台風10号・災害関連情報

2016年の台風10号の接近に伴う大雨等のため、道内各地で川が氾濫し住宅の浸水や、橋の崩落など被害が相次ぎました。
この災害関連のHTBニュースをまとめてお伝えいたします。

大雨災害 onちゃん募金

報告とお礼

 この夏、北日本を襲った大雨(台風9・10・11号等)による北海道の被災地域に対し、HTBでは2016年9月12日(月)から9月30日(金)まで「大雨災害 onちゃん募金」を開設しました。

集まった金額は、

1,475,833円

となりましたのでご報告いたします。

  10月4日(火)、お寄せいただいたonちゃん募金を日本赤十字社北海道支部へ寄付いたしました。

 多くの皆さまからのご支援に、心より感謝申し上げます。

10月1日(土)午後3時30分から
イチオシ!ニューススペシャル「検証・氾濫」を放送します

詳しい番組内容はこちら
前の20件 1234567

川氾濫 南富良野町 復旧がはじまる

2.jpg 空知川の堤防が決壊しまちの中心部に土砂が流入した南富良野町ではけさから自衛隊などによる復旧作業が始まっています。
 川の氾濫で南富良野町の避難所となっていた建物にも大量の土砂が流れ込みました。
 けさ午前8時から陸上自衛隊による復旧作業が始まり、重機などを使ってあたりいったいの土砂の撤去が行われています。
 また、ボランティアによる清掃活動も行われていて土砂が入り込んだ一般住宅や町内の施設の清掃を行っています。

(HTBニュース)

JR運休続く コンテナも足止め2500個

 大雨によるJRへの影響が深刻です.
 9月2日も199本の運休のほかJR貨物ではおよそ2500個のコンテナが滞留したままになっています。JR根室線では線路の地盤が流されるなどして札幌と帯広釧路を結ぶ特急は一か月以上運休することが決まっています。
 また、函館線では200本以上の倒木の影響で運転見合わせの区間が出るなど、きょうも全道で199本が運休となっています。
 またJR貨物によりますと現在、道内や道外へのコンテナの輸送が出来なくなっていて札幌などの貨物駅ではコンテナおよそ2500個が留め置かれてたままになっています。

(HTBニュース)

JR影響続く 201本運休 復旧のめど立たず

 交通にも大きな影響が続いています。JRは線路が壊滅的なダメージを受け、1日も200本以上が運休しました。復旧のめどは立っていません。

(HTBニュース)

不明3人見つからず 断水・停電・農業被害続く

 崩落した橋から車が転落し、行方不明となっている3人ですが、捜索は難航し1日は発見に至りませんでした。  
 また、断水や停電、農業被害など生活に大きな打撃となっています。

(HTBニュース)

橋から川に転落した車に乗っていた3人の捜索続く

01.jpg 台風10号による大雨の影響で崩落した橋から車で転落し、行方不明となっている3人の捜索が1日も続いています。
 台風10号による大雨で橋が崩落し川へ転落した車。1日午後2時ごろ、十勝の清水町のペケレベツ川から引き上げられました。車が引き上げられた現場は、崩落した清見橋から150mほど下流です。この車を運転していた70代の男性はまだ発見されていません。警察などの捜索が続いています。
 また、大樹町では1日午前6時半ごろ、崩落したヌビナイ橋のたもとで行方不明になっている鈴木洋平さん28歳の運転する車が見つかりました。鈴木さんの行方も分かっていません。
 一方、新得町の神社橋でも車1台が転落したとみられ、運転していた70代の男性の捜索が行われています。
 道内で行方不明となっている3人。いずれの場所も依然として川の流れが早い状態が続き、捜索は難航しています。

(HTBニュース)

台風による生活への影響 新得町は約8割世帯が断水

02.jpg 台風10号は、市民の生活に大きな影響を及ぼしています。十勝の新得町ではマチの8割近くで断水が続いています。
 川の水があふれ町内の一部が水につかった新得町では、水が引いた1日はいたるところで土砂の撤去作業が進められていました。しかし、マチの8割近くにあたる2600世帯で断水が続いていて、町内の5ヵ所に給水所が設けられています。
 新得町特産のそばの店も水が使えず営業を中止しています。断水によって調理ができないことに加え、店の中まで浸水し泥で汚れた壁や床の掃除に追われていました。
 店主は、「こんなことは100年続く店で初めて」と話していました。

(HTBニュース)

台風などの影響でJR北海道は1日も201本が運休

03.jpg 台風10号の影響で、JR北海道は1日も根室線や函館線などで201本が運休しました。函館駅は観光客でごった返しています。
 根室線は、新得駅に近い3ヵ所で橋が崩落し、札幌と帯広・釧路を結ぶ特急が上下線とも全て運転見合わせとなっています。一方で、道東と札幌方面を結ぶ道東道は、1日午前に通行を再開しました。このため、帯広駅のバスターミナルには長い列ができました。
 また、函館線は200本以上の倒木やケーブルの断線などにより、長万部と新函館北斗の間で全ての列車が運転を見合わせています。代替バスの運行もなく、函館駅は札幌方面に向かう予定だった観光客らで混雑しました。
 石北線や釧網線なども一部区間で運行ができず、JR北海道の運休は201本にのぼっています。
 2日以降も影響はまだ続きそうです。

(HTBニュース)

大雨で河川が氾濫 3人が行方不明

04.jpg 大雨の影響で十勝や空知地方では河川が氾濫し、住宅の浸水や橋の崩落が相次ぎ3人が行方不明になっています。
 道警によりますと新得町や清水町、大樹町で崩落した橋から車が転落し男性3人が行方不明になっています。
 新得町では70代の男性と連絡が取れずきょうも警察が捜索を続けるということです。
 上川の南富良野町では空知川の水があふれ住宅街の広い範囲が浸水しました。
 また土砂崩れなどで周辺の地区とを結ぶ国道などが通行止めとなり町の全域がいまも孤立しています。
 交通にも影響が出ています。
 JRは復旧作業に時間がかかるため、9月1日は特急57本を含む280本の列車を運休する予定です。

(HTBニュース)

台風の爪痕 市民生活に影響

05.jpg 台風の影響で川が氾濫。  市民生活に大きな影響が出ています。
 大量の雨が降った地域では、広い範囲で浸水被害が続いています。
 各地で橋の崩落も相次ぎ、車が転落して、これまで3人が行方不明になっています。
 十勝の清水町では広い範囲で浸水し、複数の住宅が倒壊しました。
 役場とは電話がつながらない状態が続いています。
 住民は「仕方ない、何もできない」と語りました。
 大雨の影響で橋の崩落が相次ぎました。
 日高町と清水町を結ぶ国道274号の日勝峠は大きな橋の崩落で寸断されています。
 また、警察によりますと、新得町や清水町、大樹町では崩落した橋から車が転落し、3人が行方不明になっています。
 伊達市では、50代の男性が台風ではがれた車庫の屋根の補修のため屋根にあがったところ、誤って転落し意識不明の重体です。
 上川の南富良野町は町内を流れる川の水があふれ市街地の広い範囲で住宅が浸水し、住民は自衛隊などによって救出されました。視聴者が撮影した映像でには 車の上に避難する住民が映っています。住民は午前3時から6時間、救助を待ち続けたと話していました。南富良野町は土砂崩れなどで通行止めとなり町全体が孤立しましたが、今夜にも国道が開通し孤立状態は解消する見通しです。住民の暮らしへの影響は続いています。
 清水町ではおよそ3000世帯で断水していて復旧のメドがたっていないほか、停電はいまも道内各地のおよそ1万戸で続いています

(HTBニュース)

台風10号 道内各地に爪痕

06.jpg
 町がが丸ごと水に浸りました  ヘリコプターからは記者がレポートします。「建物の屋上部分にたくさんの人がいるのが確認できます。救助を待っていると思うんですけど」
 「水につかってしまった街並みの様子を住民が茫然と眺めている様子が確認できます。」
 「ヘリコプターで釣り上げています!男性が救出されました!」
 こちらは道警の救助隊が撮影した映像です。赤ん坊の姿も確認できます。避難所となっていた施設も浸水。
 ロープをつたって人々は避難しました。
 松前でも記者がレポートします「非常に強い風が吹いています。船も揺れています」
 今年最強の勢力となった台風10号。
 またも台風が、北海道を襲いました。
 降り始めからの雨量は上川の南富良野町で183・5ミリ。十勝の上士幌町糠平では328.5ミリと観測史上1位を記録しました。
 住宅が水に囲まれ孤立した人も相次ぎました。
 道南も強風に見舞われました。北斗市では強風で電柱がなぎ倒され道路塞いでしまっています。
 きのうの最大瞬間風速は函館空港と道南のせたな町で観測史上1位となる36.5メートルを記録。
 道内各地で木が倒れたり屋根が飛ぶ被害が相次ぎました。停電停電も延べ15万戸を超えました。
 農業農業被害も相次ぎました。
 道南の七飯町の農園では、強風により多くのリンゴが落ちてしまい。リンゴ農家は「品種によって違うが、あと2週間位で収穫始まるのがほとんど。このまま置いといてどうしようもなければ、草刈機でくだいてしまう。
 拾う手間考えるならね」と語りました。日高町と清水町を結ぶ国道274号の巨大な橋も完全に寸断されました。台風10号の爪痕はまだ広がる恐れもあります。

(HTBニュース)

大雨で川が氾濫 各地で被害

07.jpg 道内では複数の川が氾濫するなど大きな被害が出ています。道東では橋が崩れて車が転落し、3人が行方不明になっています。
 「雨は上がりましたが激しい川。住宅が流されて橋でとまっています」
 十勝の清水町では複数の住宅が倒壊したほか、複数の橋が崩れています。また、役場とは電話がつながらない状態です。
 住民は「仕方ない、何もできない」と語りました。
 「新得では家が流され、線路は宙吊りです」記者が現場でレポートします。
 警察によりますと、新得町や清水町、大樹町では橋が崩落して車が転落し3人が行方不明になっています。
 伊達市では、50代の男性が台風ではがれた車庫の屋根の補修のため屋根にあがったところ、誤って転落し、意識不明の重体です。
 上川の南富良野町では空知川の水があふれ、避難所の1階も浸水しました。土砂崩れや橋の崩落で通行止めとなり、町全体が孤立しています。
 車の上に避難していた住民は午前3時から6時間、救助を待ち続けたと話していました。
 南富良野町では午後3時現在、385人が避難しています。また、南富良野町を含む9つの市や町、4200人ほどに避難指示が出されています。

(HTBニュース)

台風10号 橋が崩落、複数の人が行方不明

08.jpg 台風10号の影響で、道内では複数の川で水があふれているほか、橋が崩落して車が転落し、複数の人が行方不明となっています。
 記者:「南富良野町の中心部です。町のなかが完全に浸水しているのが確認できます」。上川の南富良野町では、町内を流れる空知川があふれ、多くの住宅や車が水に浸かりました。一時、200人以上が孤立しましたが、自衛隊などに救出され避難所に避難しています。こちらは視聴者が撮影した、31日午前5時半ごろの様子です。車の上に避難していた住民の姿がみられました。十勝の芽室町でも、町内を流れる川の水があふれ、30世帯近くが水に浸かり、ボートを使って住民を避難させる様子もみられました。大樹町では、橋の一部が崩れて車が転落し20代の男性が行方不明です。清水町や新得町でも、橋が崩落して車が転落したと目撃者情報が寄せられています。31日午前11時現在、音更川など道内8つの河川で氾濫危険水位を超えていて、堤防が決壊している川も確認されています。また、午前10時現在、道南を中心に39の市町村、あわせておよそ2万9000戸で停電となっています。道は先ほど緊急の会議を開きました。川があふれて浸水の被害などが出ているとして午前4時に南富良野町、芽室町、新得町、清水町に陸上自衛隊に災害派遣を要請したことなどを確認しました。

(HTBニュース)

前の20件 1234567
DOKO Ga TV