ハナタレナックス

TOP > これまでの放送 > 2016年9月放送一覧

これまでの放送2016年9月放送一覧

北海道 笑顔プロジェクト20順目 大泉洋&音尾琢真の旅 

2016年09月29日(木)

チームナックスの5人がカメラ片手に全道を巡る
「北海道の笑顔プロジェクト」の新シリーズ20順目!
今回は 大泉と音尾の旅を送る

日高地方南部、太平洋に面した様似町へと向かった大泉は
情報収集のためまず町役場を訪れる
そこでいきなり気になったのは、前庭に建つ4体の銅像

実は様似町の発展に深く寄与した名誉町民を讃えたものだが
大泉にとっては恰好のネタに映ったたようで
ちょっと変わった銅像リポートが始まってしまう...

さらに町長とも会うことができ、オススメを伺ってみると
紹介されたのは様似の名物が味わえるという1軒のお食事処
そこで出会ったのは、海の幸が豪快に盛られた
港町ならではの絶品料理の数々であった

一方、空知地方の南部に位置する旧炭鉱町・三笠市へ向かった音尾は
撮影開始早々、「移動中にコーヒーを飲み過ぎてオシッコがしたい」と言い出す。
カメラが回っているにも関わらず、
スタッフを置き去りにしてトイレへ駆け込んでしまうのだが...。

このあと、撮影スタッフはそんな音尾の勝手気ままな行動に制裁を下すべく(?)
まさかの行動に出る!
テレビ番組ではまず見られない珍映像に、他のメンバーも戦々恐々!?

さらに、旧炭鉱町ならではの懐かしい名物グルメ「なんこ」も堪能する。

北海道の笑顔プロジェクト20順目 森崎博之と戸次重幸の旅

2016年09月22日(木)

チームナックスがカメラ片手に全道をアポなしで旅する、北海道の笑顔プロジェクト。
今回は森崎と戸次の旅をお送りする。

全国で唯一日本海と太平洋の2つの海に面する町・八雲町を訪れた森崎は、
名物の噴火湾産ホタテがちょうど旬を迎えていると聞き、
町民オススメのお寿司屋さんを訪問。
「親父の代からホタテ好き」と言うほど、ホタテに目がない森崎は
若き大将が握る大好物の味に、〝最上級〟のリアクションを見せる。

さらに地元民からソウルフードと言われるほどの人気を誇る鉄板焼きのお店にも
足を延ばすと、ほぼ満席で賑わう店内が、森崎の突然の訪問にさらに大興奮!
歓声と拍手が飛び交う大騒ぎの中、なんと、さらなるミラクルが...?
あるメンバーの知り合いと奇跡の遭遇を果たすのだが、果たして!?

一方、中空知の中心都市・滝川市を引き当てた戸次は、
ちょうどマチを挙げてのビッグイベント「たきかわ菜の花まつり」開催中ということで、
その面積は全国でも1、2を争うという菜の花畑から旅をスタート。
あたり一面、黄色いじゅうたんが果てしなく広がる壮観な景色に圧倒される。

さらに、メニューが「1杯400円の塩ラーメン」のみ!という、
興味深いラーメン店の情報を入手し、早速訪問。
沖縄県のとある島に惚れ込んだという個性派の店主が、その島特産の「塩」で作る
こだわりの一杯は、知る人ぞ知る穴場の絶品メニューだった!
そんな中、おしゃべり好きの個性派店主の歯に衣着せぬトークが炸裂!
ふと放った一言に、スタジオの大泉が思わず激怒!?

謎解きゲーム 最終夜

2016年09月15日(木)

アラフォー集団・チームナックスの発想とひらめきが問われる頭脳フル回転企画!
「隠された宝箱を探せ!ハナタレ謎解きゲーム」最終夜をお届けする

札幌 厚別区にある
北海道博物館の館内に隠された謎を解き
伝説の宝箱を探しだす事が出来ればゲームクリアとなる今回の企画

途中に仕掛けられたワナにはまり、
リーダーの森崎が捕らわれの身となってしまう中、
残された安田、戸次、大泉、音尾の4人が
二人一組の二チームに分かれ順調に難題をクリア。
それぞれの場所で手に入れた秘密のアイテムを持ち寄り、
ついに森崎の居場所を突き止める

そして舞台はいよいよ宝箱が置かれた最終ステージへ...

赤い絨毯が敷き詰められ、おごそかな雰囲気の漂う博物館の特別ホールで
最後の謎を解き切れば宝箱を開ける鍵を手に入れることができる。

しかし5人の前に立ちはだかるのは今回の中でも最大難度のナゾ。

周囲に目立ったヒントや手掛かりは無く、
目の前にあるのはただ長方形のマスと、その周りを囲むように文字が書かれた台座。
「何をどうすればよいのか...」問題そのものが解らない、というお手上げ状態の中、
5人はこれまで手に入れたアイテムに隠されている複雑に絡み合う謎を読み解き、
宝箱を開ける事が出来るのか?

謎解きゲーム 第3夜

2016年09月08日(木)

アラフォーとなったチームナックス5人の発想とひらめきが問われる頭脳フル回転企画!
「隠された宝箱を探せ!ハナタレ謎解きゲーム」第三夜をお届けする

札幌 厚別区にある
北海道博物館の館内いたるところに隠された謎を解き
伝説の宝箱を探しだす事が出来ればゲームクリアとなる今回の企画

用意された謎はひらがなやカタカナが不規則に並ぶ暗号や
絵画に隠された共通ワード、意味不明の漢字が書かれたあみだくじなど
いずれも難問ばかり。

ここまで集中力と勘の良さで順調に謎を解き進める5人だったが
途中に仕掛けられた罠にはまりリーダーの森崎が
薄暗い部屋に閉じ込められてしまう!

残された安田、戸次、大泉、音尾の4人は
二人一組の二チームに分かれ謎を解き進めることとなる。

図書室の謎に挑む 戸次と大泉は 一枚のフリップを手に入れ
2階フロアを行く安田と音尾は 特殊なライトを渡された

お互いのチームは
そのアイテムをどう使えばよいかも解らないまま
メインフロアで合流することに

そしてお互いのアイテムを見て初めて使い方が解り
合わせて使用した瞬間
館内中に響き渡る程の大声で驚く4人

大泉が「家に持って帰りたい」とまで言うほど興奮する
秘密のアイテムに4人のテンションは最高潮となる

謎解きゲーム 第二夜

2016年09月01日(木)

アラフォーとなったチームナックス5人の発想とひらめきが問われる頭脳フル回転企画!
「隠された宝箱を探せ!ハナタレ謎解きゲーム」第二夜をお届けする

札幌 厚別区にある
北海道博物館の館内いたるところに隠された謎を解き
伝説の宝箱を探しだす事が出来ればゲームクリアとなる今回の企画

用意された謎はひらがなやカタカナが不規則に並ぶ暗号や
絵画に隠された共通ワード、意味不明の漢字が書かれたあみだくじなど
いずれも難問ばかり。

ここまで集中力と勘の良さで順調に謎を解き進める5人だったが
途中に仕掛けられた罠にはまりリーダーの森崎博之が
薄暗い部屋に閉じ込められてしまう!

残された安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の4人は二人一組の二チームに分かれ
謎を解き進めることとなる。
戸次と大泉の前に現れたのはDVDディスクに隠された動く文字の謎。
「12の動物を消し 上から読め」という暗号が示す意味とは...?

一方の安田と音尾に与えられたのは
「十歳の少年の手提げ袋」を探せという指示。
北海道の歴史や文化、人々の生活などが様々な形で展示された博物館の館内に
そのヒントはあるのか?

徐々に難易度の上がっていく謎を前に
悪戦苦闘する4人は
伝説の宝箱に近づくことができるのか?
そして、スタッフの手により囚われの身となってしまった森崎の運命は?