アートアクアリウム展

2013年11月30日(土)~2014年1月19日(日)

  • アートアクアリウム展トップページ
  • アートアクアリウムとは?
  • FAQ
  • フォトギャラリー
  • ナイトアクアリウム

毎日18時から「ナイトアクアリウム」を開催いたします。

音楽と照明の演出を変え、ドリンクを片手にゆったりと金魚の水中アートを鑑賞できる エンターテインメント性の高い、大人の空間を演出いたします。

ドリンクは、「オリジナル 金魚カクテル」から「ビール」などをご用意。
毎週、金・土曜日にはDJパフォーマンスもあり、札幌の夜を個性豊かに彩ります。

※アートアクアリウムと展示作品は、同様です。
※入場料金同一・入れ替え無し/ドリンク代別。
※ドリンクは、ご注文いただくなくても展覧会をご鑑賞いただけますが、ドリンクの持ち込みはご遠慮ください。

KEN ISHII
KEN ISHII

KEN ISHII
Biography

世界デビュー20周年を記念し、東京・日本橋、愛知・名古屋に続き
クリスマス・イブにスペシャルセットを披露!

アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、
1年の2/3もの時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごす。
04年、スペイン・イビサ島で開催のダンス・ミュージック界最高峰「DJ AWARDS」で“BEST TECHNO DJ”を受賞し、名実ともに世界1を獲得。
2010年には、東京都現代美術館で行われた「サイバーアーツジャパン」に出展した、3Dインスタレーション作品への参加や、
ミッドタウンの館内BGMのミックスを2年間担当するなど、楽曲制作、DJに加え、さまざまな活動を展開。

そして新たに起ち上げたプロジェクト「Ken Ishii presents Metropolitan Harmonic Formulas」で菊地成孔、Emi Meyer、Jazztronik、
Alex from Tokyo、Masaki Sakamotoとコラボレーション、Mr Fingers「Can You Feel It」、Soft House Company「A Little Piano...」をカバーし、
他のアーティストや異ジャンルの音楽ともクロスオーバーするエレクトロニック・ミュージックを作り上げた。

2013年は、世界デビュー20周年を迎え、その手始めにドイツのトップ・レーベル〈Systematic Recordings〉の主宰者マーク・ロンボイと共に
初のコラボレーション・アルバム「Taiyo -2CD-」をリリースする。
デトロイト・テクノやアシッド、ミニマル、ディープ・ハウスなど多用な表情を、彼ら二人の絶妙なサウンド・バランスで丹念に作り込んだ
究極のアルバムに仕上がっている。
リミキサーには「Red2」などのヒットでおなじみの重鎮デイヴ・クラーク、〈Soma Records〉などで知られるファンク・ドヴォイド、
スウェーデン次世代ミニマリストのスカッジ、〈Traum〉や〈Herzblut〉レーベルで知られるマックス・クーパーらが参加。
また国内盤ボーナスとして、DJ Wada、DJ Sodeyama、Hideo Kobayashiらがリミックスで参戦。加えて自身もセルフ・リミックスしている。
これは、2013年のクラブ・シーンを席巻する世界的話題作である。

公式サイト:http://www.kenishii.com


ナイトアクアリウム出演日
12/24(Tue)
Fuminori Kagajo

Fuminori Kagajo
Biography

DJ/プロデューサー。96年、DJ活動を始める。
札幌を拠点としながら、日本国内、イギリスにてクラブ、ラウンジ、ファッションショーなどで活躍。
地元・札幌にて、Frankie Knuckles、Ian Pooley等のサポートDJを務める。

2011年、『SOULS』『BEATS』等の楽曲で人気を博した、クラブ・ミュージック・ディーヴァのパイオニア的存在でもあり、日本を代表する歌姫、birdをフィーチャーした『Beautiful Sky feat. bird』を発表し、FM NORTH WAVE 2011年10月度のMEGA PLAYを獲得。

その後もコンスタントに楽曲のリリースを重ねていく中、自身がレジデントDJを務めるイベント『Cross Generation』をイメージしたコンピレーションをイタリアの老舗レーベル、IRMA Recordsからリリースする。

また、2013年よりクロスホテル札幌のサウンドブラン ディングを担当するなど精力的に活動。今後も活躍が期待される注目の日本人DJ / プロデューサーの1人である。

ナイトアクアリウム出演日
11/30(Sat)
12/21(Sat)、22(Sun)
2014/1/4(Sat)、18(Sat)

http://soundcloud.com/fumi
http://scherzosketch.com/blog/fumi
http://www.scherzosketch.com
Fuminori Kagajo

Naohito Uchiyama
Biography


優美な旋律と独自のファンクネスが生み出すグルーヴが特徴的なプロダクションや、よりダンスグルーヴに意識を集中させたDJプロジェクト「Nus」で、札幌を中心に活動するプロデューサー、DJ。

キャリア初期より一貫して北方圏アーティスト特有のサウンドスケープを展開、根幹にあるものから沸き上ってきたメッセージを音に込め、 音楽として表現する。
その楽曲は、人の心に響いて余韻を残し、ある一生の一瞬を彩る音楽でありたいとこの世に生まれる。

ドイツに拠点を置くレーベル「Statik Entertainment」など国内外のレーベル群からもリリースを重ね、Ellen AllienによるMixmag CDに自身が手がけたリミックストラックが 収録されるなど他国からの注目も高いといえる。

ベルリンやバンコク等の海外都市でもライブやDJを行い、詩人谷川俊太郎、賢作親子とのライブコラボレーションや映像作品、 BS放送や民放CM等への楽曲提供も行うなど多様な活動を展開している。

ナイトアクアリウム出演日
12/7(Sat)、14(Sat)、23(Mon)
2014/1/11(Sat)、17(Fri)


www.flavors.me/nusonus
www.official.fm/nu808
http://www.residentadvisor.net/dj/naohitouchiyama
Fuminori Kagajo

DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST
Biography


「DJ TAMA THE UNIVERSAL」
“DJ”という職業、業(ごう)を通して、札幌を起点にあらゆる人種や音楽ファンをコネクトする「プロ中のプロ」、それがDJ TAMA a.k.a SPC FINEST である。プレイ・スタイルは、新旧問わず,ありとあらゆるジャンルから自身のフィルターを通した”踊れる”サウンドを抽出し、クラブ・イヴェントからドームクラスのアリーナまでメインを張れるDJとして、フロアを熱狂の渦に変えてきた。

彼の持ち味は、その“機を見るに敏なセットの使い分け”にある。
例えば、バトルDJ/スクラッチ・テクニシャンとしては“日本チャンピオン”に輝いたほどのスキルを持ち、海外のターンテーブリスト達からも 注目されているだけに、現在もショウケースを披露する際は必ずフロアの視線をDJブースに釘付けにするくらいの“構成力”を誇っている。

札幌在住ながら日本全国そして世界へと活動範囲を着々と広げ、DJとしての可能性を広げ続けている
DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST の今後には期待しすぎて損はない。

ナイトアクアリウム出演日
12/6(Fri)、13(Fri)、20(Fri)
2014/1/3(Fri)、10(Fri)



RADIO MIX SHOW 『FRIDAY BUTTERFLY』 on AIR-G 80.4FM 毎月第1・第3日曜日 21:00-

Regular Party
『The Finest』@ ACID ROOM 札幌
『NIGHT PARK』@MICROCOSMOS 渋谷 東京
『baroque』@ ACID ROOM 札幌
『The Militia』 @ BOOTY 札幌
『Peach』@ alife Sapporo札幌
『NATIVE MIND』@ MORROW ZONE 札幌
『LOTUS nano』@ Lacquer Soul D 札幌

MORE INFO
http://www.djtama.com
http://twitter.com/spcfinest https://www.facebook.com/spcfinest
http://ameblo.jp/spcfinest