now onair

10:00

題名のない音楽会

NEXT

HTB開局55周年ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」
B
E
N
T
O
B
E
N
T
O

メニュー

公式SNS

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン

過去シーズン

  • シーズン1へのリンク
B
E
N
T
O
B
E
N
T
O

北海道発グルメドラマ 「弁当屋さんのおもてなし」シーズン2

おしらせ

シーズン2追加キャスト発表!!

2023.12.15

シーズン2でも「くま弁」を訪れる悩める客として、多彩なキャストのゲスト出演が決定!
北海道での作品作りについて、コメントを頂きました。

第1話

アパレル会社の社長・華田将平役:奥野壮

アパレル会社の社長・華田将平役:奥野壮
©喜多みどり・KADOKAWA/HTB

第1話にゲスト出演するのは、人気ドラマ出演で注目度急上昇中の奥野壮(おくの・そう)。
心に悩みを秘める、有名若手経営者の華田将平役を演じます。

「仮面ライダージオウ」で主演を務めた後、様々な作品に出演し、今クールでは人気ドラマ「下剋上球児」の好演で人気・注目ともに急上昇の奥野が、将平の明るくイケイケな経営者の顔と悩める青年の顔の両面を演じ切ります。
ともに仮面ライダーシリーズに出演した飯島寛騎・戸次重幸との共演にも注目!

奥野壮コメント

今回ゲストとして出演させていただきます、奥野壮です。
北海道という場所がなんとも優雅で、ゆったりとした時間が流れていました。
シーズン2ということで人気作に出演させていただくプレッシャーはありましたが、自由に楽しんでお芝居させていただきました。
美味しいご飯と素敵な人間関係。お楽しみに。

第2話

家出を繰り返す少女・土田若菜役:森田想

家出を繰り返す少女・土田若菜役:森田想
©喜多みどり・KADOKAWA/HTB

元教え子を心配する高校教師・三輪ことり役:小林きな子

元教え子を心配する高校教師・三輪ことり役:小林きな子
©喜多みどり・KADOKAWA/HTB

第2話にゲスト出演するのは、映画『わたしの見ている世界が全て』(監督:佐近圭太郎)でマドリード国際映画祭2022外国映画部門 主演女優賞を受賞、若手演技派女優として存在感を示している、森田想(もりた・こころ)と、元教え子の若菜を心配して『くま弁』に連れてくる高校教師・三輪ことり役に数々のドラマで印象深い脇役を演じてきた、小林きな子。

森田は、「食べること」につらい記憶を持つ家出少女を好演。
千春と衝突しながらも変化していく若菜の姿に注目です。

また小林は、優しくてあたたかく、千春と同様にちょっとおせっかいな先生役とまさにハマり役!HTBが制作するドラマには「別に普通の恋」(2013)に続き、10年ぶり2度目の出演となります。

森田想コメント

母方の実家が道南の函館なので、我が家の食卓にはよく北海道のおいしい野菜が上っていました。いつも行きたいと思っていたので、今回、オファーをいただいて嬉しかったです。シーズン1を見て、北海道にいる人の姿が一人ひとり現実味のある描かれ方をされているなと思いました。温かい人ばかりで、食材もよく、道外から見ると“うらやましい!”という気持ちだったので、その中に入ることができてうれしいです。お腹がすく作品になると思うので、ご飯のおともに見てもらえたらと思います(笑)

小林きな子コメント

以前にHTBのドラマに出演した時も、アットホームで家族みたいな現場で、すごく楽しい体験だったので、今回も二つ返事でOKしました。普段、ドラマじゃないほかの番組のお仕事を一緒にしているHTBのスタッフさんたちが、ここぞ!と一生懸命ベストを尽くして作る作品なので、またとても素晴らしいものになると思っています。シーズン1を見て、人っておいしいものを食べると心に余裕が生まれて、ほかの人にやさしくできる、助け合えるよなぁという部分に非常に共感しました。シーズン2も、見て優しい気持ちになってもらえればと思います。

第3話

“秘密を抱える姉弟”姉・南波美馬役:大後寿々花

“秘密を抱える姉弟”姉・南波美馬役:大後寿々花
©喜多みどり・KADOKAWA/HTB

“秘密を抱える姉弟”弟・南波一馬役:瀧原光

“秘密を抱える姉弟”弟・南波一馬役:瀧原光
©喜多みどり・KADOKAWA/HTB

第3話では、7歳から子役として活躍し、豊富なキャリアと実績を重ねてきた大後寿々花(おおご・すずか)と、北海道を中心に活躍するボーイズユニットNORDの瀧原光(たきはら・ひかる)が姉弟役を演じます。

お世話になった姉に北海道旅行をプレゼントしたという弟の一馬と、ノリがよく社交的な弟に振り回される姉・美馬。
仲のいい二人の間には、言いたくても言えなかった秘密がありました…。
二人が弁当をきっかけに心をほどいていくクライマックスは感涙必至です。

大後寿々花コメント

北海道に来たのは高校の修学旅行が最後だったので、また来たいという思いが叶って嬉しかったです。東京の現場に比べて、時間の流れもゆったりで共演者の方やスタッフといろいろなお話ができました。ご飯は作る人の思いも、食べる人の思いも、いろんな人の思いがつまっている。現場ではみんながそういう部分をどう表現するか、細かく話して撮影したので、私も仕上がりが楽しみです。一緒にご飯を食べることで、会話が弾んで、仲が深まる。やっぱり、ご飯って大切だよね、という部分が伝わればと思います。

瀧原光コメント

第3話に出演させて頂きます、NORDの瀧原光です。50周年記念ドラマ「チャンネルはそのまま!」に続いて今回も記念すべきドラマに携われたこととても光栄です。「イチモニ!」を通して、HTBさんには大変お世話になっているので少しでも恩返しできるようにめっちゃ真剣に取り組みました。心も胃の中も温まるドラマです。ぜひご覧ください!!!!

第4話

千春の母・小鹿亜紀役:千堂あきほ

千春の母・小鹿亜紀役:千堂あきほ
©喜多みどり・KADOKAWA/HTB

第4話にゲスト出演するのは、かつてトレンディドラマやバラエティ番組で活躍し、2011年に北海道に移住した、千堂あきほ(せんどう・あきほ)。
シーズン1では声だけの出演だった千春の母を演じます。

東京になかなか戻ってこない娘を心配して、札幌まで来てしまう亜紀子。
『くま弁』の弁当の容器を大量に捨てる千春を見て心配を募らせ、娘が何を食べているのか気になる母と、見栄を張ろうと頑張る千春…。
最後に打ち解けることができるのでしょうか…。
心温まるストーリーにご期待ください。

千堂あきほコメント

北海道というか地方で作るドラマ、大歓迎!地方には地方のよさがあるし、地方局ならではの空気・作り方があるという点は、大いに賛同しています。もっと増えてほしいくらいです。
シーズン1は久保田さんの演じる千春がとてもよくて、食で心が変化していく様子がすごく伝わってきました。千春の母が千春に抱く思いが、同じく子を育てる母として、共感できる台本だったので、この役にチャレンジしたいと思いました。食が持っている力というかエネルギー、強さというもの、さらにそれを誰かの優しさが込められた“お弁当”で伝えるという題材が、とてもいいドラマだと思っています。

一覧に戻る