北海道テレビ:HTB online!
HTBオンラインショップ

台風10号・災害関連情報

2016年の台風10号の接近に伴う大雨等のため、道内各地で川が氾濫し住宅の浸水や、橋の崩落など被害が相次ぎました。
この災害関連のHTBニュースをまとめてお伝えいたします。

大雨災害 onちゃん募金

報告とお礼

 この夏、北日本を襲った大雨(台風9・10・11号等)による北海道の被災地域に対し、HTBでは2016年9月12日(月)から9月30日(金)まで「大雨災害 onちゃん募金」を開設しました。

集まった金額は、

1,475,833円

となりましたのでご報告いたします。

  10月4日(火)、お寄せいただいたonちゃん募金を日本赤十字社北海道支部へ寄付いたしました。

 多くの皆さまからのご支援に、心より感謝申し上げます。

10月1日(土)午後3時30分から
イチオシ!ニューススペシャル「検証・氾濫」を放送します

詳しい番組内容はこちら
1234567

昨年の台風被害 土木学科が安全対策を提言

 去年の北海道を襲った台風の河川の被害を受け河川や土木のの専門家土木学会が安全対策を提言しました。
 全国の大学や企業の土木や河川工学の専門家らで構成する土木学会は去年8月の台風被害の調査を続けていました。
 土木学会はこれからは「河川はあふれることもある」ということを念頭にあふれた水をいかに安全に河川へ戻すかを考えて治水計画を立てるべきだと提案しました。
 また、石狩川や十勝川などの大きな河川に比べ小さな河川の治水が進んでいないとして対策を進めるよう指摘しています。

(HTBニュース)

被災地でも新たなスタート

 被災地でも新たなスタートです。十勝の新得町では10人の職員が復興に向けた決意を胸に入庁しました。
 新得町役場で行われた辞令交付式では10人の新入職員が浜田正利町長から辞令を受けました。新得町には去年8月台風10号が襲い1人が死亡したほか、町内の橋が崩落するなど甚大な被害となりました。今年度は新得町出身でUターン就職した職員も入庁しふるさとの復興に向けて力強い決意で社会人生活をスタートさせました。

(HTBニュース)

日勝峠 台風被害から・・一部通行止め解除

 去年の台風10号の影響で通行止めが続いている日高町の日勝峠で仮設の橋の工事が終わり一部区間で通行止めが解除されました。
 国道274号の日勝峠では、台風10号の影響で橋が崩落するなどして全長39.5キロに渡り通行止めが続いていましたきょう日高町の千栄(ちさか)地区で工事が完了したことでおよそ3.4キロの区間で通行止めが解除されました。
 ただ日勝峠の残り36・1キロの区間では通行止めが続きます。
 全体の復旧は秋ごろの予定で、代替措置の道東自動車道占冠・十勝清水間の無料通行は引き続き行われます。

(HTBニュース)

台風10号で決壊の堤防を専門家らが調査

 8月、台風10号で堤防が決壊した南富良野町で、決壊した空知川の堤防に問題はないか、専門家らが調査を行ないました。
 この調査は、去年8月31日に決壊した南富良野町幾寅地区にある空知川の堤防、2ヵ所で13日に行われました。専門家が堤防断面の土を直接見て、異物や水の通り道がないかなどを調べました。札幌開発建設部によると、現在の堤防はまだ仮復旧の状態で、本復旧は夏までかかる見通しです。空知川堤防調査委員会委員長の清水康行教授は「(堤防の断面を)見た限り、比較的均一で異物があるわけでもない。堤防が弱かったとは言えない」と話しました。札幌開発建設部の宮藤秀之河川担当次長は「今後の復旧に生かしていきたい」としています。

(HTBニュース)

復興支援で新カレーパン発売 満寿屋商店 帯広

 パン製造販売の満寿屋商店(本社帯広、杉山雅則社長)は10日から、ブランド牛「十勝清水若牛」や芽室産タマネギなど十勝食材にこだわったカレーパンの販売を始めた。「トラントランますや」(市内西3南12、帯広駅エスタ西館)と東京本店の2店限定。カレーパンは1950年の同社創業時からある商品。
 新たに売り出したのは「十勝産食材を使った新カレーパン」で、小麦や卵、砂糖、イーストも十勝産を使用した。同社の守内秀樹主任は「スパイスにもこだわったおいしい逸品になった。昨年の台風では清水や芽室で被害を受けた農業者も多い。そうした産地の食材を使った良い品を道外客や観光客などに広く発信し、復興をアピールできれば」と話す。販売価格はトラン-が1個160円、東京が同280円。

(十勝毎日新聞) 

センバツ21世紀枠 富良野高校は...

 3月に行われる春のセンバツ出場校が発表されました。去年夏、台風被害を受けた富良野高校も吉報を待ちました。
 地元出身者のみでチームを構成する富良野高校野球部。秋の大会10日前には台風10号が地域を襲い、部員4人が被害を受ける中、ベスト8に食い込んだことが評価され、21世紀枠の候補にあがっていました。しかし、出場報告を知らせる電話は鳴らず、残念ながら出場とはなりませんでした。益田昇悟校長は「結果は残念ながらということですけれども、候補校として評価していただいた事実は変わりませんので生徒は誇りとしてしっかりと受け止めてまた甲子園をめざして前進してもらいたい」と話しました。

(HTBニュース)

豊作、安全「良い年に」 農業団体祈願式 十勝

 管内の農業関係団体と十勝総合振興局の豊穣(ほうじょう)祈願式が6日午前10時半から、帯廣神社で執り行われ、JAの組合長や団体の代表が今年の豊作と農作業の安全を願った。農業団体の仕事始めに合わせて開いており、十勝総合振興局、十勝地区農協組合長会、十勝農協連などから約70人が参列した。神事では同振興局の梶田敏博局長、同会の有塚利宣会長、十勝農協連の山本勝博会長らが玉串を奉てんした。
 昨年の十勝農業は、JAの取扱高が2923億円となり、おととしの3233億円に次いで高かった。ただ畑作を中心に、日照不足や長雨、台風被害に見舞われ、多くの農作物で収量、品質が低下。今年の作柄への期待は大きい。梶田局長は「去年の分を取り返す大豊作になるように心を込めてお願いした。振興局と普及センターも地域と連携して対応し、ぜひ良い年にしたい」と語った。有塚会長は「十勝農業のブランドを一層高めていきたい」と抱負を述べた

(十勝毎日新聞社)

札幌市中央卸売市場の青果部で今年のせり納め

 29日、札幌の卸売市場では、今年最後のせりが行われ、関係者が三本締めで1年を締めくくりました。
 札幌市中央卸売市場では、野菜や果物を扱う青果部で、今年1年の取引を締めくくるせり納めが行われました。今年の道内は、相次ぐ台風の上陸など8月から9月にかけて雨の日が続いた上、日照不足も重なりました。挨拶に立った市場関係者は天候不順の影響で、野菜や果物が全体的に高値で推移する厳しい1年だったと今年を振り返りました。最後は市場関係者や仲卸業者らが集まり、来年は素晴らしい年になるようにとの願いを込めて三本締めで今年の取引を締めくくりました

(HTBニュース)

道内天気大荒れ 空の便やJRなど交通網に乱れ

 発達中の低気圧の影響で、三連休初日の23日の道内は大荒れの天気となっていて、交通機関に乱れが出ています。
 発達する低気圧が日本海と三陸沖にある影響で、道内は23日の夜遅くまで大荒れの天気となる見込みです。午前10時までの24時間に大樹町と音威子府村で53cm、札幌で40cmの雪が降っています。24日午前6時までの24時間で、日本海側北部とオホーツク海側で60cm、その他の地域で40cmの雪が降る見込みです。
 紋別市民は、「どうしようもない。ちょこちょこ雪はねするしかない」「湿り気がある雪なので労力が倍かかる。次から次に積もって体がついていかない」などと弱り顔でした。
 前の日の22日に200便以上が欠航した新千歳空港では、飛行機に乗れなかったおよそ2500人が、空港が用意した毛布にくるまるなど暖かくして夜を過ごしました。23日もすでに東北方面の便など27便が欠航していて、出発ロビーは3連休の旅行客で混雑しています。航空各社では旅行の時は最新の情報をホームページなどで確認してほしいとしています。
 また、JRも前日の23日に台風被害から復旧したばかりの特急「スーパーおおぞら」や「スーパーとかち」など、これまでに特急が20本、普通と快速175本のあわせて195本の列車が運休しています。
 除雪が難航して運転再開には時間がかかりそうだということです。
 また、北電によりますと、午前7時過ぎから日高のえりも町や様似町などでおよそ4100世帯が停電しています。

(HTBニュース)

JR石勝線復旧 特急も再開

 年末年始の帰省シーズンを前に、ようやく運転再開です。8月の台風被害で不通となっていた、JR石勝線・根室線のトマムと芽室の間が22日、およそ4か月ぶりに復旧しました。
 待ちわびた乗客は「JRだと朝いちで移動できるので助かります」「うれしいですよかったです」「このまま順調に(運転を)続けてほしい」と話します。復旧に伴い、札幌と帯広、釧路を結ぶ特急『スーパーとかち』『スーパーおおぞら』が運転を再開しました。
  一番列車の釧路行きは22日午前7時に札幌を出ました。石勝線と根室線では、8月の台風被害で線路の橋が流されるなどしてトマムと芽室の間は、バスによる代行輸送が続いていました。およそ4か月にわたり列車が走っていなかった十勝の新得町では、町民らが特急列車を出迎えました。新得町民は「泣きそうです。
 列車が通るのがこんなにうれしいんだと...みんな待っていたと思うので」と喜びを語ります。年末年始を前に札幌と帯広・釧路を結ぶ大動脈が復旧しましたが、根室線では引き続き新得と東鹿越の間の不通が続いています。

(HTBニュース)

JRが日高線の一部復旧を断念しバス転換を打診

 去年1月から運休が続くJR日高線について、JR北海道の島田修社長が沿線自治体の町長らに一部の路線の復旧を断念し、バスなどへの転換を打診しました。
 JR北海道と日高線沿線の8つの町の町長らとの会談は、浦河町で21日午後4時から行われました。JR日高線は去年1月、高波で土砂が崩れ、鵡川・様似間が運休となりました。当初、JRは国などを交えた協議で、補助金を使い復旧費として10億円の負担を検討しました。しかし今年8月の台風で被害が拡大し、復旧やその後の防災対策に139億円が必要と試算し直していました。更に自治体には再開後の維持費13億円の負担を求めていました。JRの島田社長は「自治体に維持費を負担してもらえず、今後もさらに利用減が想定される」などとして、バスなどへの転換を打診しました。新冠町の小竹国昭町長は協議後、「大変厳しい説明だったが、今の時点でも復旧して運行してほしいという気持ちは変わらない」と話しました。今後は沿線自治体による協議会で検討を進める方針ですが、自治体側はあくまでも復旧を求めていて、協議は平行線をたどりそうです。

(HTBニュース)

台風10号の浸水被害で道開発局が住民に謝罪

 台風10号で家屋に浸水被害が出たのは北海道開発局が水門を閉め遅れたためだとして、幕別町の住民らが補償を求めている問題で、開発局は20日夜、責任を認め住民に謝罪しました。
 道開発局・帯広開発建設部が開いた2回目の住民説明会には、住民ら100人が参加しました。8月30日の台風10号の大雨で旧途別川に猿別川の水が逆流し、住宅50戸と農地などが浸水しました。帯広開建が検証した結果、猿別川の水門の閉め遅れにより浸水した水の量が4割増えたとして、責任を認めて住民に謝罪しました。帯広開建は申告を受けた住民から補償の手続きを始めたいとしていますが、住民からは検証の仕方そのものに疑問の声があがっています。

(HTBニュース)

通行止めの日勝峠 復旧作業をメディアに公開

 台風10号による大雨で甚大な被害が出た日勝峠。今も続く復旧工事の様子が20日、報道関係者に公開されました。
 日勝峠は8月30日から、日高町千栄から清水町清水までの39・5キロの区間で、通行止めが続いています。道開発局は来年秋頃の開通を目指し復旧工事を進めています。現在は、橋や道路など66ケ所の損傷現場で盛り土や仮橋をかける作業などが行われています。道路が雪に覆われる冬の間は、橋などの構造物の設置作業が中心になるということです。

(HTBニュース)

台風支援に感謝込め 年越しそば生産ピーク 新得

 師走も半ばを迎え、新得物産(町基線104、清水輝男社長)で年越し・歳暮用のそばの生産がピークを迎えている。パートを増員し、普段の倍の約20人体制で今月の第4週まで製造、30日まで出荷を続ける。新得そばは年間出荷量の約3分の1が11~12月に集中しており、今年も11月初旬に歳暮用の生産を開始した。2500円から3000円の商品を中心に1日約2000箱(約3万食分)を道内のデパートやスーパーなどに出荷、通信販売も行っている。今年は約5000円の高価な歳暮の需要も伸びており、昨年の2倍の出荷。近年はそば粉の割合が高い商品が人気で、8割そばなどの生産も増やしている。台風や天候不良の影響で例年より収量は少ないものの、味など品質は良いという。同社の赤木教仁管理部主任は「台風のときは、お客さまから心配の声を多く頂いた。感謝の気持ちを込めて年越しのそばを作っている。ぜひ、食べていただければ」と話す。問い合わせは同社(0156・64・5213)へ。

(十勝毎日新聞)

JR 年末年始の予約状況 30日がピークに

 JRの年末年始の予約状況が発表され、札幌駅を出発する列車では今月30日が混雑のピークとなっています。
 札幌駅の混雑のピークは出発が30日、到着が1月3日です。
 石勝線の開通で22日から運行を再開するスーパーおおぞらなどでも既に満席が出ているということです。
 ことしは去年と比べ大型連休が取りにくく在来線の予約が減っている一方、初めての年末年始となる北海道新幹線では在来線だった去年と比べ1.7倍となっていて全体では去年より増えています。

(HTBニュース)

札幌と道東結ぶ特急の切符販売再開 窓口には列も

 今月22日から運転が再開される、札幌と道東を結ぶ区間のJRの特急券の販売が、15日朝から始まりました。
 JRでは、今月22日から石勝線と根室線のトマム・芽室間で運転の再開が決まり、特急「スーパーおおぞら」などの特急券の販売が、15日朝から駅の窓口やインターネットなどで始まりました。石勝線・根室線では、8月の台風10号で川が氾濫したり、橋が流されるなどして、現在もバスでの代行運転が続いています。利用客は早速、年末年始の帰省に向けて特急券を求めて、駅の窓口に列を作りました。

(HTBニュース)

若い力で清水盛り上げ 18日寒謝祭

 災害復興イベント「しみず寒謝祭~爆ぜる2016~」(町商工会青年部主催)が、18日午前11時から午後5時まで、町ハーモニープラザ・町駅横イベント広場で開かれる。アーティストのライブやゲームなど、さまざまな催しが予定されている。例年クリスマスパーティーを開いているが、台風10号の発生を受け、町民を励まし町の活性化にも寄与しようと企画。運営費の一部に北海道商工会連合会からの支援金を活用、町建設業協会なども協力している。午前11時に清水小学校ジュニアブラスバンドの演奏で開幕。午後0時半からは、十勝在住の歌手「ERIKO to.」のライブが行われる。同1時半には100人限定でケーキを無料で提供。お菓子などをまく「元気まき」、子どもじゃんけん大会、豪華賞品が当たる抽選会などを予定。札幌のお笑いコンビ「どんきーず」、道産子ものまね芸人「あんも直想子」も登場、札幌のお笑い芸人「直キング」がMCを務める。

(十勝毎日新聞社)

新得町でお歳暮用のそばの生産がピーク

 十勝の新得町では、お歳暮用のそばの生産がピークを迎えています。ことしは台風の被害がありましたが、香りのよいそばに仕上がっています。
 新得町の工場では、カットされたそばを24時間かけて乾燥させ、お歳暮向けに箱づめする作業が続いています。ことしは台風や長雨の影響で日照時間が短く、そばの実が小ぶりだったということですが、特長である香りの良さは例年と遜色ないということです。
 新得物産の赤木教仁さんは、「道内限らず道外からも心配の声をたくさんもらった。新得はこのくらい元気になっているとPRしたい」と話しています。
 この工場では、お歳暮向けのそばを1日におよそ2000箱生産し、道内の百貨店などに出荷するということです。

(HTBニュース)

台風被害の缶詰工場が来年6月再開へ 缶詰は断念

 台風10号で被害を受けた十勝の芽室町の缶詰工場が、来年6月から営業を再開することになりました。しかし、これまで主力だった缶詰の生産はやめる方向です。
 再開を決めたのは芽室町の日本罐詰十勝工場で、8月の台風被害で川が氾濫し、土砂が流れ込み加工する施設が使えなくなっていました。復旧におよそ30億円がかかる工場の再開は来年6月で、これまで主力だったスイートコーンの缶詰の生産は止め、レトルトパウチなどの事業に転換します。スイートコーンを生産する周辺農家との契約面積は、来年に関してはこれまでの半分程度となる見込みです。

(HTBニュース)

レトルト主力に転換 日本罐詰十勝工場

 台風10号で浸水被害を受け、操業を停止している日本罐詰十勝工場(町西9ノ9)について、親会社の明治(本社東京)は5日、国産シェア75%を占めるスイートコーンなどの缶詰製造から撤退、スイートコーンをパック詰めして販売する「レトルトパウチ事業」を中心にビジネスモデルを再構築する方針を発表した。来年6月に操業を再開する。工場の復旧と設備更新は総額30億円程度になる見込みで、順次実施していく。明治によると、再建計画は「十勝農業の維持・発展」を重視。少子高齢化や仕事を持つ主婦の増加による簡便志向の高まりなどから、将来性が見込める「レトルトパウチ事業」(ホールコーン、クリームコーン、コーンスープなど)の拡大と、付随する「凍菜製造・販売事業」の継続・拡大を決めた。設備更新費用なども総合的に考え、缶詰事業と調理冷凍食品事業(「明治オムハヤシ」など)は再開しないこととした。

(十勝毎日新聞社)

1234567
イチオシ!おにぎりあたためますかonちゃんLINEスタンプ第2弾好評発売中!