おにぎりあたためますか

らぢおHTB

10月~パーソナリティー

リスナーのみなさんに【100の質問】!
その回答を紹介しながら進めていく、【リスナー参加型番組】です。
100の質問の中から、
あなたの中でビビっときたものを選んで答えてください。
メッセージをいただいた方の中から抽選で、
毎週HTBグッズをプレゼント!
番組の主役は、あなたです!!

毎週土曜
よる8時30分~8時55分
AIR-G'で放送中!

  • Check

放送後記

らぢおHTB・めぐみの館。
このページをクリックしてくれたアナタ!ありがとうございます!!

めぐみの"館"、ということで、
第2回は、道内にあるおよそ450の
"館"(=美術館、博物館、文学館など)の中から、
私が気になっている"館"の館長さんにお越し頂きました。

「市立小樽文学館」館長・玉川薫(たまがわ・かおる)さん(62)です。 

01.jpg 

小樽文学館には、小林多喜二や、伊藤整など、
主に小樽文学に関する資料などが収蔵・展示されています。 
実際に使っていた文房具なども見られ、ひとつひとつの解説文も面白く、
文学というものが身近に感じられる場所です。 

その文学館で館長を務める玉川さんは、福井県出身。
ポストカードなどで見た北海道の風景に憧れを抱き、北海道大学文学部へ。
大学を卒業後、東京での生活を経て、
30年以上、小樽文学館で学芸員・館長として働いています。 

物腰が柔らかく、穏やかな表情でお話をする、玉川さん。
小樽や文学の話になると、言葉が泉のように次から次へと湧き出ます。 
玉川さんが長年かけて目指してきた小樽文学館のあり方は、
「喫茶店での会話」なんですって!

えっ、文学館と・・・喫茶店・・・? 

どう結びつくの? とお思いの方もいると思います。 
わたしもそう感じました。理由を聞くまでは。

02.jpg

喫茶店での会話というものは、
さりげなくて、面白くて、"今まさに、そこにあるもの"。
小樽文学館は、とりわけ小樽に住む人にとって、喫茶店での光景のように、
そこにあってあたりまえのもの、という存在を目指してきた。
だから、街に溶け込むような普通の建物なんだ。

玉川さん、このようなお話をしてくれました。 

ふむふむ!なるほど!
だからでしょうか、普段、美術館や文学館に行く時、
隅々までじっくり見よう、と意気込んで背筋がシャンとするんですが、
小樽文学館は、不思議とふらっと立ち寄れて、
心の中で、素直な言葉で"作品と対話ができる"気がするんです。

ぜひ、みなさんにも、その感覚を味わっていただきたいと思います。 

小樽文学館では、現在、
北海道のミュージアムスタンプやパンフレットなどおよそ700点を集めた
「ドクター・コンのミュージアムスタンプ展」が開催されています。 
5月15日までです。 

週末や、ゴールデンウィークなどに、
小樽の街を巡りながら文学館に立ち寄ってみる、というのはいかがですか ^^


小樽文学館のHPはこちら!

http://otarubungakusha.com/yakata



03.jpg 


さぁ、次回はどんな方が、お客さまが、
めぐみの館をたずねてくれるのでしょうか。
どうぞお楽しみに!

みなさんも、

「私の周りにこんな面白い人がいるんです」
「あのミュージシャンやアーティストに、こんな話を聞いてほしい!」

などなど、メッセージをお寄せくださいね^^ 
首を長~~~~~~くして、お待ちしております。





【今回お送りした曲】

♪ 勝手にシンドバッド / サザンオールスターズ    
※玉川さんが小樽文学館で働くことになった時に
よく聴いていた今でも心の中できらめく一曲
♪ 愛の讃歌 / エディットピアフ 
※ 去年生誕100年・フランスのシャンソン歌手。選曲:大野恵 

アーカイブ

2016年04月02日  |  2016年04月16日
onちゃんLINEスタンプ第2弾好評発売中!おにぎりあたためますかHTB×Shufoo!