ハナタレナックス

TOP > これまでの放送 > 2017年5月放送一覧

これまでの放送2017年5月放送一覧

ハナタレ大運動会

2017年05月25日(木)

5月末から6月にかけて北海道は運動会シーズン!
ということで、今回は新企画「母校対決!ハナタレ大運動会」をお送りする

ナックス5人が卒業した高校別に分かれ、
OBや現役生とタッグを組んでのチーム戦

森崎と音尾は 同じ旭川西高校、
安田は室蘭栄高校、 
戸次は札幌手稲高校、
そして大泉が札幌藻岩高校

4つのチームでメンバーそれぞれが代表となり
母校の名誉とプライドを賭けた"熱戦"を繰り広げる!

...と思いきや、彼らが今回挑むのはちょっと変わった、その名も「ゆるスポーツ」。
まだ馴染みは薄いものの、世界ゆるスポーツ協会というれっきとした組織も存在し
「老若男女問わず楽しめる」をテーマに近年注目を集める新時代のスポーツである。

第一競技は その中でも特に人気が高いという「ベビーバスケ」

ルールと概要はほぼバスケットボールと同じだが、
激しく動かしたり叩いたりすると赤ちゃんのように大声で泣いてしまう!という
特殊なボールを使って行われる、運動神経よりも優しくボールを扱う母性と丁寧さが
問われる競技である
叩くことも勢いよく投げることもできず、もちろんドリブルなんてもってのほか。
ボールを泣かせないよう、そっとパスしてそっとキャッチ...

このかなり変わった競技に、
先日、音尾にも第一子が誕生し 
ついに全員がパパとなったチームナックスも想像以上の悪戦苦闘...
熱く、しかしゆるく、波乱と爆笑のゲームが展開される

「ちょいのりin旭川」第3夜(最終夜)

2017年05月18日(木)

チームナックスの5人が1台の車に乗り込み、
行きたいところへ行き、好きなことをする自由気ままなドライブ企画
「ちょいのり」の第3夜(最終夜)をお送りする。

旅の舞台となっている旭川は、
東川町出身の森崎と旭川市出身の音尾にとって、
青春時代を過ごした故郷であり、さらに、ナックス結成間もない大学時代には
プライベートで5人仲良くドライブしたこともあるという思い出の街。

食道楽の5人は、これまで老舗ラーメン店が出す新感覚の「そばラーメン」や
昭和の香り残る穴場の商店街で、連日売り切れ必至という貴重な「いちご大福」など
地元ならではの味を思う存分堪能してきた。

そして今回登場する次のお目当ても、やはりご当地グルメ。
5人が暖簾をくぐった先は、小路に佇む風情ある焼き鳥店。
ここで頂けるのは、旭川市民にとってソウルフードとも言われる「新(しん)子(こ)焼き」。
豪快かつシンプルな味付けで、酒好きの5人にとってはたまらない、
旭川名物の正体とは果たして...?

さらに、旅の最後にと立ち寄ったのは、20年ぶりに5人で訪れるという思い出の場所。
そこは何を隠そう、音尾の実家であった。
大学時代、お父さんが趣味で作っているお手製の梅酒を片手に、
彼らは朝まで飲み、語り明かしたという。
今回もまた、締めくくりに相応しく、梅酒を頂きながらあの頃の思い出話に花が咲く!?

ちょいのりin旭川

2017年05月11日(木)

チームナックスの5人が1台の車に乗り込み、
行きたいところへ行き、好きなことをする自由気ままなドライブ企画
「ちょいのり」の第2夜をお送りする。

今回の舞台となっているのは、札幌に次ぐ人口を誇る北海道第2の都市・旭川。
東川町出身の森崎博之と旭川市出身の音尾琢真にとっては、
青春時代を過ごした懐かしの地であり、さらに、ナックス結成間もない大学時代には
プライベートで5人仲良くドライブしたことがあるという思い出の地でもある。

前回の放送で、旭川発祥の有名店「らーめん山頭火」の創業者が新たに始めたというお店で
新感覚「そばラーメン」を堪能、
続いて向かったのは創業60年という老舗のお餅屋さん。
人気商品は、多い日で1日300個売れるという
期間限定の「いちご大福」。
ところが、5人が訪れた時には既に品切れ。
それでも諦めきれない5人を待ち受けていた、心温まる意外な展開とは?

さらに、旭川市民に80年以上親しまれている老舗デパートの女将に
たまたま遭遇。
森崎と音尾が幼少期に何度も訪れていた馴染みのデパートを緊急訪問してみると...
なんと、そこには森崎の子供の頃をよく知る人物が!!
4人も初耳??森崎の知られざる少年時代が明かされる!?

歴史深い街・旭川のドライブ旅はますますディープ度を増していく!

ちょいのりin旭川

2017年05月04日(木)

チームナックスの5人が1台の車に乗り込み、自由気ままなドライブへ。
5人が行きたいところへ行き、やりたい放題好きなことをする!という野放し企画
「ちょいのり」の新シリーズがスタートする。

今回の舞台は、札幌に次ぐ人口を誇る北海道第2の都市・旭川。
東川町出身の森崎と旭川市出身の音尾にとっては、
高校時代も含め思春期を過ごした懐かしの故郷であり、
さらに、ナックス結成間もない大学時代にはプライベートで
5人仲良くドライブしたこともあるという思い出の地でもある。
あれから20年が経ち、平均年齢40歳を超えた彼らは
心も体も大人になったはず...なのだが。
開始早々、大学時代のあの頃と変わらず、中学生並みの下ネタを連発!?

食道楽の5人が最初に向かったのは、
旭川発祥の有名ラーメン店創業者が新たに始めたというお店。
そこで出会ったのは店主のこだわりが光る一風変わった「そばラーメン」!
進化する旭川ラーメンの一端を垣間見ることとなる。

さらに、1日300個売れるという隠れた人気スイーツを求め、
昭和の香りが残る古い商店街を訪れた5人。
ところが、残念ながら一足遅くこの日は既に品切れ。
諦めの悪い彼らが出た行動とは!?

言わずと知れたご当地グルメに個性溢れる人との出会い、
そして、あのメンバーの実家を突撃訪問!?
新たな魅力に加え、懐かしい思い出もたっぷり詰まった街・旭川で、
彼らはどんな自由旅を繰り広げるのか!?