「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 8月5日放送 「幌尻岳のカールを行く」

幌尻岳

幌尻岳

幌尻(ポロシリ)岳。日高山脈の主峰2052m。
氷河の爪痕カールが残されている。
額平川

額平川

額平(ヌカビラ)川。山頂へは川の渡渉から始まる。
北カール

北カール

北カール。
1万年前、氷河が流れ落ち、山腹を削った跡。高山植物が咲きナキウサギが棲息。
北カールの底

北カールの底

北カールの底に雪融け水を湛えた、この時期だけの池が出現する
キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ。ツツジ科。
20−40cm常緑小低木
ミネズオウ

ミネズオウ

ミネズオウ。ツツジ科。花は4−5mm。
小型の低木
コメバツガザクラ

コメバツガザクラ

コメバツガザクラ。ツツジ科。
5−15cm常緑小低木。花は壺形。
イワウメ

イワウメ

イワウメ。イワウメ科。3cm足らずの小型の常緑樹
エゾノハクサンイチゲ

エゾノハクサンイチゲ

エゾノハクサンイチゲ。キンポウゲ科
15−40cm 多年草、群落をつくる
日高山脈

日高山脈

幌尻(ポロシリ)岳山頂2052mからの展望。
ミヤマキンバイ

ミヤマキンバイ

ミヤマキンバイ。バラ科。10−20cm
多年草。
七ツ沼カール

七ツ沼カール

七ツ沼カール。
アイヌの「天上の海」伝説が残されている。神聖な神々の遊ぶ庭。
七ツ沼カール

七ツ沼カール

6月の七ツ沼カール。
残雪と沼が見事なコントラスト。一幅の絵のよう。
ナキウサギ

ナキウサギ

ナキウサギ。
カールの岩場を棲み家にする氷河期の生き残り。生きた化石と呼ばれる。