画像

大阪マラソン本番前夜の石坂さん(左)と藤村さん(右)です。
ゼッケンを持たせて、壁を背に並ばせて撮ったら逮捕直後の人のようになりました。

画像

逮捕直後の人と壮行会を終えて、ホテルに戻る途中です。時刻は既に23:00。早く寝ないと!藤村さんは家族とただちにホテルへ帰られましたが、家族の来なかった石坂さんは「ぼく、うどん食べて戻りますから」と言ってきかず、この後、深夜0時過ぎまで夜更けの堺の町を徘徊し続けるのでした。

画像

一夜明けて、大阪マラソン当日の朝7:00。
堺駅前に立つランナー2人です。
藤村さんは昨夜ホテルの部屋に入るなり爆睡。この日の朝は6時に起床して「快調!」と発言。
一方、石坂さんは、前夜1時過ぎまで徘徊してのちホテルに入り就寝。この日の朝はなんと4時に起床。仁徳天皇陵へ向かいウォーミングアップに走るが、なぜか5キロも走ってしまう。

画像

スタート地点の石坂さん(左)と藤村さん(右)です。

画像

緊張してる的な顔です。

画像

あ!走り出しました!
さぁ、この先は、応援に駆け付けてくれた一般のみなさんの投稿写真だけが頼りです!

画像

藤村さんスタート後9:17頃の写真
右端に写っているのが藤村さんです。
大阪市モリモリ

画像

スタート直後1~2kmの間、水曜どうでしょうと書かれたTシャツを着た男性二人を発見。沿道の「藤やん、店長がんばれー!の声援に手を振って応えたのを見て藤村さん、店長ご本人と確認。後方より写真撮影。
松本悦子

画像 画像 画像

4km地点での撮影です(上本町の近鉄の横)坂道を上がって行ったところになります。
大阪藩士

画像

コメント無し。

画像

10キロ過ぎ快調に飛ばす藤村さん。このあと沿道から声援に対して「これいけるぞ!」と強気の発言をされていました。

画像

10時20分頃、11km付近、片町の折り返し地点を過ぎたあたりで孤独に走る藤村さんを発見しました!道路の端を走っておられましたのですぐに分かりました。しかしものすごいスピードでした。藤村さんを追いかけながら訳わからずシャッターを押したものです…何も写っていません…その上…店長さんは発見できませんでした。
さか@大阪

画像 画像

8km地点で確認した藤やんと店長は、声援に笑顔で手を振り応えてくれて、
13km地点で確認した藤やんは、声援に気づいてくれた様子ではあるが、黙々と走り、
中間地点を超えた23km地点では、声援に応える様子もなく、今まで被ってた帽子を脱ぎ、激走してました。

画像

13km付近の藤やん。かなり探していたのにいざ見つかるとあまりに焦ってしまい、うまく撮れませんでした… あわてて「ふじやん!!がんばって!!」と声をかけると通り過ぎた後、わざわざ後ろを振り返って「あ ども」と答えてくれました♪

画像

15km地点の藤やん。見え辛いけど水色の服の女性と黒い服の男性の間です。

画像
画像

18km付近のふじやんです。なにかききながらまだ余裕のある走りでした。

画像

18.5km付近で店長さんに追いつき声を掛けさせていただきました。この時点で随分なヤラレッぷりだったようで

画像

京セラドーム前にて。千代橋での折り返しを過ぎ20km地点
声援をかけようと思いましたが藤やん一生懸命前へ前へと向かって走って1人の世界って感じで走っておられました!写真は女の人で隠れちゃいましたけど(>_<)

画像

藤やん見つけた!中間地点21kmを通過!
呼びかけに全く応える余裕もなく!分かりにくいですが必死の形相。

画像

25km過ぎの藤やん

画像

ランナー藤村さん スタートから約24km地点、通天閣付近を通過する藤村さんでございます!

画像 画像

恵美寿の通天閣近くの折り返し地点にて!ふじやん発見(●^0^●)「ふじや~ん!」の声に応えてこちらをちらりしてくれました。まだまだ余裕の感じでした。

画像 画像

折り返し付近、立派な旗を持たれた藩士です。近くにかあちゃんもおられました。

画像

水曜どうでしょう関西支部をmixiにて作らせて頂き、当日は応援団を作って応援させていただきました。
田口 彩花

画像

応援しました

画像

大阪では北浜、土佐堀通り沿いで応援させていただきました。
阿部薫 中田諭志

画像 画像

この写真は25キロから26キロまでの間に旦那さんが撮りました。(塩草2交差点を左に曲がったところです)ちなみに店長さんは見付けきれませんでした。
大阪市在住 河田義一・利恵

画像 画像

どうでしょう藩士の親友とふたりで早起きしてチャレンジしてまいりました!駆け足で電車に飛び乗り30km地点を過ぎた玉出に行きました。そしてそこの給水ポイントで待つこと1時間。やっと、ふ先生を発見!焦ってどう呼べばよいか分からず、結局「ふじむらさーん!」と呼びかけましたら気づいてもらえ、手まで振ってもらえました!

画像

「たあ~く~ん、たあ~く~ん」と35km地点で叫んでいました、大阪のおばちゃんです。疲れておられたのでしょうが終盤にも関わらず安定したスピードで走る姿に驚きと同時に感動し、ただのヒゲではなかったんだと見直しました。(どうじに見つけた我が旦那は追いかけて2、3枚撮ったらしいのですが他のランナーとかぶりショックを受けています)
大阪のいちファン(二人)より

画像 画像 画像 画像 画像

33km付近でも藤村さん

画像

37km地点で激写?いたしました。あまりに沿道寄りを走って来られたので、びびって胴体しか写すことができませんでした。
すう@大阪

画像

40km超えた辺りで逆側の沿道から応援してました。すぐ近くで、素晴らしい髭旗を持ってらっしゃった方をパチリしました。彼は淀屋橋辺りにもいらっしゃいましたよねー。

画像

41km地点を直前にして、頭上からonちゃんの熱い声援を受ける藤村Dです。14:30ごろ撮影しました。

画像

41km付近の藤やん 歩道橋の上から応援しておりました♪笑顔でてをあげてくれましたが、そこは写せず…勇壮な後姿を激写しました。

画像 画像

33km付近手前 「ふじや~ん!」の声に反応してくださって、こちらをちらり、こっちは興奮して見切れたふじやんをたくさん撮りました。

画像 画像

撮影場所はゴール間近の南港にて。もうね、ふじやん見つけた時は無我夢中で「ふじや~ん!!」と絶叫しつつ、全速力で追いかけながら撮影()足ガクガクになり、撮影後派手に転んでスマホの画面割れちゃいましたがf(^^;何より生ふじやんを拝ませていただいたことにより、そんなことどうでもいいくらい感激に浸らせていただきました(^^)v
大阪在住 とにぃ

画像

藤村氏の勇姿を拝見するべくゴールまえ500メートル付近で今や遅しとカメラを構え待機すること2時間弱。熱烈などうでしょう藩士の方々の「藤村さーん!!」という声援が聞こえて慌ててシャッターを切るものの間に合わず、このような写真になりました。

画像

ゴール手前の藤村さん 混雑の中背伸びをしてシャッターを押していたら藤村さんの頭が見事に写りませんでした。顔は見えませんが藤村さんに間違いありません。
山川(兵庫県)

さて、このようにして見事完走して無事にゴールした藤村さんのタイムは4時間半。
実に立派過ぎるほどのタイムでございました。

画像

これがゴール直後の藤村さんのお顔でございます。このあと藤村さんはお着替えになりますと「腹減ったなぁ」ということで、

画像

このようにラーメンを食い始めました。

画像

なんだろうこの人。
それから待つこと2時間弱。石坂さんも見事に完走されました。

画像

もうもうなんとも言えないありがたいお顔になっておられます。

画像

サービスカットの要求に、「何でもないよ」的なところをアピールされましたが

画像

5秒と持ちませんでした。

このあと随行スタッフ(もちろん私です!)に支えられながら、石坂さんは堺市のホテルまで、
イタイイタイ足を引きずりながら階段を上り階段を下り、
また歩き、階段を上り、階段を下り、帰るのでありました。まさに激走。

ということで、ランナーのお2人ご苦労様でした。
そして沿道から応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
「激走!大阪ヒゲマラソン!」これにて全巻の終わりでございます。

嬉野雅道
画像

大阪マラソン大会スタッフの皆様お疲れ様でした。たいへんお世話になりました。

激走!! 竹田!! 名水!! ヒゲマラソン
このページの先頭へ戻る