ガタゴト日誌

2011年07月22日(金)

第二の開局

いよいよ来ましたね。

7月24日 テレビ放送 地上デジタル完全移行 

 さぁ、テレビ新時代の幕開けです。

 

HTBが開局して43年。

開局当時は『コンバーター』というハコが無ければHTBは映らなかったそう。

HTB1年生の大先輩方は、コンバーターを売ることが研修の一環だったとか。

というか、見られないことには始まらないですもんね^^;

 

そんなコンバーターという「魔法のハコ」から始まった

「HTBアナログ」という一つの時代が終わります。 

 

ワタクシ、先日そんなアナログ放送停波前の

最後のナレーションの原稿を読みました。

123.JPGこれでアナログ放送は終了します!!

 

久々にシビレマシタ。

だって、HTBアナログ放送、最後の最後の本~当に最後の一声なんです。

 

アナログ放送の歴史に泥を塗らないか心配で心配で

夜も眠れないかと思いましたが(いや、寝た。というかナレーションは朝来た)

43年の歴史を、諸先輩方の想いを感じ、ココロを込めて読ませていただきました。

初鳴き(アナウンサーとしてのデビュー)の次にキンチョーしたかもしれません。

 

HTB第二の開局とも言える日までもう本当に残りわずか!!

テレビ新時代になっても、

HTB 北海道テレビは、全道に、いや全国に、いやいや全世界に

そのとき必要な、情報を、感動を、笑いを、涙を、全力でお届けします!!