番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - 番組審議会だより

番組審議会だより

 北海道テレビ放送では、番組審議会委員10名の方による放送番組審議会を設け、毎月1回(8月と12月を除く)審議会を開催して,放送番組の内容をはじめ、放送に関する全般的な問題についてご意見を伺い、番組制作の参考にさせていただいております。

 番組審議会でのご意見は,番組モニターの方のご意見とともに、2ヶ月に一度第3日曜午前5:30から放送の「あなたとHTB」でもご紹介していますのでどうぞご覧ください。

 

平成17年度放送番組審議会委員(敬称略)10名

伏島 信治 委員長(伏島プランニングオフィス代表)
中川 翼  副委員長( 医療法人渓仁会 定山渓病院院長 )
宮部 光幸 委員(建築家)
市村 三樹男 委員(北海道電力(株)常務取締役・お客さま本部長)
田中 英也 委員(朝日新聞北海道支社編集総務兼報道部長)
松園 直史 委員(札幌ヤクルト販売(株)代表取締役社長)
張  相律 委員(北海道チャイナワーク代表取締役)
林  薫  委員(彫刻家)
朝倉 かすみ 委員(小説家)
岩崎 優子 委員(弁護士)

 

第382回北海道テレビ放送番組審議会  -平成18年3月23日開催-

出席委員

伏島 信治 委員長
中川 翼 副委員長
宮部 光幸 委員
市村 三樹男 委員
田中 英也 委員
松園 直史 委員
張  相律 委員
朝倉 かすみ 委員
岩崎 優子委員

レポート提出

林   薫 委員

北海道テレビ側出席

代表取締役社長 荻谷 忠男
編成戦略センター長 林 亮一
報道情報センター長 上杉 一紀
CSR推進室・ホットラインデスク部長 森川 柊作
広報グループ部長 南部 由美
審議番組担当ディレクター 多田 健
取締役・番組審議会事務局長 横山 憲治

 

【会社報告】

  • 北海道の“デジタル元年”への取り組みについて
  • 4月の番組改編の内容について
  • HTB制作新番組「スキップ」(土曜午後3時放送)の内容について
  • 日本ハムファイターズの試合中継について
  • 2月からの視聴者応答内容について
 

【審議内容】

ドラバラ鈴井の巣番外編
「雅楽戦隊ホワイトストーンズ~最終章 呪われし神話の行方~」

(放送日 3月9日(木)深夜24:10~24:40  HTB制作 北海道ローカル放送)
についての審議委員の意見

◇白石など色々な地域が出て来て、出演者の個性もあり、演じている人たちが楽しそうにしていると感じた。

◇若い年代は楽しく見ていると思う。HTBが道内タレントを全国タレントとして育てる場を提供していることを評価したい。

◇「ドラバラ鈴井の巣」を一生懸命見ている人たちにとっては、鈴井さんは家族同然という気持ちがあるのではないかと思う。

◇礼文と利尻の色々なことが出て来て、カニなどの夜の宴会はとても良かったので、利尻に行ってみたいと思った。

◇番組を作っている人は、楽しくておもしろいのだろうという感じがし、それは正しい姿ではないかと思った。

◇この番組では、発売される二枚組のDVDの紹介が中心で、ドラマ編ではあらすじの紹介、メイクドラマ編では収録されている撮影現場の様子やエピソードなどの紹介だったが、それを見ると撮影現場での様子や、スタッフ同士の明るいノリが身近に伝わってきて、親近感を感じた。

◇“鈴井組”のファンが見ておもしろかったということであれば、この番組は成功していると思うが、中高年向けの深夜の番組なども開発してもらうといいと思う。

【多田ディレクターから審議番組について説明】

 「ドラバラ鈴井の巣」は2002年の2月から放送が開始されました。それ以前は「鈴井の巣」という視聴者参加型のバラエティ番組でした。 “ドラバラ”とは、ドラマを作り、その裏側もバラエティとしてご覧頂こうという意味で付け加えました。
 この「ホワイトストーンズ」は、「ドラバラ鈴井の巣」の7シリーズの中の5タイトル目で、鈴井貴之さん原作の「戦隊ヒーローのパロディドラマ」です。北海道で演技できるテレビ番組が欲しいと考えた鈴井さんが「仮面ライダー」の本郷猛という変身前の男性の名前からヒントを得て、「札幌の白石区には本郷という地名があり、南郷も北郷もある。世界平和という大きな目的ではなく、ひたすらに白石区を愛し、白石区の平和を守る3人のヒーローのパロディを描きたい」ということでホワイトストーンズは生まれました。
 「ホワイトストーンズ」に限らず、「ドラバラ」は全国各地のテレビ局で放送され好評を頂いております。全7シリーズのうちこれまでに5タイトルがDVD化されました。


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.