アナ

今年は札幌交響楽団の元首席チェロ奏者土田英順さんの
チャリティーコンサートや演奏に合わせてアナウンサーによる
朗読を行います
また今年は会場に避難所体験スペースを設け
「防災・減災」を一緒に考えます
「今、私たちにできること~3.11とともに歩む」は
来月11日土曜日午前11時から札幌駅前通地下歩行空間
「チカホ」の札幌駅側スペースで開催します

遠藤アナ

「あなたとHTB」次回の放送は
2月と3月に開催される
第491回と第492回放送番組審議会における
委員の皆さんのご意見を紹介いたします

2017年4月23日(日)午前5時5分から放送です


過去の放送より


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.