ハナタレナックス

TOP > STAFF ROOM

STAFF ROOM

禁断の新企画!

2012年11月22日(木)

またまたご無沙汰してしまいスミマセン!

杉山でございます。

 

11月22日、いい夫婦の日。

そういえば僕の友達が今日、本を出版しました。

ほんのちょっと宣伝していいですか?

ズバリ夫婦の話を描いた小説、

「ボクの妻と結婚してください」樋口卓治 著

 

札幌出身、東京で数多くのレギュラー番組を持つ売れっ子放送作家で

HTBの40周年特番でもお世話になった古い友達です。

 

余命6ヶ月を宣告され、遺される妻のために何ができるか?を必死に考え

出した結論が、なんと妻の新しい結婚相手を探すため婚活に走る!

という奇想天外なストーリー。

んなアホな!とツッコミを入れながら読み進むうち、

いつの間にか大切なものは何か?を考えさせられ、

しまいにホロッと涙してしまう・・・という不思議な作品でして、

世の中の出来事を「楽しい」に変換するのが自分の仕事、と言い切る彼が

その発想力を存分に発揮した力作。

秋の夜長に笑って笑ってホロッとセンチな気分になりたい方、

是非とも手にとってみてください。

「ボクの妻と結婚してください」

 

・・・と、久々に登場したかと思えばいきなりの宣伝で申し訳ありません。

ちょうど今日発売だったもので、つい。

 

さてさて!話題をハナタレに戻しまして。

今夜の放送で「美食ツアー2012」が完結いたしますが、

我々は既に次回作の編集にいそしんでおります。

その気になる次回作とは一体何かと申しますと、

ズバリ!来年1月18日に控えたDVD第3滴の発売を記念した

「特別企画」でございます。

(あ、今夜の放送もかなり面白いので見逃さないでね、一応。)

 

え~、様々な期待の声も寄せられていましたが、申し訳ありません。

先に言っておきます。今回は「生放送」ではございません。

 

が、しかし!

今回の企画、生放送にも劣らない勢いとパワーを感じる作品になりそうな

そんな手ごたえを我々既に感じ取っております。

 

 

その一端をひと足早くお見せしちゃいましょう!

 

レオタードナックス小

ジャーーン!

どうですか。この、迷いのない表情。

この方たち、平均年齢40歳にもなる立派な役者さん達だそうですよ。

 

さあでは一体この姿で何をするのか!?

と言いますと、ごめんなさい。

それはまた放送までのお楽しみ!ということでご容赦下さい。

でも、勢いとパワーの予感だけは感じ取って頂けたんじゃないでしょうか?

 

ということで内容はまだ言えませんが、その代わりにこぼれ話をひとつ。

 

この企画は札幌市内の某スポーツクラブをお借りして撮影したのですが、

皆さんご存知ですか?

スポーツクラブには喫煙室というものが基本ありません。

(まあそりゃそうか...と、言われてみれば思います)

 

昔は5人中4人だったナックスの喫煙人口も、

今では世の禁煙ブームに乗り二人が禁煙に成功。

いつの間にか喫煙者は二人になってしまいました。

でもこの残った二人が(TさんとYさんですね*苗字です)

なかなかのヘビースモーカーゆえ

ハナタレロケの際、AD陣は常に喫煙所の手配が欠かせません。

(かくいう私もそこそこのスモーカーですが...)

 

しかし今回は場所柄どうしようもなく、

喫煙スペースなしの中でのロケ決行と相成りました。

基本、なるべくガマン!ということで。

 

さてそんな中、到着早々に天才スタイリストの用意したご覧の衣装に

着替えてしまったのは、スモーカーの一人・Yさん。

 

実は。

誰よりも先に着替え、メイクも済ませ、残った時間で思う存分タバコを吸う。

それが、本番前のYさんの流儀なのです。

プロ意識。

まるでイチローのようなストイックさで、彼はそのサイクルを変えることはありません。

 

ですから今回もまったく同じ。

現場に入るやいなや、ビシッとレオタード姿に着替え、

メイクも済ませ、さあ、タバコへ。

 

ところが・・・。

 

ん?

 

あれ?

 

徹底したプロ意識でルーティーンをこなそうとした彼がちょっと戸惑っています。

そりゃそうです。

場所が、無いんだもの。

 

申し訳ありません。

今回はかくかくしかじか、このような事情で

どうしても吸いたい!という人は、一度ビルの外に出て

3軒隣にあるコンビニの出入り口まで行って頂くしかありません。

 

まあ、つまりは「外」です。

「表へ出やがれコノヤロ~!」の、その「表」です。

 

「あ、表・・・?この格好で・・・」

そうなんです、ごめんなさい。

 

しかしさすが徹底したプロ根性の持ち主。

その事実を聞いてもほとんど動じません。

すたすたとエレベーターに向かうや、チーンという音を残し

階下へと消えて行ったのです。

 

慌てたのは彼の身を預かる事務所のマネージャーさんと番組スタッフ。

急いで彼のあとを追いかけ、現場のコンビニへとかけつけます。

 

この季節、札幌は既に最高気温10℃になるかどうかという

寒風吹きすさぶ晩秋。しかもこの日は太陽が全く出ない超曇天。

雨まじり、かなりの寒さ。

 

かくして札幌の寒空の下、コートを着込んだ数名の若者に囲まれ、

鳥肌を立てながら背中を少し丸めコンビニの前でタバコをくゆらす

プロ意識の高いレオタード姿のおじさん・・・

という珍風景が人知れず展開されていたのでした。

(世間一般にこれはヘンタイと言うのかもしれません)

 

おわり。

 

ということでそんなこぼれ話も生まれた禁断の新企画は近日公開!

お楽しみに!!

 

P.S.

コンビニの前を先生と一緒にお散歩していた、

たくさんの幼稚園児のおともだち。驚かせてごめんね。

「見ちゃダメ、見ちゃダメ」と小声で必死に子供たちの目を隠していた

先生たちも、ご面倒をおかけして本当にすみませんでした。

この場を借りてお詫びします。

 

(杉山)