めぐみ横丁

2013年11月21日(木)

 

ちをる、と書いて、落語。 

2夜連続で、この方の独演会に行ってきました。 

 

100.jpg

師匠に立川談志さん、兄弟子に志の輔さん。  

 

めぐみ横丁でも何度かご紹介させて頂いた

落語家・立川談春さんの独演会。 @小樽と札幌 

2夜連続と言っても、落語の場合、演目は全て変わります。    

 

すっかり入り込んで聴いていると・・・ 

途中、はたと気づきました。 

 

「あの噺だ!」

 

蘇りました。

去年の春、兄弟子の志の輔さんが

高座でかけていた演目と同じ「抜け雀」だったんです。

テンポのよいスカッとした噺、というよりも、

余韻を楽しめる深い味わいの古典落語。

口調はもちろん、キャラクターの作り上げ方が違うので

途中まで気づきませんでした。 

  

まだまだ落語初心者ですが、 

こうして同じ演目を違う落語家さんが語るのを聴いて

頭に浮かぶシーンや人物像の違いを楽しむ

という味わい方もあるんだな、と実感しました。 

 

 

 

 

拍手喝采。 

 

「けなされると腹立つけど、褒められると不安になる。」 

こうぼそっと口にし、何度も何度も頭を下げながら、幕が下りました。  

 

200.jpg

 けなされると落ち込むけど、褒められると少し調子に乗る・・・あぁ・・・ 

 

ゾワゾワっと震えました。 

次回は、どんな場面に出会えるのでしょうか。  

 

300.jpg

この日読んだ談春さんの真打昇進までの道のりを描いたエッセイ。

          奮い立ちます。