北海道テレビ:HTB online!
平岸我楽多団

らぢおHTB

10月~パーソナリティー

リスナーのみなさんに【100の質問】!
その回答を紹介しながら進めていく、【リスナー参加型番組】です。
100の質問の中から、
あなたの中でビビっときたものを選んで答えてください。
メッセージをいただいた方の中から抽選で、
毎週HTBグッズをプレゼント!
番組の主役は、あなたです!!

毎週土曜
よる8時30分~8時55分
AIR-G'で放送中!

  • Check

放送後記

09月10日放送分 大野恵

こんにちは! 大野恵です。

以前、この番組で自分が落語好きと声高らかにお話しましたが、
同じ古典芸能の「歌舞伎」も大好きなんです。(^ ^)

観る演目ごとに、全く"表情"が違ってみえるのが面白い!

浮世絵のように見える場面もあれば、
時代劇が繰り広げられることもあり、
また、激しく踊るシーンもあったり。

01.jpg
8月、歌舞伎座へ


この8月の納涼歌舞伎に携わっていた、
狂言作者・竹柴潤一(たけしば・じゅんいち)さんが、
第24回 らぢおHTB・めぐみの館のお客さま。

東京・歌舞伎座での公演のほか、全国各地での巡業に参加しています。

数年前、札幌での公演に参加されていた時にお会いする機会があり、
以来、あれやこれや、歌舞伎の世界について教えてもらっているんです。

今回は、電話でお話をうかがいました。

02.jpg
狂言作者・竹柴潤一さん


「狂言作者」とは、歌舞伎の開演前や幕間、そして役者の動きに合わせて、
"柝(き)" と呼ばれる道具を使って音を鳴らす仕事。

チョン、チョン、チョンと響く美しい音です。
大切なのは、タイミングや間、リズム、呼吸。

日本に、つまり世界に、10人ほどしかいません。


03.jpg
「柝(き)」・カシの木でつくられているんですって


普段から、話し方が"歌舞伎調"のトーン。

今回もいつも通りノンストップで、マシンガンのごとく?!
歌舞伎の魅力を語ってくれましたが、
終わった後も、「あれ?もう終わり??まだまだ話し足りない!」
とおっしゃっていました。

続きは、また改めて聞かせてくださいね。笑





故・中村勘三郎さんが、歌舞伎座が新しくなった時に、
たくさん芝居をして "舞台を汚していこう" とよく話していたそうです。

お話をうかがって、ますます歌舞伎の面白さを感じたところで、
わたしも観客としてたくさん舞台を観て、
歌舞伎座の客席を"汚して"いけたらな、と思います!





【今回お送りした曲】

♪ 「FLASH」 / Perfume

♪ 「花」 / 中孝介

アーカイブ

2016年09月03日  |  2016年09月17日
巷のonちゃん老いるショックおにぎりあたためますか