2009年8月3日放送~

君影草(前・後編)

脚本:音尾琢真 演出:長沼里奈

◆後編◆
遺産を巡って対立する和子と裕司。裕司は和子を殺すことを計画し山中でトリカブトを採取する。その晩、食卓には山菜の天ぷらが並んでいる。あとはその天ぷらを和子が食べれば・・・。しかしここで沙耶が「コレはトリカブトですよね!」と裕司に詰め寄る。実は裕司が山中でトリカブトを採取する様子を悟が目撃していたのだ。突然の沙耶の言葉に動揺する裕司。しかし直後、裕司が何とその天ぷらを口に運んだのだ。コレで気が済んだか?とばかりの裕司。それはトリカブトではなかった。自分の早とちりだと思い即座に謝罪する沙耶と悟。実は妻のみゆきが裕司の殺人計画を止めていたのだ。これまで愛する夫の行動をただ静かに見守ってきたみゆき。そのみゆきの判断で殺人計画は遂行されないまま終った…かに思えたのだが。それから数日して沙耶、悟にある人のニュースが届く。それは何と和子。和子が毒性のある野草を誤って食べてしまったたのだという。何とか最悪の事態は免れたものの、突然の知らせに驚く二人。和子が誤って食べてしまった野草はスズラン…別名、君影草。しかしスズランには可憐な白い花が咲くため普通は間違えることはないという。すると沙耶はあることを思い出す。それは裕司の妻、みゆきがスズランの花だけを摘み取っていたこと。この一件、本当に単なる事故だったのか?それとも愛する夫のために…というみゆきの、女の情念だったのか。
(2009年8月10日OA)

◆前編◆
神宮司沙耶(米村美咲)、悟(藤澤佑伸健)の兄弟は叔母の竹村和子(曽川留三子)の家に行くことに。夫が他界し一人暮らしとなった和子を手伝いに来たのだ。するとそこには和子の息子夫婦である竹村裕司(斎藤歩)、みゆき(吉田羊)の二人が。長い間、連絡もよこさなかった息子夫婦が突然帰ってきたというのだ。しかもなにやら和子と裕司はもめている様子。理由は竹村家の遺産相続。裕司は「自分が生まれ育った家を返して欲しい」と激しく詰め寄る。実は和子と裕司に血のつながりはなく、和子は裕司の実父の後妻なのだ。しかも裕司は同居していた当時から和子を良く思ってはいなかったという。対する和子も「夫との思い出が詰まっているこの家に住みたい」と譲るつもりはない。年老いて一人身となった和子に対して非情に冷たく当たる裕司。沙耶と悟は和子に同情し始める。こうして二人は遺産相続のトラブルに巻き込まれていく。そんな中、裕司が何かを探して森の中へ。妻のみゆきも後を追う。すると裕司がみゆきにつぶやく… 「コレを使おう。」それはなんと猛毒の野草、トリカブト。果して裕司はどんな行動に出るのか?
(2009年8月3日OA)

登場人物

神宮司 沙耶

米村美咲

1982年11月13日生まれ 北海道旭川市出身

主な出演作品:テレビ番組「アイドルの穴~日テレジェニックを探せ!~」('09)、映画「赤い糸」('08)などなど。北海道出身タレントとしては初の日テレジェニックに2009に選ばれる。

神宮司 悟(沙耶の弟)

藤澤佑伸健

1999年10月15日生まれ 北海道札幌市出身

竹村 和子(沙耶のおば)

曽川留三子

1956年4月14日生まれ 北海道出身

主な出演作品:テレビドラマ「愛のことば」('01)、「恋するトップレディ」('01)などなど多数

竹村 裕司(和子の義理の息子)

斎藤歩

1964年12月20日生まれ 北海道出身

主な出演作品:テレビドラマ「HERO」('01)、相棒6('01)、映画「血と骨」('04)、「クローズZEROII」などなど多数

竹村 みゆき(裕司の妻)

吉田羊

福岡県久留米市出身

主な出演作品:テレビドラマ「7人の女弁護士」('08)、「Mr.Brain」('09)、映画「20世紀少年第2章 最後の希望」('08)などなど多数

佐藤 圭人(沙耶の同級生)

佐々木駿

北海道出身

先生(沙耶が通う学校の先生)

音尾琢真

1976年3月21日生まれ 北海道旭川市出身

TEAM NACS

我らが「スバセカ劇場」で座長をつとめます。

主な出演作:映画「river」('03)、「ハウルの動く城」('04)、テレビドラマ「相棒」('05)、「暴れん坊ママ」('07)、「貧乏男子 ボンビーメン」('07)、舞台「水曜天幕團」('03)、「HONOR~守り続けた痛みと共に」('07)、など多数