HTB番組情報blog

新作DVD第24弾発売記念スペシャルトーク 水曜どうでしょうを語ろう

160330_DVD_1s.jpg

3月30日(水)深夜0時53分放送

「水曜どうでしょう」は放送開始から20年目となる今年、DVD第24弾「ユーコン川160キロ~地獄の6日間~」を発売する。この作品は、「対決列島」企画の罰ゲームとして、番組企画者であるミスターこと鈴井貴之には内緒でディレクター陣が勝手に企画。出演陣が「帰してくれぇ」「二度と来ないぞ」と口々に悪態をつきながら、カナダとアメリカ合衆国アラスカ州をまたいで流れる長大なユーコン川を6日間に渡ってキャンプ生活をしながらカヌーで下るというもの。DVD総再生時間235分でも語りつくすことができなかった撮影秘話を、ゲストに「水曜どうでしょう」を愛してやまない俳優・渡辺いっけいさんを迎え、ミスターとディレクター陣が番組の魅力を語り合う。

【出  演】
鈴井貴之 藤村忠寿 嬉野雅道  ゲスト 渡辺いっけい

【番組内容】
普段は、1台のハンディカメラを携え、気ままに旅する「水曜どうでしょう」の面々だが、スタジオセットに身を置き、番組を語るのは、放送開始から20年目にして初めてのこと。なんとも落ち着かない雰囲気でトークが始まったが、渡辺いっけいが「水曜どうでしょう」との馴れ初め話を始めると、それをきっかけにスタジオはいつもの"どうでしょうのムード"に包まれていく。ブルーリボン賞主演男優賞に輝き飛ぶ鳥を落とす勢いの大泉洋について、ドラマで共演したことのある渡辺いっけいは、大泉が「水曜どうでしょう」でしかみせない表情や感情があることに気づいたという。行き当たりばったりな藤村のディレクションに心配の種が尽きなかったというミスター。当時の収録ウラ話や人間模様が赤裸々に語られる。