トップ > 番組審議会だより

番組審議会だより

 北海道テレビ放送では、番組審議会委員10名の方による放送番組審議会を設け、毎月1回(8月と12月を除く)審議会を開催して,放送番組の内容をはじめ、放送に関する全般的な問題についてご意見を伺い、番組制作の参考にさせていただいております。

 番組審議会でのご意見は,番組モニターの方のご意見とともに、2ヶ月に一度第3日曜午前5:30から放送の「あなたとHTB」でもご紹介していますのでどうぞご覧ください。

 

平成17年度放送番組審議会委員(敬称略)10名

伏島 信治 委員長(伏島プランニングオフィス代表)
中川 翼  副委員長(医療法人渓仁会 定山渓病院院長)
宮部 光幸 委員(建築家)
市村 三樹男 委員(北海道電力(株)常務取締役)
田中 英也 委員(朝日新聞北海道支社編集総務兼報道部長)
松園 直史 委員(札幌ヤクルト販売(株)代表取締役社長)
林  薫  委員(彫刻家)
朝倉 かすみ 委員(小説家)
ダイアン・ブラウン委員(エッセイスト・大学講師)
岩崎 優子 委員(弁護士)

 

第377回北海道テレビ放送番組審議会  −平成17年9月22日開催−

出席委員

伏島 信治 委員長
中川 翼 副委員長
宮部 光幸 委員
田中 英也 委員
林 薫 委員
朝倉 かすみ 委員
岩崎 優子委員

レポート提出

ダイアン・ブラウン委員

北海道テレビ側出席

代表取締役社長 荻谷 忠男
常務取締役・コンテンツ本部長 村上 裕
取締役・編成戦略センター長 井上 実于
報道情報センター長 上杉 一紀
CSR推進室・ホットラインデスク部長 山田 哲也
「ハナタレナックス」プロデューサー 福屋 渉
取締役・番組審議会事務局長 横山 憲治

 

【会社報告】

  • 10月14日から16日まで開催の「水曜どうでしょう祭り」について
  • 総選挙報道本部の開設について
  • 6月以降の視聴者応答内容報告 ほか
 

【審議内容】

HTB自社制作番組 「ハナタレナックス」についての審議委員の意見

◇ 「ハナタレナックス」は彼らのファンが楽しむ番組だと思うが、番組の視点の置き方から、各対象への気持ちが伝わって来て、出演者だけでなく制作スタッフの感覚も良いと思う。

◇撮影場所が北海道内の観光場所だったが、新たな観光スポットとか、季節ごとのイベントを意識した番組制作があると、更に視聴者も楽しく見られるのではないかと思った。

◇番組の中の会話は、一人の人間の中での自己愛、自己憎悪という心の中のヒダの範疇の中での会話のやり取りに見える。

◇番組のスタートやエンドで流れる映像を専門学校生などに募集・コンテストをして採用したものを放送しているとのことだが、今後も映像だけでなく、音響やコスチュームなどを募集をかけて放送すると、勉強している若い世代の励みになり、番組の特色にもなると思う。

◇番組を作る側、出演する側、見る側も平和なこの時間帯をそれなりに楽しんでいるということで三位一体平和番組と言えると思う。

【福屋プロデューサーからの「ハナタレナックス」についての説明】

 番組タイトルの「ハナタレナックス」は"はなたれ小僧"という言葉に加えて"光が放たれる""華のあるタレント"という三つの意味で付けております。
 おもしろく夜中にずっと笑っていただけるような親近感をもってもらうことを目標としていまして、いろいろな企画にチャレンジをしてきました。出来るだけ視聴者の方ですとか、北海道のロケーションと関係を持つ企画を放送していきたいと思っております