これまでの放送

イチモニ! > これまでの放送 > 食のチカラ スペシャル 礼文の"うに"

2015年7月18日(土)放送

食のチカラ

食のチカラ スペシャル 礼文の"うに"

18日(土)午前9時50分からお送りしました
「イチオシ!モーニング 食のチカラスペシャル」

「礼文のうに」に注目!依田アナがうに漁を体験するほか、
家庭でも手軽に作れるおいしい「うに料理」を紹介。
イオン札幌平岡店からの生中継を交えながら放送しました。

道内のイオン、イオンスーパーセンターでは、
月替わりにテーマを設定し、道内各地から取り寄せた
「旬」の素材を販売するフェア「イオン道産デー」を実施しています。
7月のイオン道産デーは、「美味コレ北海道」と題して、
道内各地から旬の食材が大集合。今回はイオン、
イオンスーパーセンターのほか、マックスバリュ、
ダイエー、いちまる各店でも同時開催!
ますますパワーアップして展開します。
中でも注目なのが、今が旬の「塩水うに」。
このほか「富良野メロン」も全店共通価格で販売されます。


◆うにのたまごとじ丼
【材料(1人前)】
塩水うに:25g~50g
たまねぎ:1/4個、しいたけ:1本
みつば:適量、たまご:1個、水:90cc
めんつゆ:大さじ1、みりん:大さじ1
【作り方】
(1)鍋に水とめんつゆ、みりんを入れて軽く
煮立たせ、薄切りにしたたまねぎとしいたけ
を入れて煮る
(2)たまねぎがしんなりしたら、うにを入れ、
溶きたまごを回し入れる
(3)たまごのへりが半熟になったら、全体を
軽くかきまぜる。そこにみつばを散りばめ、
火を止めて落し蓋をして1分ほど蒸らす
(4)丼のご飯の上に(3)を盛り、きざみのりや
ねりわさびをお好みで乗せて完成

<礼文のうに ミニ情報>
◆うにとほっけを同時操業!大忙しな夏の礼文。
4月に解禁された今年のうに漁。キタムラサキウニの場合は
9月頃まで続けられますが、6月頃からは礼文沖で
ほっけも獲れるため、漁師さんの多くは早朝1時頃に
ほっけ漁船で漁場に行って網を刺し、一旦帰港して
うに漁の磯船に乗り換えて午前5時半から7時までに
決められているうに漁をこなします。7時過ぎに
うにを携えて浜に戻ると、うには待ち構えている
家族に託して、またほっけ漁船で漁場に向かって網をあげ、
昼前に帰港するという同時操業が行われているんです。
うに漁は小さな船での漁なので、ちょっとした波でも
転覆の危険があるので休漁になる事が少なくないそうですが、
それにしても礼文の漁師さんの夏は忙しい毎日なんです。
ちなみに、ほっけ漁があってうに漁が休漁の場合は、
早朝に網を刺した後、6時間ほど洋上待機して
船の燃料代がかからないようにするんだそうです。

◆去年より水揚げ好調!礼文のうに
礼文・船泊でのうに漁は、漁協からの島内放送で
その日の漁が始まります。午前4時半、漁の実施予告が
伝えられて、午前5時に出港許可の放送が流れます。
最初の30分間は下見の時間。たもを使うのは禁止です。
そして5時半に漁開始の放送があって、7時には終漁の
指示が流れてその日のうに漁はおしまい。
1日1時間半しか漁が行われないんです。
今回の取材でお世話になった漁師さんに聞いたところ、
去年までは7時半までの2時間漁ができて、
今年から30分短くなったにもかかわらず、
水揚げ量は去年よりも多いんだそうです。
それでも漁協の方曰く、現在獲れる量は昔の4分の1ほど。
獲れ方はかつてに比べればかなり減ってしまったとの事でした。
今回のイオン道産デーでは北海道産の「塩水うに」としてお店に並びます。
こちらも名産の昆布をたらふく食べて育った礼文のうに。
まさに、今が食べ時です!


◆おすすめ!たまごとじ丼
今が観光シーズン真っ只中の礼文島。礼文の夏の旅での
お楽しみグルメと言えば、ご飯が見えないほど丼全面に
うにが盛られた「うに丼」です。今回の取材では、
地元の観光ホテル「花れぶん」で腕をふるう料理長さんが全面協力。
うに丼を作って頂いたほか、「たまごとじ丼」を紹介して頂きました。
ロケ前日にお会いして、できるだけ家庭でも作りたくなるレシピを
紹介したいとこちらからお願いした所、礼文観光がピークのお忙しい中、
簡単レシピを考えて下さり、事前に試作して確かめてから本番に臨んで
下さいました。試食をした依田アナが食べてのけぞった程これが絶品のうまさ。
「うにのたまごとじ丼」を皆さんぜひ一度お試しください。

記事一覧

募集中!!

  • 動画投稿はこちらから
  • イチオシ!番組参加者募集