ハナタレナックス

TOP > これまでの放送 > 2018年8月放送一覧

これまでの放送2018年8月放送一覧

「ハナタレ脳みそチェック」第3夜

2018年08月30日(木)

平均年齢45歳、脳の衰えを感じ始めているチームナックス。
そんな5人の脳みそがどんな状態なのかを調べる新企画
「ハナタレ脳みそチェック」の第3夜をお送りする。

ここまで「注意力」と「空間認知力」のチェックを終え
次なるチェックは5人が最も苦手としている「記憶力」

1つ目のチャレンジは顔と名前を一致して覚えられるかをチェックする問題。
人の名前が全然覚えられないという大泉だったが...

2つ目のチャレンジはイラストを覚えた後、
そのイラストについての問題に答えるというもの。
苦手な記憶力の問題に疲弊していく5人。
いつもはボヤキ連発のオッサンたちだが
あまりの疲れに口数が減っていく事態に!?

果たして5人は苦手な「記憶力」で好成績を残せるのか!?

さらに、最後のチェック項目「二重処理力」では、
童謡「むすんでひらいて」の歌詞の「て」の部分で歌わずに手を叩く、字抜き歌に挑戦!
そこで、ある男が異議を唱える!?

「ハナタレ脳みそチェック」第2夜

2018年08月23日(木)

平均年齢45歳、脳の衰えを感じ始めているチームナックス。
そんな5人の脳みそがどんな状態なのかを調べる新企画
「ハナタレ脳みそチェック」の第2夜をお送りする。

2つ目のチェック項目「空間認知力」では
目を閉じたまま直径150cmの円の中心で足踏みを行い、
円の中に留まっていられるのかをチェックする『その場で閉眼行進』に挑戦。
「これは出来るだろう」と思っていたメンバーだったが思いもよらない
衝撃の結果に!

そして「空間認知力」、最後のチャレンジは
アイマスクをした状態で障害物を避けていくという難関コースに挑戦。
苦戦を強いられる5人だったが、ある男が奇跡を起こす!?

果たして5人は「空間認知力」で好成績を残せるのか?

「ハナタレ脳みそチェック」第1夜

2018年08月16日(木)

平均年齢45歳、脳の衰えを感じ始めているチームナックス。
そんな5人の脳みそがどんな状態なのかを調べる新企画「ハナタレ脳みそチェック」がスタート。
番組オリジナルの脳みそチェックで5人の脳みそが丸裸に!?

最初のチェック項目「注意力」では
赤・青・黄色などの文字が何色で書かれているのかを瞬間的に答える問題や
画像の一部が変化し、その変化に気付けるのかという問題などが出題される。
「変化したら気付くだろ」と高を括る5人だったが...

2つ目のチェック項目「空間認知力」では
目を閉じたまま直径150cmの円の中心で足踏みを行い、
円の中に留まっていられるのかをチェックする「その場で閉眼行進」に挑戦。
すると、「閉眼」が苦手なあの男たちからブーイングの嵐が!
さらに、自信満々で挑んだ他のメンバーたちも、まさかの事態に大爆笑!

果たして5人の脳みそは衰えてしまっているのか?

ハナタレナックス「おもちゃの時間」最終決戦

2018年08月09日(木)

チームナックスが罰ゲームを賭け、子どものおもちゃで真剣勝負!「おもちゃの時間」最終決戦を送る。
全部で8つのおもちゃで対決し、獲得ポイントを競う。1位以外の4人は罰ゲームに強制参加!今夜、熾烈を極めた戦いに決着がつく!?

第6のおもちゃは「スピードカップス」。カードの絵と同じ色の順番で、5色のカップを並べるゲーム。素早い判断と動きが求められるのだが、複雑なお題に対し、オッサンたちは悪戦苦闘!?

第7のおもちゃ「エセ芸術家 ニューヨークへ行く」は、お絵描きと推理のゲーム。
お題に沿って全員で一筆ずつ絵を描くのだが、一人だけお題を知らないエセ芸術家が潜んでいる。そのお題知らずをトークとイラストで炙り出すゲームである。お題を知らないのは誰なのか...探りあうにつれて、疑心暗鬼に陥るメンバー。5人の駆け引き、騙しあいに目が離せない!?

第8のおもちゃは、「ひらがなポーカー」。トランプの数字をひらがなに置き換えたポーカーである。
ルールはいたってシンプル。配られた手札の文字を並び替えて、一番面白い言葉を作った人が勝ちとなる。作った言葉はもとより、巧みなプレゼン力が勝負の鍵。勝者のプレゼンは、爆笑必死!?

罰ゲームを逃れるため、オッサン5人が子どものように本気で遊ぶ!
「おもちゃの時間」が終わるとき、最後に笑うのは一体誰か?