ハナタレナックス

TOP > これまでの放送 > 2015年10月放送一覧

これまでの放送2015年10月放送一覧

ハナタレ夜の福岡おもてなしツアー 第2夜

2015年10月29日(木)

今夏行われたチームナックス全国公演「悪童」
福岡公演の最終日に行われた「ハシゴ酒ツアー」企画の第2夜。

今回は番組初の九州上陸ということで、
福岡を知りつくした人気ローカル芸人・ゴリけんさんを助っ人に迎え、
地元の目で厳選された名店を巡る。

福岡県民御用達の人気スイーツや、
串打ちからお客さんに提供するまで、
なんと6日間も焼き作業を繰り返すというこだわりの焼き鳥など、
「自称グルメ」のナックスも唸る逸品が続々登場!

しかしもちろん、タダで食べられるほど甘くはない。
グルメを賭けた「福岡クイズ」が出題され、またまた混乱、仲間割れ...?
楽しい宴か、はたまたグルメ没収の憂き目か!?
酔いも回り、博多の夜はますますヒートアップする!

ハナタレ夜の福岡おもてなしツアー 第1夜

2015年10月22日(木)

今夏、2カ月に渡って行われたチームナックス全国公演「悪童」。
札幌でのロケ調整がなかなか難しいスケジュールの中、
番組はとっておきのプランをひっさげて福岡に上陸!

福岡公演最終日の夜に、
舞台終了直後の5人を半ば強引に夜の博多へと連れ出した。

番組としては初訪問となる九州の地、
スタッフだけでは心許ないということで
福岡を知りつくした地元人気芸人を案内役に迎え、
定番グルメから、知る人ぞ知る穴場の老舗屋台まで、
選りすぐりの逸品ばかりが揃う「ハズレなしのハシゴ酒ツアー」を企画した。

全国の美味を食べ歩いてきたナックス5人も納得の、
「福岡・博多グルメ」三昧をお楽しみに!

北海道の笑顔プロジェクト18順目 ~森崎・安田の旅

2015年10月15日(木)

チームナックスのメンバー5人が
笑顔を求めてカメラ片手に全道を巡る「北海道の笑顔プロジェクト」。
今回は森崎博之と安田顕の旅をお送りする。

まず道央・芦別市を旅する森崎は
地元に住みながら全道で活躍する木工芸術家と出会う。
精巧で木のぬくもりが伝わる作品が高い人気を得る一方、
ちょっと変わったある作品で世界一にも輝いた経歴を持つスゴ腕だった。
メンバーも驚く、その世界一に輝いた珍しい芸術作品とは!?

一方、道内有数の温泉地・洞爺湖町を旅する安田は、
昔からメンバーが公私ともにお世話になっている人物を訪ねる。
「町の重鎮」とも称されるその方の案内で、出向いた先は全て取材OKに!?
本来、予約なしでは体験できない貴重な「ピザ作り体験」にもちゃっかり挑戦
できることとなり...
10種類以上の地場産野菜を使い、
有珠山の溶岩プレートを組み込んだという特製ピザ釜で焼き上げるピザは
誰が作っても美味しく焼ける!とのことだが、
果たして、数々の伝説を作ってきたナックス一の不器用男・安田は
まともなピザを焼くことができるのか...?

笑顔プロジェクト18順目 音尾琢真&戸次重幸の旅

2015年10月08日(木)

チームナックスのメンバー5人が、
笑顔を求めてカメラ片手に全道を巡る「北海道の笑顔プロジェクト」。
今回は音尾と戸次の旅をお送りする。

近年「絵本の里」としても知られる道北の剣淵町を旅する音尾は、
町で多くの人が勧める『絵本の館』へ向かう。

「絵本の館」は町おこしの一環として建てられた施設で、
世界各国の絵本、約4万冊を収蔵している子供にも大人にも人気のスポット。

そこで、出会ったのは今、絵本業界で驚異の売り上げを誇るという一冊だった。

みんなが知らないパンダの秘密を描いたという独創的かつ衝撃的なその内容に
思わず音尾も心を鷲掴みにされる!?


一方、伊達市をゆく戸次は、今や市を代表する名物の一つとも言われる
「ハンサム焼き」なるちょっと変わった名前のグルメに出会う。
ユーモアあふれる名前の由来に ナックスのハンサム担当・戸次も納得!?

さらに きめ細やかな肉質と深いうま味が特徴の伊達特産「黄金(こがね)豚(とん)」を使った
ご当地グルメ「ホルモン牛乳ラーメン」も満喫する。

一念発起、脱サラをしてラーメンの道へと進んだご主人の
渾身の一杯に、戸次も思わずため息の感動!

「ハヤシさん卒業記念特別企画~ナックスに続け!次のスターは君だ~」第2夜

2015年10月01日(木)

HTBに実在する重役をモデルにした大泉演じる名物キャラ「ハヤシさん」が
プロデュースする「オーディション企画」の第2夜をお送りする。

番組スタート当初のプロデューサーで後に取締役にまでなった本物の重役「林さん」が
HTBを退職することとなり、卒業記念と銘打たれて行われた今回の企画。
これまでハヤシP(プロデューサー)、B(編成部長)、K(編成局長)、T(取締役)と
現実の「林さん」の昇進に合わせる形で都度、大泉によるモノマネとともに
再現コントが展開されてきたが、今回は「ハヤシR(リタイア)」と名乗り、
最後のプロデュース企画を立ち上げることとなった。

本物の「林さん」も特別審査員として参戦し、退職の際、実際にHTBの後輩制作マン達に託した
「ナックスに続く次のスターを見つけ育ててほしい」との思いを実現するため
ナックスが牛乳を口に含んで次の時代のスター候補生のネタや演技を審査するという
「公開オーディション」企画。

ここまで4組が登場し2組が予選を突破。
そして今回は、ナックス審査員も驚愕の「謎の大物新人」が登場する。
さらに決勝戦では、勝ち残った芸人たちの熾烈なバトルに拍車がかかり、
審査員は連続噴射の嵐に飲み込まれる...!?

大泉扮する「ハヤシさん」の最後の雄姿と「未来のスター」の活躍を最後まで見届けてほしい。