「日本全国どうでしょうバカ勢力図」(04年6月最新版)

藤村 | 2004/08/10(Tue) 18:46:15


 さぁさぁ皆の衆!今回もやってまいりました!恒例の「日本全国どうでしょうバカ勢力図」その最新版の発表であります。
 こちら、ローソンさんによるDVD第4弾「サイコロ3完全版」の「地区別予約受付枚数」を元に、どうでしょう諸藩の勢力をビシッと弾き出す、いわば「地区別おバカさんランキング」もしくは「地区別どうで症患者ランキング」でございます。

 常日頃は和気あいあいと

 「おや!おたくは静岡のどうバカさんですか!」
 「こりゃどうも。あの、失礼ですがおたく様はどちらの・・・?」
 「恥ずかしながら宮城のバカです」
 「みみみ宮城!・・・宮城といえば本州バカ大将じゃないですか!これはご無礼いたしました!バカ大将殿!」
 「いやいや静岡さん頭を上げて下さい」
 「いやいや!私なんか宮城さんに比べたらまだまだバカとは呼べませんよ」
 「いやいや静岡さんも立派なバカですよ」
 「いやいやおたくほどバカじゃありません」
 「なにをおっしゃいますか!あなただってバカ野郎ですよ!」

 お互いを最上級の褒め言葉で称えあう藩士諸君も、この日ばかりは敵味方。「あそこのバカだけには負けたくねぇ!」「我が藩が日本一の馬鹿野郎なり!」と郷土愛に燃えまして、ランキングの行方に一喜一憂いたします。

 ちなみに前回のDVD第3弾の予約受付数によるランキングは以下の通りでございました。

 1位 バカの憧れ!地元「北海道」
 2位 3期連続の本州バカ隊長「宮城・福島」
 3位 副隊長に昇進!「青森・秋田・岩手・山形」
 4位 中部の勇「静岡・長野」
 5位 関東軍主将「千葉・栃木」

 ・・・というわけで、前回は「宮城勢の本州3連覇!」「静岡勢の副隊長降格!」が主なニュースでございました。果たして今回は何が起こるのか!

 さぁ、それではランキング発表の前に、今回の「地区割り」についてご説明いたしましょう。

 皆様からは毎度「各都道府県別にランキングを発表できないか?」という要望をいただきますが、こちらの資料はそもそも「ローソンさん独自の販売地区割り」を元にした集計でございます。それを特別に開示いただいているものです。ご了承下さい。

 ちなみに今回は以下のような地区に分かれて集計されています。

 まずは「北海道地区」。そして前回は「宮城・福島」と「青森・秋田・岩手・山形」の二手に分かれていた東北6県が今回、大同団結いたしまして「東北地区」としてひとつにまとまりました。前回、北海道に次ぐ「2位」「3位」を占めた両雄がひとつになったということは、実はランキングに「大激震」を引き起こす可能性が出て来たということです。つまり今まで考えもしなかった「地元・北海道の首位陥落」・・・そんな事態もあり得るのです。これまでランキングの発表を余裕で見ていた北海道勢も、今回は緊張して発表をお待ちいただきたい。
 関東(新潟を含む)は次の5地区に分かれております。「新潟・群馬・埼玉」、前回5位の「千葉・栃木・茨城」の各連合。首都・東京は「東京東部(新宿、品川、台東など東部の各区)」「東京西部(世田谷ほか西部の各区と三鷹など各市)」の2つに分割。そして闇将軍「神奈川」は一県単独地区。中部は3地区。「岐阜・三重・金沢・福井・富山」の東海北陸連合。そして前回4位の「静岡・長野」連合。我が故郷「愛知」は一県単独。関西は次の4地区。「京都・奈良・滋賀」の古都連合。大阪は「大阪南部(天王寺など南の各区と堺など各市)+和歌山」「大阪北部(福島など北の各区と池田など各市)」の2つに分かれ、「兵庫」は単独。そして「中国」「四国」と、「福岡・佐賀・長崎・大分」の九州北部、「熊本・宮崎・鹿児島・沖縄」の九州南部の各地区に分かれております。

 以上、日本全国を18地区に分けまして、いよいよこれから「どうでしょうバカ勢力図」!そのランキングを発表していくわけでございます。

 ちなみに今回の予約受付枚数は過去最高を記録。その数「約7万枚」。前回第3弾が「約5万9千枚」でしたから、1万枚以上の伸び。果たしてこの「上乗せ分」は、どの地区が伸ばしたものなのか?

 さぁ、それでは行きましょう。

 皆の衆!心の準備はよろしいかッ!

 特に!道内勢!・・・よろしいかッ!

 行くぞ!

 ローソンさんによるDVD第4弾「サイコロ3完全版」の地区別予約受付枚数!ランキングの発表ですッ!

 第1位―ッ!

 ・・・おめでとう!

 「北海道地区」!その数約2万4百枚!

 やはり強かった!首位陥落などあり得ないのだ!4連覇達成おめでとう!

 続いて第2位!

 もちろん!「東北地区」!その数!1万3千5百枚!

 すごい!北海道が2万枚ベースを維持する中、東北連合は前回の1万枚より更に3千枚を上乗せ!「あそこは熱い!」と言われてずいぶんたつが、いまだその熱は覚めやらず!まだまだ勢力を拡大し続ける東北地区!恐るべし!

 東北を代表して、今回も宮城勢に本州バカ隊長を任命しよう!

 4連覇おめでとう!

 さぁ・・・ここまではある程度予想のつく「順当」なランキングと言えましょう。問題はここからです。「当事者」の皆さん・・・緊張して下さい。行きますよ。

 DVD第4弾「サイコロ3完全版」地区別予約受付枚数!

 第3位を射止めた地区は!

 おめでとうッ!

 「静岡・長野」連合軍!その数!なんと!約5千百枚!

 前回が3千6百枚でありましたから、ここへ来て東北地区を大きく上回る40%以上の驚異の伸び率を記録!

 副隊長の座を陥落した静岡勢が奮起したのか、それとも長野勢の予想を超える躍進か、いずれにしても「関東5地区」をおさえての第3位獲得!

 おめでとう!静岡勢!副隊長に返り咲きです!

 そして第4位は!

 「千葉・栃木・茨城」連合軍!その数約5千枚!

 こちらも驚異の伸び率を記録!さすが関東軍主将!こちらも驚異の伸び率。

 さて、ここまでは前回と同じ顔ぶれが並びました。しかし「東北合併」により、今回はランキングに新顔が登場いたします。皆様の予想はいかがでしょうか?

 一体、どの地区が「全国五大バカ」に名乗りを上げるのか!

 最後になります。

 第5位の発表です!

 ついに来ました!

 おめでとう!

 「神奈川」!一県単独で堂々のランクイン!その数!約4千百枚!

 その昔、地元での「リターンズ」放送が無いにもかかわらず、掲示板への書き込みがやたらと多く、「あそこには録画テープの密輸ルートがあるに違いない」と噂され、「闇将軍」の異名を取った神奈川勢。やがてTVKさんでの念願の放送開始、最近では局舎移転による数ヶ月の放送休止という苦難を乗り越えて、今回!遂に「全国どうでしょうバカ勢力図」トップ5入り!

 おめでとう!これでキミらも大バカ野郎だ!

 さぁ、この後の順位を簡単に言っておきましょう。「新潟・群馬・埼玉」「東京東部」「東京西部」の順に関東勢が3千枚台の僅差で続き、「大阪北部」「兵庫」「京都・奈良・滋賀」「大阪南部・和歌山」の順に関西勢が続くという結果になっております。

 そして前回同様、今回も日本全国を「北海道」「東北」「関東」「中部」「近畿」「中四国」「九州」の7つのブロックに分けて、ランキングを出してみましょう。大まかな「どうバカ勢力図」です。

 ちなみに前回のランキングは、1位「北海道」2位「関東」3位「東北」4位「中部」5位「近畿」6位「中四国」7位「九州」という、結果でありました。さて今回は、どうなったか。

 ブロック別のランキングを発表いたしましょう。

 では、まいります。第1位。

 「関東」。

 ・・・関東なのである。集計してみたら驚いた。北海道2万4百枚に対し、関東5地区の合計が2万5百枚。枚数にしたらほんの百枚程度だが・・・ついに北海道が抜かれたのだ。「いつかその日が来る」とは思っていたが、そうか、ついに来たか。うむ。確実にバカの勢力は広がっているということだ。

 第2位「北海道」。
 第3位。もちろん「東北」。
 第4位。僅差で「中部」!
 第5位「近畿」!その差200枚!
 第6位「中四国」。
 第7位「九州」でございます。

 さぁ、DVD第5弾「宮崎/サイコロ韓国/カントリーサインの旅」は、来年発売予定。いったい「どうバカ勢力図」はどうなってしまうのか!興味深く見守りたい。