「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 5月19日放送 「礼文島 春の花」

礼文島

礼文島

5月中旬の礼文島。
日本最北の島、花の浮島と 呼ばれる。
エゾノハクサンイチゲ

エゾノハクサンイチゲ

エゾノハクサンイチゲ  キンポゲウゲ科 15−40cm
多年草。白い花の大群落をつくる
キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ  ツツジ科 20−40cm
常緑の小低木。花の大きさ4cmほど
オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ  ユリ科 30−70cm
多年草、花弁は大きく3枚、葉は大きい
ホソバコンロンソウ

ホソバコンロンソウ

ホソバコンロンソウ  花は薄紫。礼文島では希少種
名は中国崑崙山脈に由来。
ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキ  キンポゲ科 10−25cm
麻糸を巻いた苧環が名の由来。
礼文滝

礼文滝

礼文滝  島の西海岸に注ぐ。高さ20mほど。
日本最北の滝。
エゾイヌナズナ

エゾイヌナズナ

エゾイヌナズナ  キンポウゲ科。6−20cm
礼文では潮風のあたる海岸に咲く。
レブンコザクラ

レブンコザクラ

レブンコザクラ 礼文だけに咲くサクラソウ科の花
7−15cmの多年草、茎に10個内外の花を付ける
キジムシロ

キジムシロ

キジムシロ  バラ科。5−30cm 多年草
名は雉が座るムシロに見立てた。
ハクサンチドリ

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ  ラン科 10−40cm 多年草
礼文に咲くものは、茎にたっぷりと花を付ける
礼文島の花のモザイク

礼文島の花のモザイク

花の浮島に相応しく白、赤、黄の花が混在、
見事な花曼荼羅を描く。