now onair

24:15

千鳥の相席食堂 笑いと涙の融合!?毎年恒例M-1ファイナリスト街ブラ-1GP中盤戦

NEXT

めぐみ横丁

2017年12月22日(金)

年の瀬ですね。

といいつつ、正直なところ

あまりそんな気がしていなかったんですが、

ようやく実感できました。

去年、インタビュー番組

らぢおHTB「めぐみの館」にご出演頂いた

春風亭一之輔師匠の独演会@札幌  

忘年会シーズンということで

お酒にまつわる演目が多く高座にかけられました。 

001_R.jpg

"芝浜"もそのひとつ。

音楽で言えば"第九"のような存在で、 

耳にすると、もう年末かぁ、と感じます。

これまで何度も、色んな師匠の独演会やCDで聴いてきたけれど、

あんなに笑ったのは、初めてでした。

というのも、この演目は、"人情噺"と言われる

ホロリと涙が出てくるような内容だからです。本来、は。

それを、あえて笑いに昇華させ、

軽やかに、あっさりと演じる一之輔師匠。

その凄みを存分に堪能した2時間でした。 

・・・・・・今年も色んな落語会に行ったなぁ。

ずっとずーっと行ってみたかった会にも行けました。

東京・浅草の本法寺(ほんぽうじ)で、

毎年秋に開かれている『禁演落語の会』です。

002_R.JPG

戦時中、お酒や遊郭にまつわる53演目を、落語界では自主規制。

文字通り、高座で"演"じるのを"禁"止しました。 

その53演目の台本は、戦後、

本法寺の境内に建てられた"はなし塚"に埋められています。

33.jpg

江戸時代から親しまれている、落語。 

その歴史や変遷をたどりながら

お寺の荘厳な雰囲気の中で聴くと、 

一言一言が、より重く、

心に入ってくる感じがいたしました。

2018年は、どんな"笑い初め"になるんでしょうか。