now onair

13:50

遺留捜査 2時間スペシャル #1【再】

NEXT

ハナタレナックス

TOP > これまでの放送 > 2021年4月放送一覧

これまでの放送2021年4月放送一覧

カントリーサインでクイズ大会①

2021年04月29日(木)

「北海道の笑顔プロジェクト」で、全179市町村を回り、笑顔の写真を集めたチームナックス。その写真は巨大なフォトモザイクとなり、現在HTB1階エントランスに展示中だ。

「北海道の笑顔プロジェクト」完結を記念し、北海道生まれの道路標識"カントリーサイン"を使ったクイズ大会を開催!チームナックス結成25周年にかけて、賞金250万円を用意。今回は北海道の全市町村を巡った5人が挑戦するクイズ企画を送る。

「出身地」のカントリーサインを当てる、間違えると恥ずかしい問題から、市町村名がしりとり順に並んだ、一筋縄ではいかない問題まで...バラエティーに富んだクイズが5人を苦しめる。訪れたはずなのに答えられないもどかしさで、イライラが爆発!?

かすかな記憶を辿り、賞金を手に入れられるのか?
テレビの前の皆さんもクイズに参加しながらご覧ください。

マジシャンへの道③ 5

2021年04月22日(木)

かつて2度にわたって行われた人気企画「マジシャンへの道」が10年ぶりに復活!
チームナックスがプロマジシャンに弟子入りし
2時間という制限時間の中でマジックを特訓、その後、成果を披露するもの。

安田の師匠は遠藤緑さん。
遠藤さんは人形劇や南京玉すだれなど大道芸歴、40年以上の大ベテランだが
ピエロの姿になっていることもあってか独特の世界観が漂う。

安田は遠藤さん同様、ピエロ姿に変身。
さらに本来は1人でショーをするのが暗黙のルールであったが
安田は遠藤さんにも出演を依頼。
本番のマジックショーでは安田と遠藤さんが夢の共演を果たす。
不思議な化学反応にメンバーの笑いが止まらない。

そしてトリを飾るのは音尾。
音尾の師匠、沢しんやさんはマジック歴50年、札幌マジック界の重鎮だ。
今回、音尾はハナタレでは初となる大掛かりな仕掛けを使ったイリュージョンマジックに挑戦する。
アシスタントはHTB・福永裕梨アナウンサー。
音尾が箱に入った福永アナを刺しまくる!!
福永アナはケガをすることなく生還することができるのか!?

マジシャンへの道③ 4

2021年04月15日(木)

かつて2度にわたって行われた人気企画「マジシャンへの道」が10年ぶりに復活!
チームナックスがプロマジシャンに弟子入りし
2時間という制限時間の中でマジックを特訓、その後、成果を披露するもの。

大泉はマジックショー開始直後に大失態!
ショーは一時中断してしまう。
その後、なんとか調子を取り戻し、順調にマジックを披露していく。
が...再びトラブルが発生!
師匠に謝罪するほどのミスを犯してしまう。

続いては怪人マスクドエックスの弟子になった森崎。
恐ろしい(?)怪人マジックを次々と繰り出していく。

マジシャンへの道③ 3

2021年04月08日(木)

かつて2度にわたって行われた人気企画「マジシャンへの道」が10年ぶりに復活!
チームナックスがプロマジシャンに弟子入りし
2時間という制限時間の中でマジックを特訓、その後、成果を披露するもの。

メンバーは特訓の前に師匠となる凄腕マジシャンのマジックショーを鑑賞する。
最後の師匠は大ベテランのアマチュアマジシャン。
独特の世界観が漂うマジックショーにチームナックスはくぎ付けだ。

その後、メンバーは誰の弟子になるかくじ引きを行い、それぞれのペアがマジックの練習に入った。
2時間後、いよいよチームナックスによるマジックショーがスタート。

トップバッターは戸次!
緑の妖精へと変身した戸次がプロ顔負けのテクニックで圧巻のショーを行う。
メンバーはあまりのクオリティの高さに度肝を抜かれたのであった。

マジシャンへの道③ 2

2021年04月01日(木)

かつて2度にわたって行われた人気企画「マジシャンへの道」が10年ぶりに復活!
チームナックスがプロマジシャンに弟子入りし
2時間という制限時間の中でマジックを特訓、その後、成果を披露するもの。

メンバーは特訓の前に師匠となる凄腕マジシャンのマジックショーを鑑賞する。

「緑の妖精やまちゃん」は
奇妙な見た目だがマジック歴20年以上の実力派。
Siriを使ったイマドキのマジックにメンバーは驚きを隠せない。

「たっち」は
癒し系のキャラで子どもから大人まで楽しめるマジックに定評がある。
ウクレレやアコーディオンなどを使った音楽ネタを得意とするマジシャンだ。

「怪人マスクドエックス」は
個性的な見た目で怪しさも漂うが
本場アメリカ・ハリウッドのマジック専門劇場でも活躍したテクニシャン。
だが、たどたどしいトークの影響もあってか
マジックの凄さよりも面白いキャラに注目が集まってしまう...。