FFFFF(エフファイブ)

  • トップ
  • これまでの放送
  • HTB SPORTS
 

これまでの放送

第647回7月5日の放送

これまで 北海道日本ハムファイターズで活躍した全ての選手・コーチ・監督の中から
もっともカッコイイ人を選ぶ、"イケメン総選挙"を実施!
今回、視聴者の方々に投票をお願いしたところ1259件もの投票が集まりました。
選りすぐりのかっこいいお宝映像を集めて、ランキング形式で大発表します!
皆さんが選んだ選手は入っているでしょうか?

第646回6月28日の放送

昨季最多勝のタイトルを獲得するなど、球界を代表する右腕へと成長した有原航平。
飛躍の理由を本人とチームメイトに加え、対戦相手となる2年連続HR王の西武・山川穂
高にも聞きました。プロならではの技術論は必見です。
さらに大谷翔平が暴露したプライベートの秘密に、高校時代の秘蔵映像も!
異例のスタートを切った2020年シーズン開幕戦の様子と合わせてお伝えします。

第645回6月21日の放送

無観客、開幕延期、試合数減。これまでにない調整が続く中、ついに2020シーズンが始まった。春季キャンプを終え北海道に帰ってきたチームの、開幕までの道のりを振り返ります。応援してくれるファンのために、ファイターズが行ってきたこと。全体練習自粛期間にもチームはファンへメッセージを送り続けていました。また、北海道移転後の開幕戦名場面も。新庄・ダルビッシュ・大谷など、ファンを魅了してきたこれまでの開幕戦も紹介します。

第644回6月14日

番組ではこれまで、選手たちのルーツを探るべく、選手の地元を徹底取材してきました。
宮西投手や現役時代の飯山コーチが思わず赤面してしまった幼少期のお宝とは?中島選手は、ある人物からの手紙に思わず笑みがこぼれます。玉井投手は、幼なじみが素顔を暴露。その他、鶴岡選手・上沢投手・石川直也投手の里帰りにも密着しています。普段は見られないリラックスした姿の選手たち。秘蔵映像満載です!

第643回6月7日の放送

今回のFFFFFは、今や主力へと成長した選手たちの若手時代にタイムスリップ!
キャプテン西川遥輝がルーキー時代目標にしていた選手とは!?
中島卓也・杉谷拳士と3人での初々しいトークも!
上沢直之、近藤健介、松本剛の仲良し同期は「ある写真」に抱腹絶倒!
FFFFF独自の映像で、彼らの「成長」を振り返ります。
プロ野球開幕決定!選手からファンへのメッセージも。

第642回5月31日の放送

ドラフト1位でファイターズに入団し、メジャーリーグでも活躍を続けているダルビッシュ有と大谷翔平。北海道から世界に飛び出した2人の、北の大地での足跡を、番組独自映像を交えて振り返ります。
ダルビッシュは、番組名物企画の「フィフティーンボイス」にも登場。選手ロッカーでの様子や意外な趣味の話を披露。
大谷翔平は、当時バッテリーを組んでいた大野奨太捕手との対談で、二刀流の未来像を語っています。
共に背番号11を背負った2人の成長物語です。

第641回5月24日の放送

2004年、北海道にチームが誕生して以降、北海道日本ハムファイターズで活躍した
全ての選手の中からベストナインを選ぶとしたら一体どんなメンバーになるのか。
今回は夢のベストナインの後編です!
視聴者から寄せられた1300件を超える投票で決まった、内野手・外野手を
番組独自の秘蔵映像を交えながら大発表!
皆さんが選んだドリームチームは、一体どんな顔ぶれになるんでしょうか。

第640回5月17日の放送

2004年、北海道にチームが誕生して以降、北海道日本ハムファイターズで活躍した全ての
選手の中からベストナインを選ぶとしたら一体どんなメンバーになるのか。今回、視聴者
の方々に投票をお願いしたところ1300件を超える数多くの票が集まりました。
それぞれのポジションで最も多くの票を獲得した、夢のベストナインを番組独自の秘蔵映
像を交えながら大発表!皆さんが選んだ選手は入っているでしょうか?

第639回5月10日の放送

力強い投球と普段のかわいい姿とのギャップで女性ファンに大人気の堀瑞輝投手。自分の取扱説明書を作り、解説する「Fのトリセツ」に登場です。先輩投手たちとハマっているゲーム話やシーズンオフに見せた金髪パーマヘアの裏話、さらには非常に珍しい手相の持ち主であることが判明するなど、堀投手の素顔が満載です。先輩からのタレコミ情報で発
覚する意外なプライベートに本人の反応は?シーズン開幕を持ち望むファンのみなさん、堀投手の笑顔に癒されてください。

第638回5月3日の放送

ファイターズが誇る主砲・中田翔。
新型コロナウイルスの影響で、開幕延期となったものの、今年の春のキャンプから、栗山
監督が「過去一番いい」と絶賛する圧巻のバッティングを披露。シーズンでの活躍を期待
させていました。
中田が「一歩踏み出すところまできている」と、大きな手応えを感じているバッティング
。進化の正体と、そこにいたる軌跡を、番組独自の視点で振り返ります。
一方で、3人の子供の話題になると、思わず目尻が下がります。普段球場では見られない
柔らかい表情で語る、子供との家での過ごし方などにも注目です。


 
DOKO Ga TV