「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  09年1月10日放送分「秘境知床 真冬の点描」

知床・冬の海

知床・冬の海

知床の真冬の海・・・・。
荒れ狂う海は、 流氷が押し寄せる前の最後の咆哮・・・・。
知床・吹雪

知床・吹雪

知床の大地を襲うシベリアからの強風と 猛吹雪は
”羅臼おろし”と呼ばれます。
トドの群れ

トドの群れ

知床沿岸に近づくトドの群れ。
北千島や サハリンから越冬のため回遊して来る。
トド

トド

アイヌの人々は、吠える声から「エタシぺ」
鼾をかくものと呼びました。
フレペの滝・冬

フレペの滝・冬

斜里町ウトロ、冬のフレペの滝。
流れ出る地下水が凍り、白い芸術をつくる。
フレペの滝・冬

フレペの滝・冬

厳しい寒さが見せる氷のオブジェ・・・。
氷の華が青く透き通っています。
氷泥の海

氷泥の海

氷晶(ひょうしょう)がくっ付いて
知床の海が氷の泥のようにゆっくりうねる。
氷泥(ひょうでい)、 グリースアイスです。
ハス葉氷

ハス葉氷

氷晶同士がくっ付くと、ハスの葉に似た
蓮葉氷(はすはごおり)に成長します。
ハス葉氷の海

ハス葉氷の海

蓮葉氷はパンケーキ・アイスとも呼ばれる 海氷です。
知床の海に白い帯が伸びる。
夕日と海氷

夕日と海氷

海氷が生まれる大きな海としては、 知床が最も南の海になる。
夕日と海氷

夕日と海氷

海氷とシベリア沿岸からやってくる
冬の使者流氷と交わるのも間もなくです。