青いツバメ

秋野豊ヒストリー

1950年7月1日 秋野豊・小樽市入船にて生まれる (姉2人、兄2人、弟1人)
1963年【12歳】 小樽市量徳小学校卒業
1967年〜69年 北海道小樽潮陵高等学校・柔道部にて活躍
1969年【18歳】 高3のとき「プラハの春」に衝撃を受ける。
北海道小樽潮陵高等学校卒業・同志社大学に入学するもなじめず
1974年【23歳】 早稲田大学政経学部卒業・北海道大学法学部学士入学
1974年【24歳】 結婚(妻・洋子)
1976年【25歳】 北海道大学法学部卒業・北海道大学大学院法学研究科に進学。
国際政治学を専攻、とくにチェコスロバキア問題に関心
1977年【26歳】 長女・さやか誕生
1978年【27歳】 北海道大学法学研究科修士課程修了・博士課程に進学
1979年8月〜
81年【29歳】〜【31歳】
家族同伴でロンドンへ留学・ロンドン大学スラブ東欧学研究所で
東欧を中心としたソ連圏とヨーロッパとの関係を研究
1981年【31歳】 帰国・北海道大学法学部助手・スラブ研究センター研究員を兼務
次女・ひかる誕生
1983年【33歳】 北海道大学法学博士号取得
1983年〜1985年【35歳】 在ソ連邦日本大使館(モスクワ)専門調査員に家族を同伴して出向
長女・さやか【5歳8月】次女・ひかる【1歳9月】
1985年【35歳】 帰国後、北大助手に復帰
1986年【36歳】 筑波大学社会科学系講師として勤務・家族とともにつくば市に移住
1988年【38歳】 筑波大学社会科学系助教授に就任
1992年〜94年【44歳】 米国東西研究所・在プラハ欧州センターのプロジェクトに大学の授業のかたわら参加、頻繁にチェコに出向く
1997年【47歳】 日本国際交流センターによる「ロシア・中央アジア対話ミッション」に講師として参加、小渕恵三外相らと面識を得る
1998年4月25日【47歳】 外務省に入省、4ヶ月間の予定で国連タジキスタン監視団(UNMOT)政務官としてタジキスタン・ドゥシャンベに赴く
1998年7月20日【48歳】 反政府指導者との交渉を終え帰る途中、ドゥシャンベ東方170キロの山岳地帯で何者かに銃撃され、3名の国連関係者とともに最後を遂げる




Copyright © HTB All Rights Reserved.
「青いツバメ」トップへ