これまでの放送

イチモニ! > これまでの放送 > 新ひだか町のブランド黒毛和牛「こぶ黒」

2019年1月12日(土)放送

食のチカラ

新ひだか町のブランド黒毛和牛「こぶ黒」


きょうの食のチカラは、
新ひだか町のブランド黒毛和牛「こぶ黒」!
「こぶ黒」とは、
昆布の「こぶ」と黒毛和牛の「黒」からついた名前で、
その名の通り、昆布を食べて育った黒毛和牛なんです。

昆布はもちろん、地元でとれる高級日高昆布。
加工するさいに出る破片やくずをもらってきて、
牛に与えているそう。
つまり、人と食べている昆布の質は変わらないんです。

さらに、出荷直前に「もち米」を与えることで、
とろける脂身へと仕上げます。
こうして育て上げられた「こぶ黒」は、ステーキなら
後ろ足の希少部位「シンシン」をいだたくのがオススメ!
爽やかな脂身としっかりとした赤みの味との絶妙なバランスで、
口いっぱいに肉のうまみが染み渡ります。

さらにハンバーグは、
日高昆布を使った目から鱗のご当地レシピでいただきます!

ひき肉を練ってから調味料を加えます。
ニンニク、マヨネーズをお好みでOK。
続いて、塩、黒コショウ、玉ねぎ、パン粉を加えますが、
手の熱で脂が溶けてしまうため、肉に触る回数は少なめに!
肉の柔らかさは牛乳で調整。耳たぶの柔らかさが目安です。
形を整えてフライパンで焼いていきますが、
ここからが目から鱗ポイント!
フライパンの火は弱火で、昆布をのせ、
その上にハンバーグを置きます。
「こぶ黒」は脂の融点が低いため、
火が強いと脂が全部溶けだしちゃうんです。
そしてひっくり返すと、今度は上から下に、
昆布からハンバーグへと味が染み込んでいきます。
焼き時間は両面で約15分。弱火で油いらずの楽ちん料理♪

ハンバーグそのものがおいしいことはもちろん!
肉汁のうまみを余すことなく抱きしめた昆布は、
甘みが出てさらに風味豊かにいただくことができるんです。
ぜひみなさんも味わってみてはいかがでしょうか?

記事一覧

募集中!!

  • 動画投稿はこちらから
  • イチオシ!番組参加者募集