ストーリー

グローバルナビゲーション
  • サイトトップ
  • ストーリー
  • メッセージ
  • 登場人物
  • キャスト・スタッフ
  • 各地放送予定
  • フォトギャラリー
  • ロケ地&おすすめMAP
写真

律子(安藤聖)が美瑛に帰って来た。この間から、駅前の売店でソフトクリームを売っている。
彼女の帰郷は瞬く間に町の人の知るところとなった。 律子は高校を卒業すると同時に女優を目指し上京した。
いっときはテレビに出たものの、ほぼ鳴かず飛ばず。ついには男にも捨てられ、傷心での里帰りなのだという。
そんな話を聞いた農家の春夫(金子貴俊)は、気が気ではない。
ずいぶん昔に律子に振られ、今も未練を残しているのだった。
律子の親友・信代(小林きな子)は、傷ついた律子を心配する一方、
これまで全く浮いた話の出ない春夫のことも気にかかり、ならばいっそのこと二人をくっつけようと思い立つ。
信代の思いつきは、春夫の姪・サチ(福田麻由子)にも伝わり、母親(藤田弓子)まで作戦に加わることとなった。春夫の周りみんなで、春夫の恋を成就させようというわけだ。
この作戦の中心にいるのは、町の若者の間で「恋愛の神様」と呼ばれる職業不詳の男(きたろう)だった。

写真