これまでの放送

イチモニ! > これまでの放送 > 進化を続ける‟つけ麺"の名店

2019年8月21日(水)放送

イマ☆コレ!

進化を続ける‟つけ麺"の名店

20190821025734-63ab5d17e62e2df5fec8ae1db76a5746ef36ec5e.jpg
今回は、北海道でも身近になってきた"つけ麺"の特集!
すでに人気店でありながら、さらなる旨さを求めて
進化を続けている"つけ麺"の名店をご紹介します。
20190821025735-beddd169ed2eeedef40e6c0a6d9acc998e084a38.jpg
20190821025735-10a3b1350638dc28010a951b9b4188712f374aab.jpg
まずは家族連れで賑わう『ブランチ札幌月寒』に
オープンした『Shin.月寒店』。
まだ北海道につけ麺が根付いていなかった時代から
つけ麺専門店として展開してきたパイオニアの新店です。
20190821025739-5e50d11bb2e9ce69710f973cdc1eac451d1501da.jpg
テーマは「家族で楽しめるつけ麺」。
麺は本店で提供していた時よりも細く長くし
子どもでも食べやすく、つけダレが絡むように改良しました。
本場・東京のテイストを残しつつ、道民の舌に合わせた
濃厚魚介豚骨のつけ麺を家族で味わってみては?
20190821025734-6ea9f8d46095a04763ab9fb919e2e188a9be28fe.jpg
20190821025735-de0562cbc33461ddde4eeb3e33ce40fe3db77c86.jpg
2年前、地下鉄・南平岸駅のすぐ目の前にオープンし
瞬く間に人気店となった『らーめん つけ麺 NOFUJI』。
看板メニューは「特製魚介醤油つけ麺」。
3日間かけて作る豚骨と魚介のダブルスープを使い、
背脂を散らした濃厚なつけダレで、
道産小麦100%の極太麺をいただく一品はリピーター続出です。
名店と呼ばれる所以はそれだけではありません。
20190821025736-ee929bdf1f177bddb72ea535387054ac098165a6.jpg
20190821025735-1b351e8e2a2366837954bf97089931a50bc938e1.jpg
これまで様々な創作つけ麺を作り出し、期間限定で提供。
その限定麺を目当てにやってくるお客さんも多いんです。
いま頂けるのは、夏の日差しをたっぷり浴びた
新鮮野菜が彩りを添える「極太平打ちVegeつけ麺」。
ニンニクを焦がした油"マー油"が覆う香ばしいつけダレと
野菜の自然な甘みが見事に調和する一品です。
来月6日まで食べられます。ぜひ食べ逃しなく!
20190821025735-f97bf21a9f596cc05d49ee94a2b2a4453c4fdd4b.jpg
20190821025735-c1165dafc116ef9a4e9743b2d9b9adbfd771d247.jpg
北海道のご当地つけ麺を生み出した
『札幌つけ麺 風らい堂』も進化していました。
※「らい」の字は「木」ヘンに「來」
火柱を立てて野菜・ひき肉をあおる
札幌ラーメンの調理法を取り入れた「札幌つけ麺」は
全国大会で賞も獲得した一品。
去年、日本一を狙い大会に再び参戦したものの敗れ、
その悔しさから大改良したんです。
20190821025739-f236a41b366d927e2036ff2e5cda01b500175177.jpg
20190821025738-9118ed61e671ac0612c44616bad20483d4b3da26.jpg
つけダレに使う材料の量を倍に増やし濃度をアップ。
麺は、旭川の名店『らーめん山頭火』の創業者・畠中仁さんと
小林製麺が手を組んで開発した特製麺を特別に使わせてもらっています。
旨味たっぷりで、豚骨のゼラチン質によりトロトロのつけダレと
それに負けない小麦の香りが強い麺により、パンチの効いた一品です。
日本一を狙い、生まれ変わった味を堪能あれ!

記事一覧

募集中!!

  • 動画投稿はこちらから