onちゃん夢パワー大冒険!

メイキング
◆脚本 島田満さん
脚本・島田満さん 東京に住むシナリオライターで、ライター歴はなんと20年!
5歳の女の子のお母さんでもあり、
シナリオ教室の先生を務めている。

島田さんからのメッセージ
北海道は大好きで何度も訪れています。 私にとってonちゃんは、何でもポジティブ思考で、気づかないうちに周りのみんなを明るくしたり優しくしてくれるナチュラルなキャラクターです。この作品には『人は望んでいない場所に行くこともあるし、つらいこともあるけれど、それをありのままに受け止めてそこから前に進んでいくということが大事』という思いを込めました。まわりも自分も一緒に幸せになっちゃう・・・それが自然にできるといいですね!



◆楠葉宏三 監督
楠葉宏三監督 アニメの世界は30年以上というベテラン!感動の名作を次々に手がけている。感情の変化を表す細かな動きから、物語を際だたせる背景の一枚一枚まで描かれた絵コンテはそれだけで芸術品。

楠葉監督からのメッセージ
見てくれた人たちが、onちゃんが友達になってくれたらいいなと思ってくれる作品になればと思います。HTBのキャッチコピーである『ユメミル、チカラ』をもう一度思い出してみようという気持ちで作りました。



◆日本アニメーション・遠藤重夫プロデューサー
遠藤重夫プロデューサー onちゃんは面白いアニメになる!と最初に太鼓判を押してくれた今回のアニメの立役者。onちゃんアニメならこの人!と優秀なスタッフを結集した。

遠藤プロデューサーからのメッセージ
onちゃんというキャラクターと人間をどうからませるか、そして北海道のアニメーションということを意識して制作にあたっていますが、スタッフ含め本当に楽しくやっています。テレビシリーズにしたいくらいですね。




◆制作は日本アニメーション

日本アニメーション外観
日本アニメーション外観
東京都多摩市に本社スタジオがある。これまで「世界名作劇場」や「ちびまる子ちゃん」など多くの作品を手がけていて、ラスカルや三千里のマルコ、赤毛のアンなど長い間愛され続けるキャラクターの生みの親でもある。

onちゃんアニメの制作期間は5ヶ月。カット数613、動画枚数にして12,000枚!背景は550枚も描くとか!監督、声優、音楽担当をはじめ、原画マン、動画マン、ペイント、背景、撮影、編集、録音などなど、なんとのべ200人ものみなさんのチームワークでこのアニメが出来ている!


彩色風景 彩色風景・・・今は色塗りはすべてデジタル。
彩色(ペイント)作業にあたってくださっているみなさん。
1日平均のペイントは100〜200枚!
4年前デジタル化となり、かつてのセルは姿を消し、パソコン上で作業を行う。
彩色作業にあたっているみなさん
色彩設計・小山明子さん 色彩設計の小山明子さん。
髪、顔、服を始め、同じ人物でも昼と夜では色に違いが出るため、状況によって色の指定をすべて変えていく 。
作画監督の才田俊次さん。
およそ20人のアニメーターが描いた絵を統一したキャラクターになるように手直し。ちょっとした線や位置でキャラクターの表情が大きく変わる。
作画監督・才田俊次さん
原画・南雲礼子さん 原画・南雲礼子さん。
監督の絵コンテに基づいて1枚1枚絵を描いていく。登場人物にどう“演技”をさせ、スムーズにつなげるかが難しいとか 。

Copyright © HTB All Rights Reserved.