番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - あなたとHTB

あなたとHTB

このページは平成23年12月18日放送分から引用しています。

タイトル

オープニング

画像
こも樽作り 旭川市・高砂酒造

大野恵アナ

年の瀬が近づいてきました。
旭川市の高砂酒造では「こも樽」作りが盛んに行われています。
お正月のお祝いや鏡開きに使用される「こも樽」は、一つ一つが職人の手作りです。
この時期、例年200個ほどが作られていましたが、今年は震災の影響や景気の低迷で、注文は2割ほど少ない見通しだということです。
作業は、年末まで続き、全道各地に出荷されます。

遠藤雅也アナ

おはようございます。「あなたとHTB」の時間です。 「あなたとHTB」は、視聴者の皆様とともに よりよい放送を目指すための番組です。

大野アナ

番組の最後には視聴者の皆様へのプレゼントもありますので、
どうぞ最後までご覧ください。

画像
大野・遠藤両アナ

遠藤アナ

最初に、10月の「HTB放送番組審議会」での審議委員の主な意見を紹介いたします。
10月の審議会では、HTBノンフィクション「おらがまちの花火」について審議して頂きました。
この番組は今年9月3日土曜日に放送したものです。
それでは、委員の主な意見です。

画像
HTBノンフィクション「おらがまちの花火」

大野アナ

◇地元に根づく花火大会を支える人々、花火に込めた追悼の思いが比較的あっさりと描かれていた。それが逆にリアル感を漂わせ、様々な想像をかき立てられ、感情移入できた。

◇地域を愛する有志の地道な取り組みと情熱がこの花火大会につながっていること、地元高島への熱い思いが映像からしっかり伝わってきた。

◇元々花火大会は慰霊や鎮魂の意味合いが大きかったが、いつの間にか娯楽要素がまさり今日に至っている。今回、あらためてその意味を思い出させてくれた。

◇画面いっぱいに広がる力強い花火の映像はとても迫力があり美しい。雨の映像から傘が映り、振り向くというショットが映画のワンシーンのように感じられた。

◇打ち上げ花火と人生の対比がよく伝わってきた。シンプルな内容であったが、この世を去った家族や友人への思いがいつまでも心に生き続けている姿が実に印象的だった。

◇このような素材を見つけ出し、こだわって番組を制作したセンスが素晴らしい。

◇内容がきわめてシンプルである。ごく普通の人々が登場し、苦労話などを強く語ることもなく淡々とした構成が好ましい。

◇タイトルは手あか感があり、視聴者を引きつけるには不十分と感じた。

◇なぜこれほどに地域に溶け込んでいったのか、もう少し説得力のある内容が欲しかった。

◇東日本大震災を契機に、絆を再認識した人も多くタイムリーなテーマだった。今後も地域の取り組みにスポットを当てて「おらがまちシリーズ」として発信を続けて欲しい。

といったご意見でした。

遠藤アナ

11月の放送番組審議会では、「FFFFF(エフファイブ)」について審議して頂きました。「FFFFF(エフファイブ)」は、毎週土曜日の午前9時30分から9時50分まで放送しているものです。それでは、審議委員の主な意見です。

画像
FFFFF(エフファイブ)

大野アナ

◇15Voice(フィフティーン ボイス)は、選手のリラックスした素顔を垣間見ることができ親近感を覚える。チーム内の意外な人間関係や、普段あまり日の当たらない選手の様子も知ることができる好企画だ。

◇選手のファッション、表情、言葉づかい、愛称などのディテールが新鮮で、ファイターズ応援とエンターテインメントの両面で成功している。

◇休日のリラックスタイムに気軽に楽しめるコンテンツだ。見ている側も制作側もいわば家族愛のようなファイターズへの偏愛を気兼ねなく表現できる身内目線が魅力的だ。

◇各選手に最大限に密着し、試合では見ることができない素顔や人柄を上手に引き出している。放送時間、放送枠ともふさわしいと思う。

◇ひげ面にサングラス、ネックレスに茶髪、帽子をかぶったままインタビューに答える選手の様子に暗澹たる気持ちになった。もっと子供たちがプロ野球選手に夢や尊敬を抱くことができる情報を紹介してほしい。

◇時に、インタビュアーの「ため口」が気になった。どんなに若手の選手でも、敬意と礼儀をもって接してほしい。

◇金子選手と岩本さんの対談は、チャリティーCD制作の裏話、今シーズンの胸中などを聞くことができ、とても興味深かった。

◇MCの3人は安定感はあるが新鮮味に欠ける。仲間内の感じが画面上ににじみ出ており、視聴者が疎外感を覚えるのではないかといった懸念を抱いた。

◇次なるステップとして、日ハムファンのための番組から、日ハムファンを創造する番組に進化してほしい。

◇道民球団を応援することで北海道を元気にしていくという番組の理念が素晴らしい。これからも視聴者の共感を呼び起こす番組を制作し続けて欲しい。

といったご意見でした。
今後の番組制作の参考にさせていただきます。

遠藤アナ

さて、放送法の改正にともなって、テレビ局は「個々の放送番組の種別」及び「種別ごとの放送時間」を公表することになりました。
第1回目の集計は、今年7月から9月までの3か月、それぞれの月の第3週の放送分について10月の放送番組審議会に報告し、その後、HTBのホームページで公表しています。

画像
放送番組の種別ごとの放送時間量

大野アナ

HTBの3週分の合計放送時間は、30243分でした。
種別ごとの放送時間で見ると、教育3284分、教養7198分、報道6486分、娯楽10702分、その他・通信販売2400分、その他のその他173分でした。
次回の公表は来年4月です。今年10月から来年3月までの集計結果をホームページで公表することになっています。

遠藤アナ

ところで、HTBを含むテレビ朝日系列24社では、「放送番組審議会委員代表者会議」を毎年開催しています。
今年は、3月11日の東日本大震災以降のテレビ報道が焦点で、「震災報道とテレビ報道」を議題に10月27日、東京のテレビ朝日で開催されました。

画像
系列24社放送番組審議会委員代表者会議
10月27日テレビ朝日

遠藤アナ

初期段階での被災状況を伝えたメディアとして、テレビ映像は一番優れていたという点では評価できるものの、被災者への無神経な質問も見受けられ、取材のあり方を問う発言もありました。
また、今回のような広域で大規模な災害時には、系列ごとの分担取材があってもよかったのではないか。メディアが押し寄せる被災地側の迷惑を考えれば、各局が協力し代表取材ができなかったものか、といった声も多くありました。

全体としては、原発事故報道に対する意見が最も多く、「原発事故の真実はどうなのか、被災者、国民がどうすればいいのか」ということをメディアは伝えられなかったという指摘もあり、取材する側の知識不足によってテレビ報道全体の信頼性が損なわれたのではないか、といった厳しい発言もありました。

遠藤アナ

テレビ朝日系列としては、こうした指摘も踏まえて、震災報道、原発事故報道の課題を検証し、年末の「報道ステーション」で放送する予定になっています。

大野アナ

また、例年この会議ではプログレス賞というものを発表しています。プログレス賞は系列24社の放送番組のより一層の質的向上に資するものとして制定されたもので、昨年度一年間に放送された番組から各局が応募した作品を対象に選考作業が行われました。

画像
プログレス賞授賞式 10月27日東京

大野アナ

その結果、HTB制作のHTBノンフィクション「生と死の医療」が優秀賞に選ばれました。
10月27日、東京で行われた授賞式では、広瀬久美子ディレクターがABC朝日放送の井野瀬放送番組審議会副委員長から賞状とトロフィーを授与されました。

遠藤アナ

「プログレス賞」優秀賞となった「HTBノンフィクション『生と死の医療』」は、HTBでは昨年12月4日に放送したものです。

画像
HTBノンフィクション「生と死の医療」
2010年12月4日放送

遠藤アナ

1分1秒が生と死を分ける救命救急の最前線。
市立札幌病院救命救急センターは、人工心肺装置を使った究極の蘇生法で全国トップクラスの救命率を誇っています。その一方で、患者の家族が承諾し、臓器提供に至るケースも全国で最も多いのです。
手を尽くしても助けられない患者の命とどう向き合うのか。そして、家族は愛する人の死をどのように受け入れていくのか。
この番組は、生と死が交錯する救急現場に身を置く救急医の取り組みを通して、臓器提供といのちについて考える内容でした。

大野アナ

さて、「イチオシ!モーニング」の気象予報士、清水秀一(ひでかず)さんの「お天気イラスト展」が、札幌の大通ビッセで12月4まで開催されました。

画像
清水予報士お天気イラスト展 札幌・大通ビッセ

大野アナ

清水気象予報士は、その日のお天気や季節の移り変わりなどを絵で表現する「お絵かき予報士」としておなじみですが、これまで描きためた作品およそ80点が季節ごとに展示されました。

大野アナ

11月23日には、天気コーナーでパートナーを務める木村愛里、司会の谷口、石沢アナも顔をそろえ、番組の裏話や天気の話を交えたトークショーで視聴者の皆様と交流しました。

遠藤アナ

さて、HTB主催の「トヨタ・ビッグ・エア」は、来年2月札幌ドームで開催されます。

この札幌ドーム開催を盛り上げるため、11月23日、札幌市西区の「イオンモール札幌発寒」で「トヨタ・ビッグ・エア・コレクション」が行われました。

画像
トヨタ・ビッグ・エア コレクション in イオンモール札幌発寒

大野アナ

ムラサキスポーツの協力で行われた「ムラサキスポーツウインターコレクション」では「トヨタ・ビッグ・エア」をPRするために結成されたキャンペーンガール隊、「TBAガールズ8(エイト)」がモデルで登場しました。

「TBAガールズ8」は、今後もHTBのイベントや番組で大会を盛り上げるために積極的に活動を行っていきます。

画像
トヨタ・ビッグ・エア

大野アナ

土日セットのお得なチケットを税込3,000円で先行販売中です。
詳しくはトヨタ・ビッグ・エアのホームページをご覧ください。

遠藤アナ

次に、ジルベスターコンサートのお知らせです。

画像
ジルベスターコンサート

遠藤アナ

大みそかの夜は「HTB・朝日ジルベスターコンサート」にお越しになって新年を迎えてみてはいかがでしょうか。
今回の出演はメゾ・ソプラノ、イタリアの歌姫、アンナ・クオ。バリトンのキュウ・ウォン・ハン。ヴァイオリンの南 紫音。管弦楽は現田茂夫指揮の札幌交響楽団です。
前売り券は、S席6,500円、A席5,500円、B席4,000円で、キタラチケットセンター、大丸プレイガイド、チケットぴあ、ローソンチケット、札幌地下街HTBコーナーなどで販売中です。
お早目にお求めください。

大野アナ

ここで、プレゼントのお知らせです。
きょうはonちゃんの「ガーゼタオル」を
3名の方にプレゼントします。

お申し込みのあて先はごらんのところです。
どうぞおはがきでお申し込みください。
締め切りは、21日水曜日の消印有効です。

画像
onちゃん「ガーゼタオル」

あて先 〒062-8501
HTB「あなたとHTB」プレゼント係
本日の放送日とご住所、お名前、電話番号と
「あなたとHTB」へのご感想を書いてください
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

遠藤アナ

では今日はこの辺で失礼します。



TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.