ハナタレナックス

TOP > これまでの放送 > 2017年1月放送一覧

これまでの放送2017年1月放送一覧

ハナタレキングオブラーメン 西区編 ①

2017年01月26日(木)

約1000軒がひしめくという全国でも有数のラーメン激戦区・札幌を舞台に
TEAM NACSの5人が最もおいしいと思う究極の1杯を選び抜く
好評シリーズ「ハナタレ KING OF RAMEN」西区編を送る。

今回は豊平区・北区・東区・白石区編に続く第5弾。
老舗から新店まで約60軒のラーメン店がしのぎを削り、
札幌の中でもハイレベルの激戦区とされる西区の中から
まずはグルメ情報誌の編集者やカリスマラーメンブロガー
さらには西区以外のラーメン店主に徹底リサーチを行い4軒の候補を厳選。

ナックスメンバーが1日で全店を回り、投票制でNo.1を決定するのだが、
〝企画史上もっとも採点が難しかった〟とメンバーに言わしめるほど、
いま話題の進化系人気店からオールドスタイルの古き良きラーメン店まで
いずれ劣らぬ強豪揃いの激戦となった。

翌日には足を運びたくなってしまうこと間違いなしのラーメン企画の決定版!
果たしてどの店の、どんな味のラーメンがエントリーされたのか!?

北海道 笑顔プロジェクト20順目 森崎博之&大泉洋の旅

2017年01月19日(木)

チームナックスがカメラ片手に全道を旅する、北海道の笑顔プロジェクト。
今回は大泉洋と森崎博之の旅をお送りする。

日高地方南部 えりも町を旅する大泉は
せっかくだからと、森進一さんの名曲としても名高い「襟裳岬」を訪れ、
これまたせっかくだからと、得意のモノマネ付きでフルコーラスを熱唱してしまう。
「果たしてテレビとして大丈夫か?」
不安にさいなまれたスタッフが、編集の際に下した決断とは...!?

さらに、その後戻った宿泊先の民宿では
「某人気旅番組」のパロディとしてお食事レポートにも挑戦。
ところが、お酒も入り気持ちよくなってしまったのか、
いつしか仲居さんも巻き込み、ただの「オッサン酔っ払いトーク」へと化してしまう。
メンバーも苦笑いするしかない気まま旅、
それでも随所に「さすがは大泉洋」と思わせる不思議な魅力を放つ
脱力系の爆笑トークが繰り広げられる...?

一方、全国で唯一日本海と太平洋に面した町、八雲町を旅する森崎は
前回の放送でお世話になったベテラン漁師さんから勧められたお店にお邪魔し、
海産物がたっぷり入ったご当地カレーのほか、ブランドポークや地元の素材を使った
定食など、人気の看板メニューを次々と堪能する。

さらに店主によれば、八雲町は北海道の土産品としてなじみ深い〝木彫りの熊〟発祥の地と
言われており、しかもこのお店には「某有名鑑定番組」で数百万の高額査定が出た、
お墨付きの珍しい木彫りの熊があるという。
果たしてそのお宝には、どんな秘話が隠されているのか!?

ハナタレナックス新春傑作選2017

2017年01月02日(月)

2017年2月12日(日)に全国特番第3弾の放送が決定したことを記念し、
2016年に放送された中から好評企画をセレクト。
特別プログラムとして2日間にわたりお正月のお茶の間にお届けする。
また、番組の冒頭と最後には、ハナタレ部屋と呼ばれるスタジオで
この放送のために撮り下ろした5人の爆笑トークも収録。
新年の初笑いはぜひ、ハナタレナックスで!

①札幌&十勝で看板探しの旅2016
2017年1月2日(月)午後4:25~

01.jpg

第1日にお送りするのは、2月に放送された番組にとって二度目の全国特番
「ハナタレナックスEX 北海道ドライブツアー 札幌&十勝でおもしろ看板探し」。

メンバーが住み慣れた札幌、そして雄大な景色が広がる食の宝庫・十勝を舞台に
「おもしろ看板探しの旅」へ出発。
大泉洋が本領発揮のワガママ放題で寄り道を繰り返す中、
安田顕の勘が冴え渡りミラクルを連発!
番組からのお題に翻弄されながら爆笑の迷走劇を繰り広げる。
ラーメン、スープカレー、ジンギスカンなど、地元民ならではの〝ツウな穴場〟や
知る人ぞ知る〝北海道グルメ〟も続々登場、
結成20年を超えた5人の、ちぐはぐなようで息の合ったゆる~い笑いが満載の95分!

②ちんちん電車でハナタレパーティー2016
2017年1月3日(火)午後4:10~

02.jpg

6月に放送され好評を博した「ちんちん電車でGO!わいわい楽しくハナタレパーティー」を再編集、全3回を1本にまとめてお送りする。

舞台となるのは2015年12月に「西4丁目」と「すすきの」をつなぐ新たな停留所として
「狸小路」が誕生し、ループ化された札幌市電。
その環状路線を利用したゲームにチームナックスの5人が挑む。
そのゲームとは、パーティーの主賓となる「おめでたい人」を市電沿線で自ら探し、
貸し切りの市電に一緒に同乗してパーティーに参加してもらうというもの。

「きょう誕生日の人」「何かで表彰されたことがある人」など、
いきなり突きつけられる無理難題、限られた時間の中で
ナックス5人が市電沿線を右往左往の大騒ぎ!
果たして条件に合った人物を見つけ盛大にパーティーを開くことはできるのか?

何気なく立ち寄ったケーキ屋さんで、「今日が誕生日」という店員さん本人に
遭遇するなど、番組ではミラクル男の異名を取る安田顕が、
ここでもまさかの奇跡を呼び込む!?
そして最後は車内が想定外の大パニック状態に...!?