FFFFF(エフファイブ)

これまでの放送

第682回4月4日「豪華!OB解説陣2021年大予想!!」

毎年恒例!FFFFFでしか見られないシーズン大予想スペシャルです。
今回も岩本勉さん、建山義紀さん、稲田直人さん、森本稀哲さんの豪華OB陣が集結!
「野球大好きおじさん」ことヒロ福地さんに加え、今回は初登場のイチモニ!スポーツ担当、小俣沙織さんも「ファン代表」として参戦。パ・リーグ順位とファイターズのブレイク候補を予想します!6人はファイターズを何位に予想するんでしょうか!?

第681回3月28日「15voice ことし ブレイクしそうな選手は誰?」

あるテーマに基づき、選手15人にアンケートを実施。チームのナンバー1を決める名物企画"フィフティーンボイス"。今回は、「今シーズン、ブレイクしそうな選手」を聞きました。勝利の鍵を握るのはいったい誰なのか。共に汗を流す選手だからこその視点で回答してくれました。
そんな中、松本剛選手からは、まさかのクレームが!?一体何が不満だったんでしょうか。

第680回3月21日「栗山監督が語る今季の戦い方とは?同期3人の10年目」

原点回帰の意味を込めた「01karat~イチカラ~」をスローガンに掲げた今シーズンの
ファイターズ。
就任10年目の指揮を執る栗山監督は、どんな戦い方を思い描いているのだろうか。
「崩れた時ほど強くなる」と話したレギュラー争い。「使い方によっての勝ち星の差がつきそう」と話す先発投手陣。そして、テコ入れをしたリリーフ陣の3つのポイントを中心に戦い方を探ります。
さらに、プロ10年目を迎えた、上沢投手・近藤選手・松本選手。
彼ら3人はどんな思いで節目のシーズンを迎えるのか。

第679回3月14日「春季キャンプこんなシーンもありました」

春季キャンプで取材した多くの選手インタビューの中から厳選した蔵出し映像を大放出!。シーズンオフに右ひじの手術を行いファームでの調整を続けた道産子・玉井大翔投手は「開幕に間に合うようにやっている」と現在の状況を語るほか、リハビリ中に先輩たちから掛けられた言葉や明るくなった髪の色なども。他にも、ベテラン・宮西投手から番組へのクレームや一軍選手と合流したルーキーたちの様子など、たくさんの選手が登場します。

第679回3月14日「春季キャンプこんなシーンもありました」

春季キャンプで取材した多くの選手インタビューの中から厳選した蔵出し映像を大放出!。シーズンオフに右ひじの手術を行いファームでの調整を続けた道産子・玉井大翔投手は「開幕に間に合うようにやっている」と現在の状況を語るほか、リハビリ中に先輩たちから掛けられた言葉や明るくなった髪の色なども。他にも、ベテラン・宮西投手から番組へのクレームや一軍選手と合流したルーキーたちの様子など、たくさんの選手が登場します。

第678回3月7日「野村佑希&万波中正 ブレイク必至!同学年コンビのクロストーク」

2人の選手に同じ質問を投げかけ、共通点や違いを導き出す「クロストーク」
今回は野村佑希選手と万波中正選手の「二十歳の同学年コンビ」に挑戦してもらいました!
お互いに「ライバル」と話す2人が、特に「負けたくない」こととは!?
インタビュー終了後には、万波選手のある「こだわり」が思わぬ方向に・・・
プロ野球人生2年間を振り返っての自己採点や、ブレイクが期待される2021年シーズンに向けての思いもたっぷり語ってくれました!

第677回2月28日「河野竜生 西村天裕 先発ローテーション入りへの思い」

先発ローテーション入りを目指す、河野竜生投手、西村天裕投手の今シーズンに懸ける思いに迫ります。ルーキーだった昨シーズン、あるバッターから大きな衝撃を受けた河野投手。その経験を、今シーズンの飛躍につなげようとしています。中継ぎから先発へ転向する西村投手は、自らの投球について注目してほしい意外なポイントを教えてくれました。また、河野投手からは、明るくなった髪色のマル秘エピソード、西村投手からは、番組で伝えてほしいというあるお願いが...。
2人の素顔もたっぷりとお伝えします。

第676回2月21日「新選手会長・近藤健介 首位打者への道」

プロ10年目のシーズンを迎える近藤健介選手。
2年連続で最高出塁率のタイトルに輝いた球界を代表するバッターです。
卓越した打撃センスの持ち主が実践するバッティング理論とは一体?
そして目標に掲げている「首位打者」への思いとは...

第675回2月14日の放送「15voice「チームで一番バレンタインチョコをもらえるのはダレ?」

番組の名物企画、選手15人のアンケートでチームのナンバーワンを決める「15voice(フィフティーンボイス)」がおよそ1年ぶりに復活!テーマは「チームで一番バレンタインチョコをもらえるのはダレ?」。
3年前に甲子園で大旋風を巻き起こしたイケメン投手か、はたまた「誰がどう考えてもそうなる」という大本命か選ばれるのか?
「周りは段ボールでたくさん届くのに自分は...」と自虐ネタも交えた㊙エピソードをお楽しみください。

第674回2月7日「新人選手が挑戦!Fのトリセツ」

FFFFFの名物企画、自身の取扱説明書をつくる「Fのトリセツ。」に
新人選手たちが挑戦。趣味や性格、アピールポイントなどを教えてくれました。
100m日本記録保持者のサニブラウン選手に勝ったことがあるスピードスター・五十幡
(いそばた)亮汰選手。大学日本代表にも選ばれたイケメン九州男児・古川裕大選手。異
例の選手兼ファンクラブ会員、札幌出身で6人兄弟の長男・今川優馬選手。それぞれの個
性が丸わかりです。