朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース

今、そこにある詐欺

詐欺の手口が巧妙化、多様化しています。詐欺事件を撲滅するため、「イチオシ!」では〝今そこにある詐欺〟と題して、キャンペーンを行っています。被害を1件でも未然に防ぐために、あなたやあなたの周りで実際にあった詐欺の手口を教えてください。

HTB報道部facebook
youtube HTB公式チャンネル
twitter HTB公式

ご意見・情報を募集しております

特集ダイジェスト
老いるショック

最新のニュース一覧

札幌でも雪化粧 道内各地で今季一番の冷え込み

ニュース画像

 18日の道内は、日本海側を中心に冬景色となりました。札幌でも、うっすらと雪化粧です。

 札幌市南区には雪が積もりました。上空に11月中旬並みの寒気が流れ込み、札幌では雪がふりました。また、網走でも平年より13日早い初雪を観測しました。
 そして、けさは内陸を中心に冷え込みました。上士幌町糠平でマイナス2.6度など、道内の173の観測地点のうち、68の地点で今シーズン一番の冷え込みとなり、最低気温が0度未満の「冬日」が46地点となりました。

追い越しの乗用車が対向車線へ 正面衝突で1人死亡

ニュース画像

動画を再生

 上川の士別市で乗用車同士が正面衝突する事故があり、一方の車を運転していた男性1人が死亡しました。  路面は雪で凍結していたということです。

 18日午前6時20分ごろ、士別市武徳町の道道に架かる九十九橋上で、前の車を追い越そうと対向車線に飛び出した乗用車が前から来た車と正面衝突しました。この事故で、追い越しをかけた車を運転していた士別市の団体職員上原英輝さん56歳が病院に運ばれましたが、死亡しました。現場は片側1車線ずつの道路で路面は、18日夜からの雪で凍結していたということです。警察は追い越しをかけた男性の車がスリップしたものとみて調べています。

大雪山系旭岳で男女4人下山できず 「一人動けず」

ニュース画像

動画を再生

 大雪山系の旭岳で男女4人が道に迷って下山できなくなり、警察の捜索が続いていますがまだ見つかっていません。現場から中継です。

 未明から警察の山岳救助隊員ら8人が山に上がって7合目付近での捜索を続けています。また上空からヘリコプターでの捜索も行われる予定でしたが雲が厚く現場に近づけない状態です。17日午後7時半すぎ、70代の男性から「登山ルートを外れた」と警察に通報がありました。警察によりますと、通報した男性と60代の妻のほか外国人と見られる男女が一緒で、4人は17日朝、登山を始めましたが、8合目付近で天候不良のため引き返したということです。そして最初の通報からおよそ20分後には「沢に出た」という男性からの電話を最後に連絡が取れていませんでした。再びけさ8時前に電話がつながり、「全員の生存」は確認されたものの「一人が体力がなくなってきて動けない」と話しているということです。

千秋庵ビル建て替え決まる

ニュース画像

動画を再生

 札幌の駅前通りに立つ千秋庵ビルの建て替えが決まりました。

 地上11階、地下2階建てのこのビルは1966年に完成し、札幌の老舗菓子メーカー、千秋庵製菓の本店や工場などが入っています。
 本店は来月1日からビルの東側にある別館1階の仮店舗で営業を続けます。
 喫茶コーナーは設けられず、営業時間は午前10時から午後6時までと1時間短くなります。

旭川飲酒運転事故の控訴審 「危険運転」争点に

ニュース画像

動画を再生

 去年起きた旭川の飲酒運転事故の控訴審が始まりました。危険運転致死罪が成立するかどうかが争点となります。

 東川町の石崎勝彦被告52歳は去年5月、旭川市内で飲酒したうえ猛スピードで車を走らせ、中島朱希さん当時38歳を死亡させたとして危険運転致死の罪に問われています。
 一審の旭川地裁は危険運転致死罪を適用し、石崎被告に懲役10年を言い渡しましたが、石崎被告はこれを不服として控訴していました。
 控訴審で被告側は「法令適用の誤りがある」として過失運転致死罪にあたると主張。
 一方で検察側は控訴を棄却するよう求めています。

詐欺被害を2度阻止 スーパーの従業員に感謝状

ニュース画像

動画を再生

 2度にわたって特殊詐欺を未然に防いだスーパーの従業員2人に警察から感謝状が贈られました。

 感謝状が贈られたのは札幌市南区のスーパーで働く川向季子さんと本田美子さんです。
 2人は先月、高齢の客が携帯電話で話しながらスーパーに設置されたATMを操作する姿を不審に思って声をかけ、詐欺被害を未然に防ぎました。
 川向さんは「還付金もらえるから大丈夫と言われたけどそんなこと絶対ない、詐欺ですと言った。自信をもって止めるのが大事」と話しました。川向さんは4日にも電話で話しながらATMを操作する客に声をかけて詐欺の被害を防いでいて、その功績がたたえられました。

函館で「地熱シンポジウム」道内での活用に期待

ニュース画像

動画を再生

 再生可能エネルギーの一つとして活用が期待される地熱への理解を深めてもらおうと函館でシンポジウムが開かれました。

 資源量では世界第3位を誇る日本の地熱資源。
 これを利用した地熱発電では発電後の余熱などを農業や観光資源に利用することで地域振興への貢献が期待されています。
 フォーラムの会場では道内で唯一の大規模発電施設を持つ森町でのトマトのハウス栽培などが紹介されました。
 道内には4か所に地熱発電所があり15か所で調査が進められています。

恵庭市で追突事故死「100キロくらいで走行した」

ニュース画像

動画を再生

 16日深夜、恵庭市で、軽乗用車が追突され男性が死亡した事故で、追突した車の男性は「100キロくらいのスピードで走行していた」と話していることが分かりました。

 16日午後11時半ごろ、恵庭市の国道453号で、乗用車が軽乗用車に追突しました。この事故で、軽乗用車は横転し、運転していた札幌市南区の理容師・小西誠さん(38)が死亡しました。乗用車を運転していた19歳の専門学校生の男性は軽いけがです。警察によりますと、乗用車の男性は「100キロくらいのスピードで走行していた。前の車が止まって見えた」などと話しているということです。警察は17日午後にも過失運転致死の疑いで逮捕する方針で、危険運転での立件も視野に調べています。

今年は豊作!札幌のデパートで「ホクレン大収穫祭」

ニュース画像

動画を再生

 海の幸から山の幸まで。17日、秋の味覚が楽しめるホクレン大収穫祭が札幌のデパートで始まり、朝から大勢の人で賑わっています。

 札幌三越で始まったイベントには、この秋道内各地で収穫された農産物や海の幸などおよそ1000点の旬な味覚が勢ぞろいしています。また、たまごのつかみどりやウィンナーのすくいどり、数量限定のお得な日替わりサービスも行われていて、人気を集めています。去年は台風が連続して上陸し、じゃがいもなどの農作物が大きな被害を受けましたが、今年は台風の影響が少なく豊作で、道産米・ななつぼしの味は、過去最高の出来だということです。ホクレン大収穫祭は23日の月曜日まで開かれています。

衆院選まであと5日 札幌で大学生に投票呼び掛け

ニュース画像

動画を再生

 投開票日まであと5日に迫った衆院選。若者の投票率を上げようと、札幌で17日、選挙管理委員会が大学生に投票に行くよう呼びかけました。

 選挙管理委員会は、藤女子大学で、投票日が書かれたティッシュを配りました。選挙権が「18歳以上」に引き下げられてから、衆院選は初めてですが、去年の参院選では道内の若者の投票率はおよそ43%で、全国平均の約46%を下まわっています。大学生は「行く予定です」「戦争をしないとか明るい未来がつくれる党がいいかなと思います」「テレビを見ていいなと思った人に投票したいです」と話していました。第48回衆議院議員選挙の投開票日は、22日の日曜日です。

恵庭市の国道 追突された軽乗用車の38歳男性死亡

 16日深夜、恵庭市の国道で、軽乗用車が乗用車に追突され、軽乗用車を運転していた38歳の男性が死亡しました。

 16日午後11時半ごろ、恵庭市の国道453号で、札幌方向に走っていた軽乗用車が乗用車に追突されました。この事故で、軽乗用車は横転し、運転していた札幌市南区の理容師・小西誠さん(38)が病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。乗用車を運転していた19歳の専門学校生の男性は軽いけがです。事故があった現場は、ゆるやかなカーブで上り坂になっていて、当時路面は乾燥していました。警察は乗用車が追突した原因を調べています。

衆院選 道内の期日前投票6万6000人増

ニュース画像

 22日に投開票が行われる衆議院議員選挙で、15日までに期日前投票を済ませた人が前回の同じ時期と比べ、約6万6000人増えていることがわかりました。

 衆議院議員選挙の期日前投票は公示翌日の11日から始まっています。
 15日までに投票を済ませた人は道内で約21万人に上り、前回の衆院選に比べて6万6000人ほど増えています。
 道選挙管理委員会は「制度が浸透してきたほか真冬の選挙だった前回に比べて天候が安定していることが増加の要因と考えられる」としています。
 期日前投票は市役所やショッピングセンターなどに設けられた道内313カ所の投票所で21日まで受け付けています。
 衆院選の投開票は22日です。

日ロで密輸取り締まり訓練 巡視船サハリンへ出発

ニュース画像

動画を再生

 密輸や密航船の取り締まりなどを日本とロシアが協力して行う合同訓練のため第一管区海上保安本部の巡視船がきょう、サハリンに向け小樽港を出港しました。

 訓練地のサハリンに向かったのは、函館海上保安部所属の、巡視船「つがる」の乗組員ら61人です。
 合同訓練は日本の海上保安庁とロシアの国境警備局がほぼ毎年、交互に訪問し協力関係を築くものです。
 今回の訓練では密輸や密航容疑船を捕捉したり火災にあった船の消火や人命救助などの訓練を行う予定です。

女子中学生をコンパニオンに 札幌の会社書類送検

ニュース画像

動画を再生

 年齢確認をしないで女子中学生8人をコンパニオンとして酒の席などに派遣していた疑いで札幌市内の会社が書類送検されました。

 児童福祉法違反の疑いで書類送検されたのは、札幌市中央区のコンパニオン派遣会社「ノースバンケット・プロデュース」です。
 この会社はことし1月から8月までの間に、女子中学生8人を、年齢確認せずに札幌市内のホテルで行われた宴席になどに派遣した疑いがもたれています。
 警察によりますと、この会社の社長は「年齢確認をするよう指導すべきだったがそれを怠った」と話しているということです。
 この事件をめぐっては、この会社の役員の齋藤美紀容疑者が逮捕されています。

殉職警察官と救助で命を落とした市民のために・・

ニュース画像

 殉職した警察職員と救助活動で命を落とした一般市民の合同慰霊式が札幌で行われました。

 慰霊式には遺族と道警幹部ら163名が参加しました。
 道警では1880年以降これまでに171人の警察職員が殉職し、溺れている人を助けようとするなどして亡くなった一般の人も32人に上ります。道警の北村博文本部長は「御霊の尊い行為を胸に刻み全職員一丸となって道民の期待と信頼に応えていく」と誓い、亡くなった方の冥福を祈りました。

時計台にもクラーク像!

ニュース画像

 札幌のシンボル時計台の館内に新たなクラーク博士像が登場し、観光客らが早速記念写真に収めています。

 時計台が誕生してちょうど139年となる16日、札幌市時計台でお披露目されたのは実物大のクラーク博士像です。見学客が隣に座って一緒に記念撮影が出来ます。
 札幌農学校に初代教頭として着任した50歳ころをモデルにしました。時計台の前身・旧札幌農学校演武場の創設を提案したのがクラーク博士であることから、これまで設置を求める声があがっていました。時計台は、16日は無料で開館され、多くの観光客でにぎわいそうです。

道内今シーズン1番の冷え込み

ニュース画像

 16日は道東を中心に今シーズン一番の冷え込みとなりました。釧路では平年より早く初霜や初氷も観測されました。

 葉に白い霜が降りた釧路市。平年より早い初霜や初氷の便りが届きました。上空に11月並みの寒気が流れ込み、晴れて放射冷却が強まった影響でけさは、道東を中心に冷え込み、道東の標茶町ではマイナス4・7度、釧路はマイナス0・3度まで気温が下がりました。全道173の観測地点中、55地点で最低気温が0度を下回る冬日となり、92地点で、今シーズン最も低い気温を更新しました。この寒さは今週中ごろまで続く予想ですが、週末には寒さが和らぐ見込みです。

認知症を地域で考えよう

ニュース画像

 札幌市南区で医療や介護の現場で働く人が集まり市民を対象にした認知症を考えるシンポジウムが開かれました。

 認知症患者は2025年に全国でおよそ700万人に増えると言われていて認知症への理解が課題です。シンポジウムでは「ゴミ出しの曜日を間違える」など認知症患者の悩みが紹介されました。ときわ病院宮澤仁朗院長は「自分が大丈夫と思っている方が一番危険。皆さんも気を付けないといけないと思ってなんでも調べたり考えたりしていただければ」と話しました。会場では認知症テストも行われました。指定された時刻を覚えておきいくつかの質問に答えた3分後に時計の針を書き込むもので、来場者は自分の力を試していました。

ニュース投稿
あなたのダンス イチオシ!モーニングで披露しませんか?HTBオンラインショップ北海道onデマンド