北海道テレビ:HTB online!
撮影した映像を投稿してください!
台風10号・災害関連情報

今、そこにある詐欺

詐欺の手口が巧妙化、多様化しています。詐欺事件を撲滅するため、「イチオシ!」では〝今そこにある詐欺〟と題して、キャンペーンを行っています。被害を1件でも未然に防ぐために、あなたやあなたの周りで実際にあった詐欺の手口を教えてください。

youtube HTB公式チャンネル
twitter HTB公式
ご意見・情報を募集しております

特集ダイジェスト
老いるショック

最新のニュース一覧

札幌市南区でも町内会の着服疑惑が浮上…独自取材

ニュース画像

 HTBがこれまで伝えてきた町内会費の着服問題について、新たに札幌市南区の町内会でも着服疑惑が発覚しました。偽造された疑いのある領収書は数百枚にも上ります。

 宛名の筆跡が同じ領収書の数々。コピーして貼り付けたのだろうか。支払先の店の欄には、不自然な黒い線が。
 これは、札幌市南区の緑陽台町内会で見つかった領収書の一部。およそ220世帯が暮らす町内会で、今年6月、町内会費の不正流用疑惑が持ち上がった。きっかけは、町内会のイベントの備品として清算された明細がない領収書だった。総務担当者は「領収書発行店のサービスカウンターで、レシートを発行してもらったら行事と関係ないものが出てきた」と話しました。
 不正な領収書を提出していたのは、当時、町内会長と女性部長を務めていた夫婦。その後の調査で、偽造の疑いがある領収書は数百枚、額にしておよそ80万円に上った。会計担当役員は「疑いの目で見れば発覚した事実も見つけられるけど、そんな頭はないから領収書の額あわせで行けば、問題なしというのが会計段階だ」と説明した。町内会は9月、臨時の集会を開き、問題の夫婦に説明を求めたところ、夫婦は一部不正を認め役員を辞任したが、およそ7000円を返済しただけで謝罪の言葉もなかったという。町内会は12月、夫婦を相手取り返済を求める民事訴訟に踏み切った。町内会は、民事訴訟で金の回収を目指すとともに、刑事告訴も検討しているという。
 
 HTBでは、町内会費をめぐる問題について追っています。ご意見や皆さんからの情報をお待ちしています。HTBニュースのHPなどからお寄せください。

苫小牧で見つかったハヤブサは高病原性鳥インフル

ニュース画像

 11月、苫小牧市で鳥インフルエンザに感染したハヤブサの死骸が見つかりましたが、5日、毒性が強く、致死率の高い高病原性の鳥インフルエンザだったことが分かりました。

 11月、苫小牧市で野生のハヤブサが死んでいるのが見つかりました。鳥インフルエンザの陽性反応が出たためより詳しい検査を行った結果、高病原性鳥インフルエンザH5N6亜型だったことがわかりました。現在のところ周辺の養鶏場などから異常の報告は無く、この個体の他に死骸や衰弱した鳥は見つかっていません。道などは、感染の拡大を防ぐため渡り鳥が集まる場所を立ち入り禁止にするほか野鳥に異常がないか見回りを強化しています。

台風被害の缶詰工場が来年6月再開へ 缶詰は断念

ニュース画像

 台風10号で被害を受けた十勝の芽室町の缶詰工場が、来年6月から営業を再開することになりました。しかし、これまで主力だった缶詰の生産はやめる方向です。

 再開を決めたのは芽室町の日本罐詰十勝工場で、8月の台風被害で川が氾濫し、土砂が流れ込み加工する施設が使えなくなっていました。復旧におよそ30億円がかかる工場の再開は来年6月で、これまで主力だったスイートコーンの缶詰の生産は止め、レトルトパウチなどの事業に転換します。スイートコーンを生産する周辺農家との契約面積は、来年に関してはこれまでの半分程度となる見込みです。

JR札沼線 沿線自治体の首長会議

ニュース画像

 11月にJR北海道が単独で維持困難な路線を公表したことを受け、札沼線沿線の自治体の町長が集まり、今後の対応について意見を交わしました。

 集まったのは、月形町、浦臼町、新十津川町の町長で、JR北海道が単独で維持困難な路線を公表後、3つの町が集まって意見交換するのは初めてです。11月にJR側に出した路線存続の要望書に対する回答を受けてから、3つの町の考え方を示すとともに、国や道にも存続に向けて支援を要請する方針を確認しました。浦臼町の斉藤純雄町長は「愛着もありますし、地方創生の意味からは逆行する動きなので、残してほしいというのはあります」と話しました。JR北海道は、札沼線の北海道医療大学と新十津川の間は、バスへの転換などを含めて協議する意向を示しています。

JR留萌線の留萌⇔増毛廃止から一夜明け‥

ニュース画像

 JR留萌線の、留萌ー増毛間が廃止されてから一夜明け、タクシーによる代替運行が始まりました。

 増毛駅のホームには4日、地元の人や鉄道ファンらおよそ2400人が詰めかけ、それぞれの思いを胸に増毛駅からの最終列車を見送りました。そして、一夜明けた午前6時10分、増毛から留萌に向かう代替タクシーの運行が始まり、5日は2人が利用しました。タクシーは予約制で片道400円、もともと列車が走っていた時間帯のうち、バスの便がない早朝と夜の2回、運行されるということです。記者:「きのうまではホームから人があふれてれいましたが、今は静まり返っています」廃止されたJR増毛駅には5日、観光客が数人、訪れるだけでした。

避難児童へのいじめ 札幌市教委が聞き取り調査

ニュース画像

動画を再生

 横浜市の小学校で福島県から避難した児童がいじめを受けた問題で、札幌市は5日から市内の小中学校などに同様のいじめがなかったか、聞き取り調査を行います。

 札幌市教育委員会によりますと、原発事故のあと福島県から札幌市に避難している児童や生徒は、およそ200人いるということです。市教委は5日から、市内の小中学校など311校に対し、避難したことで差別的な言葉を使われたりいじめに発展しているケースがないか電話で聞き取ります。一方、道教委は11月、札幌市以外の自治体に対し調査を行い、同様のいじめは確認されなかったとしています。

高所作業車と乗用車に挟まれ 男性が意識不明

 速報です。札幌市内で午前11時ころ、高所作業車と乗用車にはさまれ男性が意識不明です。

 5日午前11時ごろ、札幌市南区で高所作業車と乗用車の事故があり、この2台にはさまれた40代の男性が意識不明となっているということです。警察は事故の原因を調べています。

違法薬物や銃の密輸を防止 函館税関が年末特別警戒

ニュース画像

動画を再生

 覚せい剤などの密輸を防ごうと、函館税関では「年末特別警戒」が始まり、鋭い嗅覚を持つ麻薬探知犬の訓練も公開されました。

 5日から始まった「年末特別警戒」は、海外から人や荷物が多く行き来する年末、違法な薬物や銃などの密輸を防ぐために、毎年この時期に行われています。5日は新千歳空港で、麻薬探知犬がスーツケースに隠された麻薬を見つける訓練も披露されました。函館税関では10月までに違法薬物で18件告発していて、最近はインターネットで購入した危険ドラッグなどを国際郵便など輸入する手口が増えていることから、警戒を強めています。

「危険の分散だ」日米合同訓練移転に反対し住民集会

ニュース画像

 5日から在日アメリカ軍と自衛隊の共同訓練が始まるのを前に、地元の千歳市で、訓練への反対を訴える集会が開かれました。

 連合北海道が開いた集会には、地元の住民らおよそ350人が集まりました。日米共同訓練は、米軍基地のある沖縄の負担を軽減するため全国の航空自衛隊基地に移転して行われているもので、千歳基地では2008年から始まりました。参加者は「全国での訓練は、危険の分散でしかない」として反対を訴え、例年、訓練の実施前に計画の撤回を求めてデモを行っています。自衛隊千歳基地での日米共同訓練は今回で8回目となり、5日から16日まで実施されます。

ニュース投稿
ハナタレナックスHTB×Shufoo!onちゃんLINEスタンプ第2弾好評発売中!