ハナタレナックス

TOP > これまでの放送 > 2019年11月放送一覧

これまでの放送2019年11月放送一覧

「コンテンポラリーダンス」最終夜 &「キングオブラーメン」①

2019年11月28日(木)

想像力や表現力が重要で 
近年 注目を集めているダンス「コンテンポラリーダンス」を
チームナックスの5人が踊り その一瞬をカメラで切り取って
2020年のチームナックスカレンダーを作ろうという企画の最終夜をお送りする

スポーツの秋10月は 森崎 安田 大泉の三人で
運動会の騎馬戦をテーマに踊ることに...
しかし 騎馬戦は一切行わず 運動会の旗を取り合うという不思議な踊りが始まった

七五三のシーズンでもある11月の踊りのテーマは
「親子が神社でお参りをする」というもの
これを森崎 戸次 音尾の三人がダンスで表現
踊ってポーズを取ることが大好きな戸次は 1人大はしゃぎ
森崎 音尾と絡むことなく1人で踊り続けていた

12月は5人全員でクリスマスを踊りで表現
最後の写真撮影という事で華麗な踊りでしめたかったが
一日中 踊り続け 疲れが隠せない5人のダンスは...
果たして...

後半戦は、大人気企画『ハナタレキングオブラーメン』が復活。
約1000軒がしのぎを削る、全国でも有数のラーメン激戦区札幌で、
自称食通のチームナックスが、
自らの舌を頼りにもっともおいしい究極の一杯を選び抜く!

今回の舞台は、南区・清田区・厚別区・手稲区の4つの区。
合わせて約160軒のラーメン店の中から、
本当においしい『究極の一杯』を選び抜くため、
有名グルメ雑誌の編集者や、人気ブロガー、4区以外のラーメン店店主などの
北海道のラーメンを知り尽くした有識者たちにアンケートを実施。
それぞれの区から『本当においしい』と評判のラーメンを1杯ずつ選出。
果たして、どんなラーメンが登場するのか!?

人気企画の復活に、冒頭から5人は大はしゃぎ。
訪ねるラーメン店の発表時に、森崎は思わず・・・!
更に、期待に胸を膨らませて訪れた1軒目で、
ナックスのメンバーをよく知る意外な人物にも遭遇する!

コンテンポラリーダンス④

2019年11月21日(木)

想像力や表現力が重要で 
近年 注目を集めているダンス「コンテンポラリーダンス」を
チームナックスの5人が踊り その一瞬をカメラで切り取って
2020年のチームナックスカレンダーを作ろうという企画の 
第四夜をお送りする

1月~12月まで担当するメンバーがくじを引き
自らが踊るテーマを決定

3月担当となった森崎と音尾が くじを引くと
またまた奇抜なお題が飛び出した
そして 気づけば 音尾は森崎の太ももの上にまたがり
メンバー大爆笑の踊りを披露

4月は安田 戸次 大泉の3人で入学式を表現
3人同時に数分間踊り
安田と大泉が そろそろ踊りを終えようと合図を出すも
戸次一人お構いなし。 いつまでも踊り続ける戸次に
大泉が土下座する展開となる

6月はジューンブライドをテーマに
安田と大泉が新郎新婦になりおバカでちょっとかっこいい
結婚式を表現

そして7月は戸次と音尾が担当
織姫と彦星が1年ぶりに出会うシーンを
戸次は布を使い綺麗な写真に仕上げた

どんなカレンダーになるのかは、予測不能!?
瞬間瞬間を切り取ったアーティスティックなカレンダー製作の裏側を見逃すな!

コンテンポラリーダンス③

2019年11月14日(木)

想像力や表現力が重要で 
近年 注目を集めているダンス「コンテンポラリーダンス」をチームナックスの5人が踊り
その一瞬をカメラで切り取って
2020年のチームナックスカレンダーを作ろうという企画の
第三夜をお送りする

1月~12月まで担当するメンバーがくじを引き
自らが踊るテーマを決定

2月担当となった戸次が くじを引くと
節分に関連した奇抜なお題が飛び出し 
メンバー大盛り上がり
安田は「カレンダー史上 最多売り上げになるのでは」と言うほど
戸次にピッタリなお題であった

そして戸次の踊りは節分がテーマなだけに
豆をうまく使った踊りで綺麗な写真の撮影に成功

5月担当の森崎は
こどもの日にちなみ こいのぼりに関する
コンテンポラリーダンスを披露 

8月は夏休みを一人で過ごす
寂しげな小学生のイメージで大泉が踊る

そして9月は
安田が担当し思わぬ大作が生まれることに...
コンテンポラリーダンスの先生も
「海外のコンクールに出しても良い」というほど
バカバカしくもストーリーがしっかりとした踊りで
メンバー全員から賞賛の拍手がおくられる事となる

「コンテンポラリーダンス」②

2019年11月07日(木)

想像力や表現力が重要で
近年 注目を集めているダンス
コンテンポラリーダンスにチームナックスが挑戦

コンテンポラリーダンサー鈴木明倫さん指導の下
まずは 片手にティッシュを乗せ
落とさないように手を動かすという練習に挑む

しかしティッシュを渡された5人は
練習前に盛り上がり始め 
気付けば下ネタトークが始まってしまう

さらに
即興で出されるお題を 踊りで表現するという
一歩進んだ練習に挑むも...
うまく踊ることが出来ず 安田と大泉は 顔を隠し赤面 
思わず座り込むほど恥ずかしくなってしまう

そんな基礎練習を終えたところで
さらなる企画
1月~12月のテーマをコンテンポラリーダンスで表現し
その一瞬をカメラで切り取り
2020年のチームナックスカレンダーを作ろうという企画がスタート

そして写真撮影が始まると
おかしな踊りの連続で 現場は大盛り上がりとなる