「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 12月15日放送分 「クリル探訪〜ロブーシキ岩礁・シアシコタン島・チリンコタン島」

ロブーシキ岩礁(旧牟知列岩)

ロブーシキ岩礁(旧牟知列岩)

海霧の中から姿をあらわしたトドヤオットセイの繁殖地。
海獣たちの聖域ロブーシキ岩礁。
ロブーシキ岩礁のトド

ロブーシキ岩礁のトド

火山の島が浸食されて海上に僅かに残った岩礁がロブーシキ。
ロシア語で「罠」を意味する。
トド

トド

海の難所は、世界でも有数のトドの繁殖地、
咆哮を繰り近づくものを激しく威嚇する。
トド・ブル

トド・ブル

トドは、絶滅が心配される種のひとつ。
ブルと呼ばれる大きなトドは、ハーレムをつくるオス。
体重は1トンを越えている。
キタオットセイ

キタオットセイ

キタオットセイ。大きなトドと一緒に岩礁で子育てしている。
アザラシにはない、小さな耳たぶが付いている
キタオットセイ・子供

キタオットセイ・子供

春に生まれたキタオットセイの子供・・。
あどけなさ残る表情に野生の生命が輝く・・・。
ロブーシキ岩礁の海獣

ロブーシキ岩礁の海獣

霧と速い潮の流れに守られたロブーシキは、
いのちの岩礁。昔と変わらぬ営みが続く・・・
シアシコタン島(旧捨子古丹島)

シアシコタン島(旧捨子古丹島)

クリル列島のシアシコタン島。
長さ25キロ最大幅9キロの細長い形をした島。
クリルアイヌ居住地跡

クリルアイヌ居住地跡

高さ200m程の崖の上の緩やかな高原に
クリルアイヌの人々が暮らしていた痕跡が残されている。
ハイオトギリ

ハイオトギリ

ハイオトギリ。オトギリソウ科。
冷たい海霧の雫をつけて凍えている。
ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ。ゴマノハグサ科。
霧の草原にひと際目立つ華やかな彩り・・。
チリンコタン島(旧知林古丹島)

チリンコタン島(旧知林古丹島)

シアシコタン島の北西、チリンコタン島。
島は海から火山が突き上げた形をしている。
ウトウ

ウトウ

ウトウ。日中は島の沖で群れをつくり、
日が暮れるとヒナの待つ島へ餌をくわえて戻る。
フルマカモメ

フルマカモメ

抱卵中のフルマカモメ。
草薮の中の斜面は集団営巣地。
間もなく新しい命で賑わう・・。
オオセグロカモメ

オオセグロカモメ

オオセグロカモメの親鳥。
孵ったヒナを近くの岩で見守っている。
オオセグロカモメ・ヒナ

オオセグロカモメ・ヒナ

岩に寄り添うオオセグロカモメのヒナ。
岩と同じ保護色の体で、天敵から身を守る。