ハナタレナックス

TOP > STAFF ROOM

STAFF ROOM

三連休はちょいのりドライブ?

2013年07月15日(月)

皆様、三連休いかがお過ごしですか?

海に行った人、家でのんびり過ごした人や自由気ままにちょいのりドライブした人などなど...

思い思いの休日を過ごされている事でしょう。

 

さて、先日放送しました『チームナックス観察バラエティーちょいのり』について

少しお話したいと思います。

 

どこかで聞いたことのある企画名ですが、決して恋愛が芽生えるものではありません。

チームナックスの5人が1台の車に乗りドライブをする、というもの。

行き先もやる事もすべて5人に任せて、その彼らの自由気ままな行動を観察する企画です。

 

今回が第3弾という事で、過去にも2度チャレンジした企画なんです。

それだけ...手前味噌ですが...視聴率がいいんです(笑)

まっ、それだけではないんですけどね!

番組を見て頂いている方々からも

「ちょいのりやって」「ちょいのり見たい」

「あの5人で車に乗る...あ〇のり見たい」

など、心温まるたくさんのリクエストがあるからこそ続けられる企画なんです。

 

毎回、5人にお小遣いと制限時間を与えドライブしてもらうのですが

今回は10万円くらいのお小遣いと5時間くらいの制限時間という条件の下、スタート。

「くらいって何よ!?くらいって」そう思った方も少ないないと思いますが、

5人も同じように「くらいって何?」と言っていましたね。

これは、5人に対しての"縛り"を軽減するため

つまり残金も残り時間も気にせず、

ちょいのりドライブに専念してもらうため設定したルールなんです。

だから、12万円使おうが7時間ドライブしようが「どうぞお好きに」って事なんです。

そんな彼らにとって好条件だらけの、

さぞかし幸せな企画にも関わらず、あんな事が起こるなんて...

 

まずは【音尾急性胃腸炎】

あの日のロケは『ちょいのり』前に、ハナタレ部屋で1本の収録があったんです。

そこで、あからさまに具合いの悪そうな男が1人...

彼は収録中も一切しゃべらず、リアクションもせず、顔色は真っ青で、

時折、マイクで拾えないほどの声量で笑う。あっ、安田さんじゃないですよ!音尾さんです。

 

そこで、ハナタレ収録が終わり『ちょいのり』収録前に

加納「大丈夫ですか?音尾さん...」

音尾「う、うん...」

大丈夫じゃないだろぉ~!と思いつつも、『ちょいのり』の収録をスタートしました。

やはり、メンバーの事はメンバーが一番わかっているんですね。

『ちょいのり』最初の目的は

具合いの悪い音尾さんを病院に送り届けること。

メンバーの体調を第一に考えた仲間意識が強いからこその判断だと...私は思っております。

 

治療費はお小遣いから支払うな!とか

1人少ない方が、お小遣いの分け前が増える!とか

なんかいろいろ言ってましたけど、彼らは仲間思いなんですよ、きっと。

 

『ちょいのり』もう一つのアクシデントが【大泉強制送還】

アクシデントと言っても、数日前に決まっていた事なんですが

このちょいのりロケと同じ日に『水曜どうでしょう』の新作ロケがスタート。

そのため、大泉さんはハナタレロケを早々に切り上げ、

どうでしょうの旅に出発しなくてはならなかったのです。

 

『ちょいのり』の最中は

「どうでしょう行きたくねぇ~」と本音がポロリしていた大泉さん。

よりによって好条件だらけの『ちょいのり』ロケ中ですから、

そう思うのも仕方がありませんよね。

更に、行き先もわからず12日間も旅に出るのですから...

まだまだ、仲間と共に高級寿司を食べたかった事でしょう。

 

どうでしょう班と合流するため、

タクシーで移動することになった大泉さん。その車内では同行していた平尾Dに対して...

大泉「今日家を出る時、娘に何て言って来たと思う?」

平尾「何て言って来たんですか?」

大泉「『パパ、12日間どっかに行って来るからね』

   どっかって...行き先もわからず、

   12日間家を留守にするツラさわかるか!?」

平尾「(笑)」

 

そして『ちょいのり』の放送では、

どうでしょうの出発前の様子をチラ見せしましたが

あの数秒の映像を藤村Dにチェックしてもらったんですよ、一応ね。

ネタバレにならないためにも...

加納「藤村さん、この前のちょっと見ます?」

藤村「そうだな!」

藤村「いいぞ!テロップで新作は今秋放送って入れといてくれ!」

加納「今秋...何月放送ですかね?」

藤村「今秋だ!」

気まぐれで編集をする藤村Dのことですから、

なんとなく"今秋"を目標に、作業を進めるのでしょう。

詳しい情報解禁まで、もうしばらくお待ちください。

そんなやりとりを経て、放送に至ったわけです。

 

自由すぎるがゆえに、何が起こるかわからない『ちょいのりドライブ』

まだまだ、お話したい事があるのですが果てしなく続きそうなので

今回はここまで...あっ!あと1つだけいいですか!?

 

7月11日に放送した『北海道の笑顔プロジェクト』で

大泉さんが私の故郷:深川市を旅する事になったのです。

そこで訪れたのは「北空知新聞社」という、深川市を含む1市5町で発行される

地域密着の地方紙を扱う新聞社です。

勿論、私は物心ついた頃から北空知新聞の愛読者。

 

今回、11日の放送に向け

前日10日に発行された北空知新聞で番組の宣伝をして頂いたのです。

その記事の様子を特別にご覧ください。

北空知新聞.jpeg 

 

写メ機能を使い慣れていない母親が撮影したため

少々見えにくいと思いますが、ご了承ください。

 

今回は、北空知新聞社さんのご厚意で、新聞の隅っこに小さく載せて頂いたのですが

放送では、大泉さんの夢である『新聞の一面に載る!』を目標に掲げ、旅がスタート!

深川の魅力も去ることながら、本当に大泉さんが一面を飾る事が出来るのか...お楽しみに♪


ホントにホントに長くなってしまいました、すみません。

 

(加納潤哉)